KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/03/18更新

Vol.028 公文国際学園  

自立自律を果たした18歳
になるために

公文教育研究会の創始者公文公(くもんとおる)の夢を実現した公文国際学園(以下「学園」)。学園でどのような活動が行われ、公文式の学習でどのような効果が出ているのかご紹介します。

なぜKUMONが学校を?

公文公の銅像写真
登校中の生徒たちを見守る公文公の像

1962年、公文教育研究会創立から4年、創始者公文公は将来の展望を「当会今後の事業一覧」という形で発表しました。10項目からなる一覧の4つ目に位置する「私立学校設立(まず私立中学校設立)」。当時の公文は全国の教室数150、生徒数3,000人という小さな組織でした。それから約30年余の1993年4月、学校設立の夢は、公文国際学園中等部の開校という形で現実のものとなりました。その後、高等部を1996年に開校し、中高一貫の共学校となり、現在に至っています。

学校法人公文学園は、公文国際学園の他にも、のびてゆく幼稚園(大阪府高槻市)やスイス公文学園(スイス・レザン)を擁していますが、公文公はなぜ学校を創りたかったのでしょう。1993年に公文式教室の指導者向けに書かれた文章の中にその考えの一端が見られます。

「この学園は、一人ひとりの生徒に『ちょうど』の学習を与えていくことで、高い学力をつけ、人格を向上させて、自分自身で自分の課題を見つけ、それを解決していけるような力をつけていく場であります」。

公文公は、学年という枠にとらわれない「個人別」の教育を実現する場として、学校を設立しようと考えたのです。

自分で考え、判断し、行動してほしい

梶原校長 写真
「失敗してもそこから伸びていける、そういう大人になってほしい」と語る梶原校長

創立から22年。公文国際学園の目指す生徒像について、校長の梶原晃先生に聞いてみました。

「本校には制服も校則もありません。ルールから逸脱した生徒を指導するのではなく、生徒自身に『自分で考え、自分で判断し、自分で行動する』という姿勢を身につけてほしいからです。ルールを作ってしまうと、生徒はできるだけそれを守ろうとするので、失敗することはほとんどありません。生徒には失敗してもそこから伸びていける、そういう大人になってほしいと思っています。

また、『自立と自律を果たした18歳の大人に』を目標に、本校では体験を重視したさまざまな教科外活動を行っています。例えば、高校1年生たちはプロジェクトスタディーズと呼ばれる個人研究をします。生徒は自分が疑問に思ったことをテーマとして設定。それについて自分なりの仮説を立てて、自分なりの研究をして、自分なりの結論を出すことを目指しています。大学に入ってすぐに本格的な研究活動ができるような力をつけておいてやりたいのです」。

多少のことではへこたれない生徒たち

授業風景
学習を継続してきた生徒は、いつかはできるようになるという確信を持つようになっている

公文国際学園では公文式学習を導入し、学校の授業と両立することで相乗効果をねらっています。中1と中2の毎日20分の朝学習に加え、高校3年生までを対象とする週1回の放課後教室で学習をし、多くの最終教材修了生を輩出しています。梶原校長が、公文式学習の効果について次のように語ってくれました。

「公文式でしっかり学習習慣がついているので、高3になってから慌てて受験勉強を始めることはありません。時間管理能力がすごいんです。優先順位をつけ、きちんと片づけます。公文の高いレベルの教材に進んだ場合でも、毎日5枚継続して学習するのはもうできないけど、1週間30枚ならできる、と見通しを立て、それをやり遂げてきます。

また、公文式の学習を通して、生徒たちは多少のことではへこたれない力をつけています。ミスの訂正をするとき、いきなり消しゴムは使いません。自分のミスをすぐに消さずに、何が間違っていたのか探ろうとします。国語教材の場合、自分の間違った解答と本文を何回も見比べて、答えを書きあげます。教材の進度が高くなると、最初から100点にならないのは当たり前。失敗して当然です。こうして学習を継続してきた生徒は、直せば力がつく、いつかはできるようになるという確信を持つようになっています」。

学園独自の「進路学習」

やればできるという経験を積み重ねた生徒たちは、自分の将来のイメージが非常に具体的です。例えば、ある高校3年生の男子生徒は次のように語ります。

「中学2年生のときに受けた生物の授業で、生命の謎に興味を持つようになりました。大学は自分の興味のある生物や化学の講座が充実しているところを選びました。将来は、生命そのものの研究をして、遺伝病などの病気で苦しむ人を減らせるようになりたいです。薬の開発だけでなく、細胞レベルの研究をしてみたいと考えています」。

公文国際学園では、「進路指導」ではなく「進路学習」を推奨しているそうです。大学名にとらわれず、どの学部のどの学科に行って、自分が何を学びたいのかを考える。そして、研究室ではどの先生がどのような研究をして、どのような成果をあげているのか、調べられるだけ調べる。そうして、学園の生徒は「自分自身で自分の課題を見つけ、それを解決していけるような力」をつけて巣立っていきます。

関連リンク
公文国際学園公式サイト

高校での公文式

今、公文式を導入される高等学校が増えつつあります。

 

関連記事

KUMONグループの活動  2015/11/10更新

Vol.112 公文国際学園-日本文化体験

イマドキの修学旅行 マグロを探求する日本文化体験

KUMONグループの活動  2016/04/12更新

Vol.146 公文国際学園-英語で行われる模擬国連

生徒たちが作り上げる 英語による議論の場 「物事を多角的に見る力」を養う

KUMONグループの活動  2017/04/11更新

Vol.203 公文国際学園-英語で行われる模擬国連

中高生が世界各国の国連大使に!? -スーパーグローバルハイスクールとしての取り組み-

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

KUMONグループの活動  2020/03/17更新

Vol.345 寺子屋で学んだ子どもたち

江戸時代に求められた寺子屋での学び

KUMONグループの活動  2020/03/03更新

Vol.344 江戸時代のひな祭り―浮世絵から見える江戸時代の人々

女の子の健やかな成長と幸せを祈って

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!