スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/12/18更新

Vol.027

武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生  前編

間違いや失敗を恐れずに
好奇心疑問をもって
心から「好き!」なことを見つけ
よう

小山ブリジット (こやま ぶりじっと-Brigitte Koyama-Richard)

パリ生まれ。パリ大学大学院で比較文学博士号を取得。早稲田大学大学院で日露比較文学を学んだのち、複数の大学での非常勤講師を経て、現在は武蔵大学人文学部教授。専門は比較文学、美術(ジャポニスム)。著書に、『夢みた日本 エドモン・ド・ゴンクールと林忠正』(平凡社)など。

芸術の都パリに生まれ、日本には40年近くお住まいの小山ブリジッド先生。大学で教鞭をとる一方で、浮世絵を中心に日本の文学や美術、文化をヨーロッパに紹介されています。「まだまだやりたいことがたくさんある」と、好奇心あふれる小山先生。沸き起こる意欲の源にあるものや浮世絵に関心をもったきっかけ、フランスと日本の教育の違いなどについてうかがいました。

研究員の道をあきらめ、家庭を選択したが……

武蔵大学人文学部教授 小山ブリジット先生

ロシア語とともに興味をもったのが日本語です。漢字に加え、ひらがなとカタカナがあり、文法がはっきりしているフランス語やロシア語と違って、曖昧な面もある。おもしろい言語だなあと思いましたね。それで大学では、昼間はロシア文学とフランス文学を学び、夕方には別の大学で日本語を勉強するようになりました。最初は旅行くらいできれば、という軽い気持ちで学び始めたのに、学んでいるうちに夢中になっていきました。

大学院2年生だった1978年に、国費留学生として初めて来日しました。結果的に6年間留学することになり、その間、年に1~2度パリに戻り、指導教授に論文を見せてまた日本に戻る、という生活をしていました。留学生の身分でしたが、「ある大学院で非常勤講師を探しているので、1~2年やってみないか」と誘われました。わたしに務まるのか不安でしたが、短期間ならと引き受けました。そしたら楽しくて、楽しくて。

博士号取得後は、夢だったフランスの国立研究所に就職する予定でしたが、その研究所の規則が変わり、その道をあきらめました。学生結婚だったわたしは、当時すでに長男が生まれていて、日本を離れることができず、家庭を選んだんです。すると、今在籍している武蔵大学から声がかかりました。

武蔵大学にはわたしが専門とするロシア文学はなかったので、「19世紀のフランス文学」を教えることに。ゴンクール兄弟などの時代ですが、ジャポニスムの時代でもあり、浮世絵から受けた影響なども研究しはじめたら、おもしろくて夢中になりました。美術好きでしたから日本の美術館にもよく足を運び、浮世絵にも親しんでいましたからね。もっと知りたくて、歴史や作り方を学ぶようにもなり、比較文学と同時に浮世絵も研究するようになったわけです。

 


 

武蔵大学人文学部教授 小山ブリジット先生  

後編のインタビューから

-日本とフランス、子育ての違いとは?
-小山先生から日本の学生たちへのメッセージ
-小山先生のこれからの夢とは?

 
関連記事

2015/12/25更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう  

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2016/10/21更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2019/02/08更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!