KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/12/10更新

Vol.015 KUMONの寄附研究活動-長時間のテレビ視聴  

長時間のテレビ視聴
小児の脳の発達に与える影響
(東北大学加齢医学研究所)子どもたちの心身の健やかな成長と発達を促すための研究成果から

KUMONは大学・病院・図書館などとの協働で研究活動や子育て支援活動をしていますが、大学を対象とした寄附研究活動もしています。今回は、この11月下旬に発表された最新の研究成果を中心にレポートします。

子どもたちを取り巻く環境の変化が激しい今だからこそ、とても重要な研究


2013年11月20日、東北大学加齢医学研究所で開かれたプレス向け発表会
発表者は、同研究所の竹内光准教授

今回の研究成果は、東北大学加齢医学研究所・認知機能発達(公文教育研究会)寄附研究部門(代表:川島隆太教授)から先月、11月20日にプレスリリースされたものですが、その前に、KUMONがなぜ寄附研究活動をしているのかをご紹介しておきましょう。

この寄附研究部門では下記のような方針で研究活動をしています。子どもたちを取り巻く環境の変化が激しい今だからこそ、脳の発達に生活習慣や環境がどう影響するのかを見極めるための、こうした研究はとても重要だと考えています。

人間の脳と心の関連を脳機能イメージング装置によって解明しようとする脳科学研究を、教育学や認知心理学と融合することにより、子どもたちの心身の健やかな成長や発達を促し、学習の意欲、論理的思考力、創造性、知的好奇心、探求心などを向上させる生活習慣や環境の提言、新しい具体的な教授・学習システムの研究開発等を行っています。

これまでの主な研究成果は「朝食の質と脳発達の関係(2010)」と「睡眠時間と脳発達の関係(2012)」の2つがあります。これらの結果は文部科学省や厚生労働省のアンケート調査結果などでも指摘されてきたことですが、新たに脳科学的に実証されたことに大きな意味があると考えています。

長時間のテレビ視聴は、子どもたちの高次認知機能領域の発達や言語性知能に悪影響


TV視聴時間と言語性知能(a)、TV視聴時間と数年後の言語性知能の変化(b)の関連

乳幼児を含む、子どもたちのテレビの長時間視聴の影響は、数多くの心理学的研究や日本小児科学会などからの提言(後述)でよく知られていますが、脳の発達に具体的にどんな影響をおよぼすのかは、科学的には明らかにされていませんでした。

今回、東北大学加齢医学研究所の竹内光准教授・川島隆太教授の研究グループは、子どもたちのテレビの長時間視聴が、脳の高次認知機能領域の発達や言語性知能に悪影響をおよぼしていることを脳科学的に実証しました。この新たな解明により、「日々発達が著しい子どもたちのテレビの長時間視聴にはいっそうの注意が必要」ということを再認識する必要があります。

なお、この研究は緻密かつ大規模なデータによる解析手法を用いて、テレビ視聴が小児の言語機能などにおよぼす影響の神経メカニズムを新たに解明した点などから、従来にない画期的な研究成果として国際的にも注目され、英国神経科学雑誌『Cerebral Cortex』に採択されています。

※研究の詳細は関連リンクからご覧ください。

だからこそ、親子のコミュニケーションをもっと大切に

静かさのなかにも、学びのエネルギーが満ちている
初回参加時におけるTV視聴時間と数年後の脳の灰白質量変化の正相関を示した領域

テレビの長時間視聴が子どもたちに与える影響については、十数年以上前から、特に小児科の医師たちから、さまざまな形で指摘されていました。なかでも大きな話題となったのは、2004年に日本小児科学会から発表された「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」と題する提言でした。

※日本小児科医会からも同様の提言が発表されています。関連リンクからご覧ください。

この提言は、小児医療の最前線を担う小児科医たちが「子どもたちが何かおかしい」と感じたことに端を発し、同学会が実施したアンケート調査結果によるものでした。また、「テレビの長時間視聴の影響にほとんどの親が気づいていない」という危機感もあり発せられたそうです。提言の要旨は「長時間視聴は言語発達が遅れる危険性が高まる」「テレビ・ビデオを見るときは親もいっしょに」「見方や見る時間にルールを」といったもので、かなり厳しい内容でした。

考えなくてはいけないのは、この提言から10年間弱という時間のなかでのメディアの発達です。子どもたちの周りにはゲーム機・PC・タブレット・スマホなどなど、テレビ以外にもさまざまなメディアがあふれています。しかし、これらのメディアを子どもたちから完全に遠ざけるのは現実的ではありません。では、どうすれば……。

「今回のわれわれの研究は、テレビを問題にすることが目的ではなく、さまざまな生活習慣や環境が親子のコミュニケーションを妨げたり、子どもたちの脳の発達にどんな影響があるかを、子育て中のみなさんに知ってほしいのです。それを知ることで、テレビを含めたメディアとのつきあい方も見えてくるはずです」と東北大学の川島隆太教授はコメントしています。KUMONでは、乳幼児期には歌と読み聞かせによる親子のコミュニケーションをおすすめしていますが、この「子どもとメディア」についても、外部の研究者や専門家の方々とともに真摯に考えていきたいと思います。

関連リンク

関連記事

KUMONグループの活動  2015/02/17更新

Vol.075 KUMONの寄附研究活動-親子のかかわりあい方

親子で過ごす時間が、子どもの 言語理解と関連脳領域に影響 (東北大学加齢医学研究)

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!