OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/08/13更新

Vol.080

ライター/翻訳者
堀越英美さん  後編

「正しい母」でなくてもいい
自分も子どもも縛らずに
「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

堀越 英美 (ほりこし ひでみ)

神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社、IT系企業勤務を経てライターに。二児の母。主な著書は『モヤモヤしている女の子のための読書案内』『不道徳お母さん講座』(河出書房新社)『女の子は本当にピンクが好きなのか』(河出文庫)『スゴ母列伝』(大和書房)など。訳書に『世界と科学を変えた52人の女性たち』(青土社)、『ギークマム』(オライリー・ジャパン、共訳)『ガール・コード プログラミングで世界を変えた女子高生二人のほんとうのお話』(Pヴァイン)。

女性の生き方やありように焦点を当て、多くの読者を魅了しているライター/翻訳者の堀越英美さん。史実や科学的な視点も織り込まれた作品は、「女性」「母」という呪縛にとらわれた読者の心を軽くしてくれます。著作でも翻訳書でも、著作巻末の膨大な参考文献を見てもていねいに調べられていることがうかがえますが、それができるのは公文式学習のお陰だといいます。今のお仕事に至る道のりや翻訳のコツなどとあわせてうかがいました。また、堀越さんが翻訳され、この9月にくもん出版から上梓されるアメリカの15歳の科学者ギタンジャリ・ラオさんの著作『ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる』についてもご紹介いただきました。

自分がおもしろいと思ったことを深掘りすれば
その先で仕事に巡り会える

翻訳をさせていただいていますが、じつは留学経験も海外滞在経験もありません。そんな私が翻訳本に携わってもいいのかと、いつも不安はあります。でも、だからこそ簡単な単語であっても辞書をひいて確認することにしています。専門用語については、背景知識も調べます。例えば「ナノテクノロジー」という単語が出てきたら、まずナノテクノロジーがどういうものか入門書をを読んでざっくりと理解します。そうすれば致命的な間違いは避けられます。

また、どんな文脈で使われているかによっても単語の意味が違ってくるので、Googleでフレーズごと検索していろんな例文を確認して、「この文脈でこのように使われているということは、こう訳したらいんだな」と推理することも多いです。

著者の人となりがわかれば口調もある程度想像がつくので、動画などを見て人物像を感じ取り、「この人だったらこう書くだろう」と考えて訳したりもします。翻訳は奥が深くて自分の未熟さを痛感することも多く、試行錯誤の連続です。

ただ、好きなことばかりしていたおかげで、オタク的な知識はけっこう豊富なので、例えば原書が何を下敷きに表現しているか、では日本語にしたらどんな表現が適切かと考えて訳すのは得意かもしれないと自負しています。マニアックなだじゃれも多く登場する『ギークマム』もそうして翻訳しました。この1冊だけで終わりだろうなと思ったら、意外にもこの翻訳本を機に依頼をいただくようになり、現在に至っています。

GIRL CODE

振り返ると、そのとき興味のある分野を好きなように学んでいたという感じですね。ギタンジャリさんのように目標を決めてそこに向かって…というタイプでは全然ないですが、楽しく生きています。

「どうやっていまの道に?」と聞かれれば、お金にならなくても「おもしろい」と感じたことをどんどん掘っていく、ということでしょうか。「仕事だからこれを学ばなきゃ」という義務感ではなく、自分がおもしろいと思えば、そこをどんどん掘る。そうすれば、その先で仕事に巡り会えると信じてきました。

先日も、たまたま古本屋で機械学習の本を買い、仕事での使い道はないよなぁ…と思っていましたが、ほどなくして引き受けたギタンジャリさんの本の中に、機械学習の話が出てきました。うれしい巡り合わせですね。

どんどんやってほしい「ハードファン」

関連記事

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

バックナンバー

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!