OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/11/19更新

Vol.083

映画監督
大川史織さん  後編

「楽しい」を真ん中に
やりたいことを全力で続けていれば
出会いを手繰り寄せられる

大川 史織 (おおかわ しおり)

神奈川県生まれ。2006年に第9代高校生平和大使の旅で、アウシュヴィッツ博物館公式ガイド中谷剛さんのツアーに感銘を受ける。2007年、日本統治や被爆の歴史のあるマーシャル諸島で聞いた日本語の歌に心奪われ、2011年慶應義塾大学法学部政治学科卒業後にマーシャルへ移住。ドキュメンタリー映画『タリナイ』(2018年)で初監督、編著書『マーシャル、父の戦場 ――ある日本兵の日記をめぐる歴史実践』(みずき書林)とともに、山本美香記念国際ジャーナリスト賞・奨励賞受賞。そのほかの編著書に『なぜ戦争をえがくのか ――戦争を知らない表現者たちの歴史実践』(みずき書林)。

マーシャル諸島で戦没した父を持つ74歳の「息子」の慰霊の旅に同行したドキュメンタリー映画『タリナイ』は、大林宣彦監督をして「フィロソフィーが映画になっている」と言わしめた秀逸な作品。監督を務めたのは大川史織さんです。映画からは「息子」や島の人々が大川さんに心を開いている様子が見て取れますが、実は大川さんはかつて人見知りがひどかったとか。人間関係が作れるようになったきっかけのひとつは公文式教室だったといいます。なぜマーシャル諸島へ行き映画を制作したのか、出会いに恵まれたこれまでの道のりを振り返りつつ、映像という手段をとり続ける理由などについてうかがいました。

日本とマーシャル諸島をつなぐきっかけづくりを

なぜ戦争を描くのか

私にとって、マーシャルのことを記録し、伝える方法のひとつは映像ですが、体験や記憶を語り継ぐにはさまざまな表現方法があります。今年、一冊の本を刊行しました。戦争を知らない10組13人の多彩な表現者にインタビューをした『なぜ戦争をえがくのか ――戦争を知らない表現者たちの歴史実践』です。

当事者のいない時代に戦争を考えることは、戦争を語る言葉を考えることでもあります。自分が体験していないことを表現しようとするとき、表現者はどのように体験者の声に耳を傾け、どんな言葉を選ぶのか。私自身、そうした表現に伴う葛藤を知りたかったことが出発点となった本です。

佐藤冨五郎さんの日記を読み解く過程もそうでしたが、この本づくりでも、偶然が必然のように意味を持ち始める出来事や出会いがたくさんありました。その渦中では、ただただ「楽しい」という思いがモチベーションになります。

マーシャルを知るきっかけとなった言葉は「核 環境 開発」でした。「戦争」という言葉はそこになかったのに、行ってみたら「戦争」を真ん中に置かずにはいられなくなりました。だからこそ『タリナイ』という映画が完成しました。出会い方は、伝え方を決定します。

つくづく思うことは、私は出会いの中で生かされているということです。今、生きづらさを抱えている子どもたちがいたら、「出会い」や「出会う場」が見つけられるといいなと思います。公文の教室がそのひとつになるかもしれませんね。子どもたちには、私が母から言われていた「やりたいことを見つけたら思う存分やろう」という言葉を届けたいと思います。

今後は、マーシャルへのツアーを企画できたらと夢見ています。うれしいことに、映画を観たことを機に「マーシャルへ行ってみたい」といわれることが増えてきました。

私がマーシャルを知るきっかけとなったスタディツアーはなくなってしまったので、なおさらその思いは大きいです。例えば映画の撮影地を巡るツアーなど、体験を含めた日本とマーシャルをつなぐきっかけづくりをしていきたいと考えています。

コロナ禍では実現は難しいかもしれませんが、自分の目で見て、聞いて、感じる体験は何にも代えがたいものです。そんな体験を、子どもでも大人でも、たくさんの人と分かちあえたらいいなと思います。

 

前編を読む

関連リンク

『映画タリナイ』


 

大川史織さん   

前編のインタビューから

-問いや対話を生み出すツールとしての映像
-帰国後は迷走、友人らのお陰で原点回帰
-日本とマーシャル諸島をつなぐきっかけづくりを

前編を読む

 

関連記事

2021/11/12更新

Vol.083 映画監督
大川史織さん

「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!