KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019  

国連大使になって英語で議論!
生徒主体で作り上げる模擬国連は
グローバルな成長の場

公文国際学園中等部・高等部では、2019年2月11日、14回目となる模擬国連・日本語版を開催しました。3月17日には、すべてのプログラムを英語で行う“Model United Nations of Kumon International”(模擬国連・英語版)を開催。他校からの参加者も含め中1~高3まで、日本語版では約200名、英語版では約120名が、「テロ問題」をテーマに活発な議論を行いました。今回は模擬国連・英語版の様子をお伝えします。

テーマは「テロ問題」
英語で交わす熱い議論

これまで、核兵器、LGBT、違法薬物、難民問題などの国際問題を取り扱ってきた公文国際学園の模擬国連。今回のテーマは、「The Issue of Terrorism ~テロ問題~」です。世界中で解決していかなければならないこの問題の議論がより深まるように、今回は「若者への影響」、「貧困との関わり」、「医療問題」の3つのサブテーマも設けました。

各生徒は、世界各国の大使の立場に立って、模擬国連に参加します。他国との積極的な話し合いや交渉のためには、テーマについて入念な事前準備が重要で、自分の担当する国の現状や立場を研究する中で、生徒たちはテーマへの理解を深め、担当国のスタンスを確認し、決議案の草案を提出します。模擬国連・英語版では、この決議案の草案はすべて英語で作成します。また、新しい取り組みとして、その他の事前説明会や下級生へのサポートなども英語で行うようにしました。

開会式後、各国の立場表明に続いて行われたロビー活動では、意見の近い大使が集まっていくつかのグループを作り、グループごとに決議案を作成します。各国の大使は、国益を考えながら、自国の主張をするだけでなく、他国の意見にも耳を傾け、英語で交渉にあたります。国際社会全体にとって有益な決議案を作成していく過程は、本物の国連会議さながらです。

午後からは、提出された3つの決議案を採決するセッションが行われます。1つの決議案につき90分間、提出した立場からの意見表明、質疑応答などのディベート、修正案提出、採決を行います。今回の模擬国連・英語版では、多数決によってすべての決議案が採決されました。

世界各国の大使となり
国際問題を考えることで得たもの


ロビー活動中の甲斐実梨さん

積極的に英語でロビー活動し、ディベートに参加されていた、アメリカ大使担当の甲斐実梨さん(新高3)、渡部葵さん(新高3)にお話をうかがいました。お二人とも毎年、模擬国連・英語版に参加し、今回で5回目。渡部さんは、午後の1つのセッションの議長も務めました。

― アメリカ大使を担当して、いかがでしたか?

甲斐: これまでは、あまり注目されないアフリカの小国を担当しましたが、事前準備でいろいろ調べてもその国の情報自体が少なく、とても困りました。今回アメリカ担当でしたので情報が少ないということはなかったのですが、逆に情報が多すぎて迷いました。

渡部: アメリカの情報は多岐にわたっているのと、情報量が多いゆえにそれぞれの情報に矛盾がある場合もあって、どの情報を使えばいいのか、その取捨選択に悩みました。

― 模擬国連・英語版に参加して、学んだこと、得たものは何ですか?


セッションの議長をする渡部葵さん

甲斐: 模擬国連への参加が、さまざまな国際問題を深く考える機会となりました。もし模擬国連がなかったら、これまでテーマとなった国際問題について考えもしなかったと思います。また、議論の場で通用するように、英語のレベルや語彙力をもっと上げようと思うようになりました。

渡部: 英語版に初参加となる中1生への説明会の手伝いをしました。英語で議論したり、意思表明する練習をしてもらいましたが、新しい参加者はまず模擬国連でのルールや使用する英語の感覚をつかまないといけないので、この練習は大切です。一生懸命な中1生たちを見て、まるで昔の自分を見ているようでした。自分自身が成長したと感じます。模擬国連には縦のつながりがあり、国際問題に興味があるという人たちと真剣にいろいろ話ができるので、とても楽しく、先輩・後輩同士仲良くなれました。

模擬国連に参加して生徒たちの感じる成長とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2017/04/11更新

Vol.203 公文国際学園-英語で行われる模擬国連

中高生が世界各国の国連大使に!? -スーパーグローバルハイスクールとしての取り組み-

KUMONグループの活動  2015/11/10更新

Vol.112 公文国際学園-日本文化体験

イマドキの修学旅行 マグロを探求する日本文化体験

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!