KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/12/10更新

Vol.015

KUMONの寄附研究活動-長時間のテレビ視聴  

長時間のテレビ視聴
小児の脳の発達に与える影響
(東北大学加齢医学研究所)子どもたちの心身の健やかな成長と発達を促すための研究成果から

KUMONは大学・病院・図書館などとの協働で研究活動や子育て支援活動をしていますが、大学を対象とした寄附研究活動もしています。今回は、この11月下旬に発表された最新の研究成果を中心にレポートします。

子どもたちを取り巻く環境の変化が激しい今だからこそ、とても重要な研究


2013年11月20日、東北大学加齢医学研究所で開かれたプレス向け発表会
発表者は、同研究所の竹内光准教授

今回の研究成果は、東北大学加齢医学研究所・認知機能発達(公文教育研究会)寄附研究部門(代表:川島隆太教授)から先月、11月20日にプレスリリースされたものですが、その前に、KUMONがなぜ寄附研究活動をしているのかをご紹介しておきましょう。

この寄附研究部門では下記のような方針で研究活動をしています。子どもたちを取り巻く環境の変化が激しい今だからこそ、脳の発達に生活習慣や環境がどう影響するのかを見極めるための、こうした研究はとても重要だと考えています。

人間の脳と心の関連を脳機能イメージング装置によって解明しようとする脳科学研究を、教育学や認知心理学と融合することにより、子どもたちの心身の健やかな成長や発達を促し、学習の意欲、論理的思考力、創造性、知的好奇心、探求心などを向上させる生活習慣や環境の提言、新しい具体的な教授・学習システムの研究開発等を行っています。

これまでの主な研究成果は「朝食の質と脳発達の関係(2010)」と「睡眠時間と脳発達の関係(2012)」の2つがあります。これらの結果は文部科学省や厚生労働省のアンケート調査結果などでも指摘されてきたことですが、新たに脳科学的に実証されたことに大きな意味があると考えています。

長時間のテレビ視聴は、子どもたちの高次認知機能領域の発達や言語性知能に悪影響


TV視聴時間と言語性知能(a)、TV視聴時間と数年後の言語性知能の変化(b)の関連

乳幼児を含む、子どもたちのテレビの長時間視聴の影響は、数多くの心理学的研究や日本小児科学会などからの提言(後述)でよく知られていますが、脳の発達に具体的にどんな影響をおよぼすのかは、科学的には明らかにされていませんでした。

今回、東北大学加齢医学研究所の竹内光准教授・川島隆太教授の研究グループは、子どもたちのテレビの長時間視聴が、脳の高次認知機能領域の発達や言語性知能に悪影響をおよぼしていることを脳科学的に実証しました。この新たな解明により、「日々発達が著しい子どもたちのテレビの長時間視聴にはいっそうの注意が必要」ということを再認識する必要があります。

なお、この研究は緻密かつ大規模なデータによる解析手法を用いて、テレビ視聴が小児の言語機能などにおよぼす影響の神経メカニズムを新たに解明した点などから、従来にない画期的な研究成果として国際的にも注目され、英国神経科学雑誌『Cerebral Cortex』に採択されています。

※研究の詳細は関連リンクからご覧ください。

だからこそ、親子のコミュニケーションをもっと大切に

静かさのなかにも、学びのエネルギーが満ちている
初回参加時におけるTV視聴時間と数年後の脳の灰白質量変化の正相関を示した領域

テレビの長時間視聴が子どもたちに与える影響については、十数年以上前から、特に小児科の医師たちから、さまざまな形で指摘されていました。なかでも大きな話題となったのは、2004年に日本小児科学会から発表された「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」と題する提言でした。

※日本小児科医会からも同様の提言が発表されています。関連リンクからご覧ください。

この提言は、小児医療の最前線を担う小児科医たちが「子どもたちが何かおかしい」と感じたことに端を発し、同学会が実施したアンケート調査結果によるものでした。また、「テレビの長時間視聴の影響にほとんどの親が気づいていない」という危機感もあり発せられたそうです。提言の要旨は「長時間視聴は言語発達が遅れる危険性が高まる」「テレビ・ビデオを見るときは親もいっしょに」「見方や見る時間にルールを」といったもので、かなり厳しい内容でした。

考えなくてはいけないのは、この提言から10年間弱という時間のなかでのメディアの発達です。子どもたちの周りにはゲーム機・PC・タブレット・スマホなどなど、テレビ以外にもさまざまなメディアがあふれています。しかし、これらのメディアを子どもたちから完全に遠ざけるのは現実的ではありません。では、どうすれば……。

「今回のわれわれの研究は、テレビを問題にすることが目的ではなく、さまざまな生活習慣や環境が親子のコミュニケーションを妨げたり、子どもたちの脳の発達にどんな影響があるかを、子育て中のみなさんに知ってほしいのです。それを知ることで、テレビを含めたメディアとのつきあい方も見えてくるはずです」と東北大学の川島隆太教授はコメントしています。KUMONでは、乳幼児期には歌と読み聞かせによる親子のコミュニケーションをおすすめしていますが、この「子どもとメディア」についても、外部の研究者や専門家の方々とともに真摯に考えていきたいと思います。

関連リンク

関連記事

KUMONグループの活動  2015/02/17更新

Vol.075 KUMONの寄附研究活動-親子のかかわりあい方

親子で過ごす時間が、子どもの 言語理解と関連脳領域に影響 (東北大学加齢医学研究)

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

バックナンバー

調査・研究・アンケート  2021/09/14更新

Vol.415 公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート

障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?

KUMONグループの活動  2021/09/07更新

Vol.414 KUMONレポート-子ども文化史料編

江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~

KUMONグループの活動  2021/08/31更新

Vol.413 スイス公文学園初!オンラインサマースクール

スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間

KUMONグループの活動  2021/08/10更新

Vol.412 子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!

世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』

KUMONグループの活動  2021/08/03更新

Vol.411 浮世絵に描かれた江戸時代の学び「鳥つくし」

手軽に入手できた「物尽し絵」で 物の名前と一緒に読み方の習得も ~学びに使われた浮世絵~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!