KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/12/11更新

Vol.066 おはなしエンジェル  

“子どもが創るおはなし”
コンクール
今年で15回目を迎えた「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」

「読書感想文」のコンクールは、50年以上の歴史ある全国規模のものから、特定の課題図書を読んで感想を寄せ合うなどの比較的小規模なものまでさまざまあります。けれども、「創作のおはなし」、それも子どもたちが創るおはなしのコンクールはめずらしいのではないでしょうか。すでに今年で15回目を迎えたこのコンクールを、その作品とともにレポートしました。

昨年を上回る261点の作品が全国の子どもたちから寄せられました

今年7月20日~9月10日のコンクール応募期間に全国から寄せられた総作品数は、昨年度を上回る合計261点。その内訳は、幼児・小学生低学年の部79点、小学生中高学年の部135点、中学生の部47点で、うち26作品が入賞。表彰式は11月22日に日本出版クラブ会館(東京都新宿区)で開催されました。

当日は表彰だけでなく、軽食を囲んだ歓談の時間もあり、審査を担当した作家の方々(後述の著作者団体所属の先生方)と直接お話ができるという特典もあります。そんな貴重で楽しい時間もあり、会場は受賞した子どもたちの笑顔でいっぱい。また、作家の方々も、子どもたちが作品を創りはじめるきっかけや迷いながら書き上げるプロセスの話に興味深げに耳を傾けていました。

このコンクールは「多くの子どもたちにおはなしの創作を通して、物語の楽しさを体験してほしい」と、一般社団法人日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会の2つの著作者団体によって、2000年の「子ども読書年」を機に創設されました。公文教育研究会とくもん出版はその主旨に賛同し、15年間ともに活動をつづけています。

子どもたちならではの新鮮な視点や発想がきらめく作品の数々


『ゆうびんやぎさん』
文:杉元美沙希 絵:とりごえまり

「子どもが創ったおはなしって、おもしろいのかな?」。そう思われる方もいらっしゃることでしょう。下段の関連リンク「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」から作品の一部をご覧いただけますので、ぜひお読みください。子どもならではの優しさや真っすぐな気持ちだけでなく、その視点や発想の新鮮さに驚かれることと思います。

このコンクールでの受賞作品で、とくに独創性が高く、すぐれた作品はくもん出版から絵本として出版しています。プロの作家が絵を描いて、市販の絵本として書店にならぶのです。すでに9作品が絵本化されていますが、そのなかの1冊、『ゆうびんやぎさん』をちょっとだけご紹介しましょう。この絵本は2008年度のこのコンクールで、日本児童文学者協会賞を受賞した作品。おはなしの作者は当時小学5年生だった杉元美沙希さん、絵は『ハリネズミのくるりん』(文渓堂)や『さいたさいた』(金の星社)などでおなじみの人気絵本作家とりごえまりさんです。

そのあらすじは、こんなです。やぎの郵便屋さんが森の住人の動物たちに手紙や荷物を届けるのですが、ある日、急に雨に降られてとても困ったことになってしまいます。ところがところが。思いがけない展開とラストのすてきな…、おっとあぶない、言葉が過ぎるところでした。このつづきは、ぜひ絵本で読んでみてくださいね。読み終えると、心がジワーっと温かくなってくる一冊です。

コンクール選考委員のある作家の方は、この作品についてこんなコメントをされています。「郵便屋さんの苦労を、あまり考えたことはありませんでした。杉元さんの作品には、郵便屋さんを思う気持ちが込められていて、味わい深い話になっています。ゆうびんやさんは、手紙や荷物だけでなく、送り主の心も届けていたのですね」。

たしかに。雨の日も、風の日も、雪の日も、何気なく郵便受けにある手紙を手にしますが、それをどんなふうに郵便屋さんが運んできてくれるかなんて、ふだんは考えないですよね。小学5年生の子も、日々たくさんのことを見聞きし、さまざまなことを感じ、いろいろなことに思いを巡らせているのですね、大人と同じかそれ以上に。

« お知らせ »
ご紹介したコンクールの今年度の応募は締め切っています。来年度の応募については、下記「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」のホームページで2015年7月ごろにご案内する予定です。

関連リンク
日本児童文芸家協会
日本児童文学者協会おはなしエンジェル子ども創作コンクール | 日本公文教育研究会

関連記事

KUMONグループの活動  2016/11/15更新

Vol.182 作者は小学3年生!
絵本『一日だけうさぎ』刊行

あたりまえの日常を、 新たな目線で切り取る発想 ~「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」受賞作が絵本化~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/04/16更新

Vol.303 公文式の学校導入―村上学園高等学校
<全日制スタイルの通学型・通信制高校>

「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~

子育て・家庭学習  2019/03/26更新

Vol.301 家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.053 後編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.053 前編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。