スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/03/18更新

Vol.030

劇団目覚時計 代表 稲垣美穂子さん  前編

心に響く“ことば”の力
感動共有することで
子どもの心豊かに育つ

稲垣 美穂子 (いながき みほこ)

東京都生まれ。日本女子大学文学部在学中に、日活映画『孤独の人』皇太子の恋人役でデビュー。日活で活躍後、俳優座養成所に13期生として入所、本格的女優を目指す。俳優座養成所卒業後は、フリーで映画、舞台、テレビに出演して活躍。1977年に劇団目覚時計を立ち上げ、オリジナルのファミリーミュージカルを全国各地で公演する。1986年には劇作家の内村直也氏を中心に、東急・五島昇氏、元副総理・後藤田正晴氏、ソニー創業者・井深大氏らとともに「青少年の心を育てる会」を設立。演劇を“家族のふれあいの場”と位置づけて活動を続けている。

大学時代に女優として映画デビューし、その後は自ら劇団を旗揚げして、プロデューサーとしても精力的に活動されている稲垣美穂子さん。演劇を通して子どもたちが抱える問題に向き合い、旗揚げ以来40年、親子のきずなや友情などをテーマに各地で公演を続けています。信念と行動力を持ち合わせた稲垣さんは、あのマンガ家で絵本作家のやなせたかしさんをして、「かぼそい身体に宿った強い精神で砂漠に花を咲かせるような仕事を続けていかれるだろう」と言わしめたほど。その情熱の源や演劇活動を長く続けられてきた背景をうかがいました。

悲しかったりつらかったりしたら、明日泣けばいい

女優 稲垣美穂子
やなせたかし原作・
ミュージカル「ファーブルの昆虫記」

その後、テレビや映画などで演じるようになり、結婚もして、充実した日々を送っていました。ところが、あるとき、映画監督の夫がイランで開かれたフェスティバルに作品を出品したとき、あるドイツ人からこんなことを言われた、と帰ってきました。

「現在の日本はすばらしい、でも気をつけないといけないよ。日本人は働き過ぎで親子の断絶が見えるから、次の世代に心と時間をかけてしっかり育てないと」と。その方は、日本の親子の関係性がおかしくなってきていることに気づいていたのかもしれません。

わたしたちには子どもはありませんでしたもので、その代わりに何ができるかを考えました。夫は映画監督でプロデューサー、わたしは女優。一緒にできるのは何かなと考えたとき、これまであまりやっていなかった“生の舞台”を、子どもたちのために作ることにしました。

こうして1977年に立ち上げたのが、「劇団目覚時計」です。子どもをめぐるさまざまな問題について、「社会に警鐘を鳴らす」というのはおこがましいけれど、どこの家にもある目覚時計をチリチリ鳴らせば、一人ひとりが気づいてくれるかも……という思いを込めて名付けました。

それからミュージカルをはじめ、いろいろなことに劇団は取り組んできましたが、つらいと思ったことはないですね。たいへんなことは、もちろんたくさんありました。でもわたし、悲しいことがあっても泣かないんです。「明日、泣こう」と思うから。それで明日になるとすっかり忘れているから泣かなくて済むんです。そうすると、すごくラクよ。

自分が考えて解決できることだったらいいけれど、人生にはそうじゃないことがたくさんあります。ズルズル考えてしまい、そこに引きずられて目的を失うことのほうが、まずいのではないでしょうか。人生はいつも、右か左か、必ず、どちらかを選ばなくては進めません。そんなときは、よく考えて、どちらかを選ぶ。でも、「こうじゃなきゃいけない」とは考えないほうがいい。選んだ道以外にも、いろんな道がありますし、いろんなことが起きるし、自分の発想だって変わります。だから自分を制約しないで生きていったほうがいいと思っているんです。

 

関連リンク

劇団目覚時計
青少年の心を育てる会
※3月30日(水)に青少年の心を育てる会主催のイベントがございます。
   詳細については、こちらのサイトでご確認ください。

 


 

女優 稲垣美穂子  

後編のインタビューから

-舞台を通して見える子どもたちの姿とは?
-稲垣さんのパワーの源は?
-稲垣さんから子育て世代へのメッセージ

 
関連記事

2016/03/25更新

Vol.030 劇団目覚時計 代表 稲垣美穂子さん

心に響く“ことば”の力 感動を共有することで 子どもの心は豊かに育つ

2013/12/20更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か 学びやしつけの土台となる 自己肯定感を育もう

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2016/05/20更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生

やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!