KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/12/10更新

Vol.015 KUMONの寄附研究活動-長時間のテレビ視聴  

長時間のテレビ視聴
小児の脳の発達に与える影響
(東北大学加齢医学研究所)子どもたちの心身の健やかな成長と発達を促すための研究成果から

KUMONは大学・病院・図書館などとの協働で研究活動や子育て支援活動をしていますが、大学を対象とした寄附研究活動もしています。今回は、この11月下旬に発表された最新の研究成果を中心にレポートします。

子どもたちを取り巻く環境の変化が激しい今だからこそ、とても重要な研究


2013年11月20日、東北大学加齢医学研究所で開かれたプレス向け発表会
発表者は、同研究所の竹内光准教授

今回の研究成果は、東北大学加齢医学研究所・認知機能発達(公文教育研究会)寄附研究部門(代表:川島隆太教授)から先月、11月20日にプレスリリースされたものですが、その前に、KUMONがなぜ寄附研究活動をしているのかをご紹介しておきましょう。

この寄附研究部門では下記のような方針で研究活動をしています。子どもたちを取り巻く環境の変化が激しい今だからこそ、脳の発達に生活習慣や環境がどう影響するのかを見極めるための、こうした研究はとても重要だと考えています。

人間の脳と心の関連を脳機能イメージング装置によって解明しようとする脳科学研究を、教育学や認知心理学と融合することにより、子どもたちの心身の健やかな成長や発達を促し、学習の意欲、論理的思考力、創造性、知的好奇心、探求心などを向上させる生活習慣や環境の提言、新しい具体的な教授・学習システムの研究開発等を行っています。

これまでの主な研究成果は「朝食の質と脳発達の関係(2010)」と「睡眠時間と脳発達の関係(2012)」の2つがあります。これらの結果は文部科学省や厚生労働省のアンケート調査結果などでも指摘されてきたことですが、新たに脳科学的に実証されたことに大きな意味があると考えています。

長時間のテレビ視聴は、子どもたちの高次認知機能領域の発達や言語性知能に悪影響


TV視聴時間と言語性知能(a)、TV視聴時間と数年後の言語性知能の変化(b)の関連

乳幼児を含む、子どもたちのテレビの長時間視聴の影響は、数多くの心理学的研究や日本小児科学会などからの提言(後述)でよく知られていますが、脳の発達に具体的にどんな影響をおよぼすのかは、科学的には明らかにされていませんでした。

今回、東北大学加齢医学研究所の竹内光准教授・川島隆太教授の研究グループは、子どもたちのテレビの長時間視聴が、脳の高次認知機能領域の発達や言語性知能に悪影響をおよぼしていることを脳科学的に実証しました。この新たな解明により、「日々発達が著しい子どもたちのテレビの長時間視聴にはいっそうの注意が必要」ということを再認識する必要があります。

なお、この研究は緻密かつ大規模なデータによる解析手法を用いて、テレビ視聴が小児の言語機能などにおよぼす影響の神経メカニズムを新たに解明した点などから、従来にない画期的な研究成果として国際的にも注目され、英国神経科学雑誌『Cerebral Cortex』に採択されています。

※研究の詳細は関連リンクからご覧ください。

だからこそ、親子のコミュニケーションをもっと大切に

静かさのなかにも、学びのエネルギーが満ちている
初回参加時におけるTV視聴時間と数年後の脳の灰白質量変化の正相関を示した領域

テレビの長時間視聴が子どもたちに与える影響については、十数年以上前から、特に小児科の医師たちから、さまざまな形で指摘されていました。なかでも大きな話題となったのは、2004年に日本小児科学会から発表された「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」と題する提言でした。

※日本小児科医会からも同様の提言が発表されています。関連リンクからご覧ください。

この提言は、小児医療の最前線を担う小児科医たちが「子どもたちが何かおかしい」と感じたことに端を発し、同学会が実施したアンケート調査結果によるものでした。また、「テレビの長時間視聴の影響にほとんどの親が気づいていない」という危機感もあり発せられたそうです。提言の要旨は「長時間視聴は言語発達が遅れる危険性が高まる」「テレビ・ビデオを見るときは親もいっしょに」「見方や見る時間にルールを」といったもので、かなり厳しい内容でした。

考えなくてはいけないのは、この提言から10年間弱という時間のなかでのメディアの発達です。子どもたちの周りにはゲーム機・PC・タブレット・スマホなどなど、テレビ以外にもさまざまなメディアがあふれています。しかし、これらのメディアを子どもたちから完全に遠ざけるのは現実的ではありません。では、どうすれば……。

「今回のわれわれの研究は、テレビを問題にすることが目的ではなく、さまざまな生活習慣や環境が親子のコミュニケーションを妨げたり、子どもたちの脳の発達にどんな影響があるかを、子育て中のみなさんに知ってほしいのです。それを知ることで、テレビを含めたメディアとのつきあい方も見えてくるはずです」と東北大学の川島隆太教授はコメントしています。KUMONでは、乳幼児期には歌と読み聞かせによる親子のコミュニケーションをおすすめしていますが、この「子どもとメディア」についても、外部の研究者や専門家の方々とともに真摯に考えていきたいと思います。

関連リンク

関連記事

KUMONグループの活動  2015/02/17更新

Vol.075 KUMONの寄附研究活動-親子のかかわりあい方

親子で過ごす時間が、子どもの 言語理解と関連脳領域に影響 (東北大学加齢医学研究)

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。