KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/11/15更新

Vol.182

作者は小学3年生!
絵本『一日だけうさぎ』刊行  

あたりまえの日常を、
新たな目線で切り取る発想
~「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」受賞作が絵本化~

町のみんながうさぎになってしまう、年に一度のうさぎの日。学校はどうするの?授業は?給食は食べられる?いろいろな想像がふくらむ絵本、『一日だけうさぎ』が刊行になりました。この作品は「2015おはなしエンジェル子ども創作コンクール」最優秀賞受賞作を絵本化したもので、作者は当時小学3年生の原知子さんです。受賞作の絵本化は、実に8年ぶり。いつもと違う視点で見ると、あたりまえの毎日が新しく見えてくる…その作品の魅力に迫ります。

お父さんも、お母さんも、お友だちも、きょうはみんなうさぎ!?

少し涼しくなってきた、九月のある日。朝起きたら、「わたし」は“うさぎ”になっていました。この町の住民はみんな、一年に一日だけ、うさぎになってしまいます。


こばようこさんが、不思議なうさぎの一日を、のびやかに描きます

けれど、住民たちは慣れたもの。うさぎの姿で学校へ行き、会社へ行き、一日を過ごします。わたしも、さっそく学校へ。とはいえ、いつもと同じという訳にはいきません。ランドセルは重くて持てないし、授業はすべて体育です。給食は、食べられるのは野菜だけ。なのに今日に限って、野菜が少ない!

うさぎになったわたしは、思いっきり走り回ったり、ジャンプしたり、草を食べたり、運動場に寝転んで、気持ちのいい風に吹かれたり…。人間のときにはできなかったこと、わからなかったことを、たくさん体験します。そして、つぎの日。町はいつも通りの朝を迎えるのでした。

 

相手の気持ちに寄りそい、思いやること

『一日だけうさぎ』は、「発想の面白さと、ユーモアのセンスが抜群」と絶賛され、「2015おはなしエンジェル子ども創作コンクール」の最終選考会では満場一致で最優秀賞に決まりました。「一年に一度だけ、町の住民全員がうさぎになってしまう」という設定の魅力もさることながら、小学生である「わたし」の日常そのものの世界を、「うさぎ」という新しい目線で切り取っているところに、新鮮な驚きと豊かな発想力を感じさせます。

学校で飼育されているうさぎの意外な不満を聞いたり、国語や算数がなくて体育だけの授業はつまらないと気づいたり、たぬきの親子に出会い町の自然環境の変化について考えたり…と、あたりまえの日常で見過ごされていることに気づかせてくれます。

作者、原知子さんは、身近な存在のうさぎに思いを寄せて、「自分がうさぎになったらどうなるかな?一人だったら寂しいけれど、みんな一緒になったら楽しいな」と空想して、この作品を書いたといいます。 
著者の原知子さんインタビューは、記事末尾の関連リンクからご覧ください。

何か(誰か)の目線でものを見ることから、新しい発見がある。それは相手の気持ちに寄り添い、思いやることにもつながるでしょう。それを象徴するかのように、『一日だけうさぎ』のラストはこう結ばれています。

「まいとし、うさぎの日がおわると、町がまえよりずっといい町になっている。わたしはこの町が大すき!」


うさぎだから、給食をくばるのも、食べるのも、大変!

 

 「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2014/12/11更新

Vol.066 おはなしエンジェル

“子どもが創るおはなし”の コンクール今年で15回目を迎えた「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」

KUMONグループの活動  2015/05/12更新

Vol.086 第20回日本絵本賞大賞受賞『ふしぎなともだち』

障害の有無を超えて、共に生きる大切さを絵本で描き第20回日本絵本賞大賞を受賞「ふしぎなともだち」

KUMONグループの活動  2013/09/24更新

Vol.004 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」

公文式の考え方をおもちゃで実現 「わごむパターンボード」開発者に聞く 子どもたちの成長にこだわった玩具開発ストーリー

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!