スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生  前編

「誰かのために」と考えたとき
はじめて学びに対する意欲が湧く
「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

伊藤 健 (いとう けん)
大学在学中にNPO活動にスタッフとして関わり、台湾への留学を経験。卒業後は日系メーカー勤務を経て、米国にてMBA(経営学修士)を取得。帰国後、GE Internationalに入社し、業務改善や企業買収後の事業統合などに関わる。2008年よりNPO法人の社会起業家の支援育成プログラムの運営に携わる。慶應義塾大学SFC研究所上席所員、慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任助教などを経て、2016年より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師に。

貧困や教育格差などの社会課題を解決するための手法を、資金的な問題を含め研究し、一方で社会起業家の育成支援といった実践にも取り組まれている伊藤健先生。フリースクールでの体験が、「社会課題を解決し、人を幸せにするための仕事をしたい」という思いを芽生えさせた原点だったといいます。伊藤先生はご自身の想いをどう実現されてきたのでしょうか。また、変化が激しい時代における「学び」や「働くこと」についてのヒントもいただきました。

「現場」の次は「理論」を知りたくて
アメリカのビジネススクールへ

大学で学ぶうちに、社会の仕組みがもっと進化する必要性を感じるようになりました。最終的にはソーシャルビジネスに携わりたいという想いはありましたが、まずはビジネスの世界でどう収益が生み出されているのかを知ろうと考え、大学卒業後は民間企業に就職しました。

その会社には2年半勤務し、ビジネスの「現場」については少しわかるようになりました。一方で、もっと「理論」としてビジネスを学びたいという気持ちが生まれてきて、会社を辞めてアメリカの大学院に行き、経営の理論を学びました。

帰国後は外資系の金融会社に就職しました。現場と理論を学んだあとは、どのように富が生み出されるかに関心を持ち、金融の仕事をしてみようと考えたのです。

その会社には7年ほど在籍していました。その間、土日など休日に社会起業家の育成支援をするNPO法人でボランティアをするようになり、「人を幸せにするための仕事をしたい」と強く思うようになりました。次第にそこに軸足を置くようになり、その後NPOで2年半社会起業家の育成支援に関わることになります。こういった経歴を見込まれたのか、大学からお声がけを頂いて現在に至っています。

私は母が教師、父も公務員という家庭に育ちました。両親ともに「思うことをやってみなさい」と理解があり、若い頃からいろいろな経験を積ませてもらったことを感謝しています。教師であった母からは、教育という仕事の素晴らしさを折に触れて聞かされていました。30代半ばまで、私自身は「人に教えること」にはあまり関心はありませんでしたが、今自分が学生を教える立場になり、母の気持ちがよくわかります。可能性のある若者の成長に付き合うのは、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

 

関連リンク
伊藤健先生プロフィール


 

 

後編のインタビューから

-「学習療法」の社会的効果を検証した結果とは?
-チャンスを掴みとるために必要なこととは?
-伊藤先生から若者たちへのメッセージ

 

関連記事

2017/03/31更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業

バックナンバー

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.315
アメリカで学習療法シンポジウム開催
アメリカで 学習療法導入施設によるシンポジウム (SAIDO Symposium 2019)開催!
Vol.314
「くもんのすいせん図書一覧表」への想い
「子どもたちに より多くの本と出合ってほしい」 ~公文式国語と「くもんのすいせん図書一覧表」との関係~
Vol.313
ウルグアイ東方共和国に公文式教室開設
ウルグアイ東方共和国に公文式教室開設 ~南米7か国に展開~
Vol.312
『遊べる浮世絵展』
くもんの子ども浮世絵コレクション 『遊べる浮世絵展』 これにておひらきにてそうろう
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.063 後編
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.063 前編
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
Vol.061
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。