トップ > KUMON now! > トピックス > グローバルな社会で活躍できる人材育成を目指して

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/03/03更新

Vol.077 公文国際学園-模擬国連  

グローバル社会活躍できる
人材育成を目指して
中高生による模擬国連開催

2015年2月11、14日 公文国際学園(以下、「学園」)にて、中学生・高校生による模擬国連“Model United Nations of Kumon(MUNK)”が開催されました。中学1年生から高校2年生までの約200名(2日間合計)が参加した当日の様子を中心に、スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校としての学園の取り組みの一部をご紹介します。

世界各国の“大使”となって国際問題を考え



限られた時間のなか、皆で協力し合って決議案を作成します。

模擬国連とは、参加者一人ひとりが世界各国の“大使”の立場となり、国連会議と同じ形式で国際問題を議論するもの。一国の代表として意見を述べ、他国の代表と交渉しながら、問題解決のための解決策を模索していきます。国際問題への理解を深め、国際政治の仕組みを学ぶのが目的です。

今年のテーマは「Drug(違法薬物)」。模擬国連当日、積極的に発言をしたり、国同士での交渉をするためには、Drugそのものの知識や各国の実情など、事前の下調べが重要になってきます。参加者は夏休み前から、割り当てられた国の法令や規制や事件などの現状などを研究し、草案を作成します。草案作成は、参加する中学生・高校生全員がかかわります。当日はもちろんですが、この準備も、参加者の大きな学びとなっています。

模擬国連の企画・準備や当日の運営や進行までを担う、ホスト役としての実行委員の仕事も重要です。これは学園の24名の生徒が勤めます。自校他校、学年を問わず、参加した誰もがすぐに議論になじめるように資料作成や説明会などに様々な工夫を凝らしています。今年の実行委員長を務めた工藤礼佳さん(高2)は「昨年委員長をしていた先輩の姿を見て、ぜひやってみたいと思いました。準備はとても大変だったけれど、いろいろな学年の人や他の学校の人と議論ができて、とても楽しい」と話してくれました。


質疑応答や修正案の発表などを行った後、最終的に多数決で決議案が採択されます。

良き話し手であるとともに良き聞き手であれ!


模擬国連の雰囲気を出すために装飾にも工夫を凝らしています。

議論中も“Note passing”という個別交渉(手紙のやりとり)が頻繁になされます。

全体の議論を始める前に、まず意見の近い大使同士が集まっていくつかのグループを作り、グループごとに決議案を作成します。各グループから発表された決議案に対して、質疑応答や修正案の発表などを行った後、最終的に多数決で決議案が採択されます。自国の権利や利益を守りつつ、意見や主張の異なる国との調整を図りながら、国際社会全体にとって有益な決議を皆で導き出していく過程は、本物の国連会議を彷彿とさせます。

「良き話し手であるとともに良き聞き手であれ!」。会議冒頭で学園の梶原晃校長が生徒たちに伝えた言葉です。生徒たちは自国の主張だけではなく、他国の考えを理解し、交渉を通じて、より広い視野で物事を考え、調整していくことが求められます。

参加した生徒は口々にこう話しています。「3年続けて参加しているが、毎回手ごたえを感じてとても楽しい」(中3)、「なかなか馴染みのない国で、調べるのが大変だったけれど、楽しかった」(中2)、「調べたり、皆で決議案をまとめていったりするなかで、いろんなことが学べて良かった。皆の前で話せて嬉しかった」(中1)。また、今回初めて参加した生徒は「先輩たちが本当にすごい。自分も先輩たちのようになりたい。来年もぜひ参加したい」と来年への意気込みを語ってくれました。

グローバルな社会で活躍できる人材育成を目指して

公文国際学園は2002年度より、オランダ・ハーグやハーバード大学などの海外の模擬国連に多くの生徒を送り出しています。学園内での模擬国連(略称:MUNK)がスタートしたのは、オランダ・ハーグで開催される世界最大規模の模擬国連に参加した生徒の、自らの体験をもっと多くの生徒に体感してほしいという想いからでした。内容や規模などを年々進化させながら、今年で10回目を迎えています。

使用言語がすべて英語で行われるMUNK Internationalも3回目の実施となりました。学園はこうした活動が評価され、2014年、文部科学省によるスーパーグローバルハイスクール(SGH)(※)に指定されました。SGH指定後、初めて迎えた今回の模擬国連では、他校へも積極的に呼び込みをはかり、同じくSGHの指定校などの17校から中高生約40名が参加し、いつも以上に盛況な学びと実践の場となりました。先生方も生徒たちもお互いに様々な刺激を受け合ったようです。

※スーパーグローバルハイスクール(SGH) 
社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身につけ、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する目的で、文部科学省が56校を指定。(平成26年度より5年間) 公文国際学園では、生徒全員を対象とした総合学習と希望者を対象とした模擬国連活動を軸に、グローバル教育の更なる充実を図っています。

朝日みらい教育賞グローバル賞を受賞

公文国際学園は10年にわたる模擬国連活動が評価され、朝日みらい教育賞(朝日新聞社主催、朝日学生新聞社後援)を受賞しました。生徒が主体的に取り組んでいるという点、グローバル人材育成につながっている点が、未来志向の先進的な活動として評価されました。2月7日には表彰式が行われ、梶原晃校長が活動の意義や広がりについて、話しました。

関連リンク
公文国際学園公式サイト
公文国際学園 |KUMON now! トピックス<公文国際学園>中高生による「模擬国連」|プレスリリーススーパーグローバルハイスクール

関連記事

KUMONグループの活動  2015/09/08更新

Vol.102 スイス公文学園高等部

「地球人」を育てる、創立25周年を迎えたスイス公文学園高等部(KLAS) スイスの山の上から世界へ飛び立つ!

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/12/10更新

Vol.334 公文書写-「令和」を綺麗に書く

新元号「令和」を 綺麗に書くポイントを学び、 手書き文字の魅力を体感しよう ~公文エルアイエル~

2019/12/03更新

Vol.333 教室で学ぶフランス語・ドイツ語

フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる

KUMONグループの活動  2019/11/26更新

Vol.332 子どもたちが「できた」を体感

「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします

KUMONグループの活動  2019/11/22更新

Vol.331 単位制高校(通信制)ミニフォーラム

学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~

学習者・OBOG  2019/11/19更新

Vol.330 English Immersion Day

学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.065 後編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.065 前編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!