トップ > KUMON now! > トピックス > 児童発達支援施設・と放課後等デイサービスでの公文式導入(前編)

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/06/22更新

Vol.406

児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式学習(前編)  

子どもの“できた”が自信を育み
職員のステップアップにも
互いが磨き合う理念が実現

児童発達支援、放課後等デイサービスでの公文式導入は2014年から始まり、現在、全国で約100の施設と協働しています。今回ご紹介するのは、療育プログラムとして公文式を導入している児童発達支援・放課後等デイサービス「(株)ラピティ べりい・べりいー・little/ べりい・べりいー・モア」(北海道札幌市)。否定語を使わずに、子どもたちの“できた”を増やし、成功体験を積み上げていくなかで自立を養うサポートをしている施設の皆さんに、公文式学習をどのように子どもたちの療育に活用しているのかをうかがいました。前編では、施設の代表と児童発達支援の職員から、後編では、放課後等デイサービスの職員、公文式導入をサポートする公文教育研究会の社員からのお話をお伝えします。

療育と共通した“ほめる”と“スモール・ステップ”が公文式導入の決め手に

まずは、施設開所のきっかけや思い、そして公文式導入のきっかけや決め手について、「べりい・べりいー」の代表を務める住江佳子さんにお話をうかがいました。

住江代表は、ご自身が施設で働き始めた頃から児童へデイサービスを行っている施設が少なく、待機児童が多くいたことが気になっていたと言います。そこで「障害がある子どもたちの心の豊かさに触れるなかで、ノーマライゼーション(※1)の理念に基づき、関わり合う者同士が磨き合える場をつくりたい」という思いで、2012年に児童通所施設「べりい・べりいー」を開所。主に社会で自立して生きていくためのソーシャル・スキルの構築や、身体的機能の基盤をつくるための療育を行っています。

「べりい・べりいー」では、幼児から小学校低学年の児童発達支援「little(リトル)」と、小中高生対象の放課後等デイサービス「モア」という2つの施設で公文式を導入しています。

きっかけは、保護者から学習面についての悩みを寄せられることが多かったこと。職員たちと会議を重ねていくなかで浮上してきたのが公文式でした。職員自身が子どもの頃に学習を経験していたり、職員のお子さんが公文式学習を通して、「できた」という自信を育む教材の効果を実感していたことが大きかったそうです。

「できること、得意なことを伸ばし、またできないことは段階を追って徐々にステップアップしていく公文式の“スモール・ステップ”と、療育の現場で必要とされる“スモール・ステップ”は、相通ずるものを感じました。また、ほめることにより子どもたちの学習に対するイメージがポジティブに変わることは、子どもたちのさらなる可能性を広げることにもつながると考え、公文式の導入を決めました」

※1ノーマライゼーションとは?
ノーマライゼーションとは、社会福祉の分野において、障害の有無や性別、年齢の違いなどによって区別をされることなく、主体的に、当たり前に、生活や権利の保障されたバリアフリーな環境を整えていく考え方のこと。

ほめる回数が増え、職員のモチベーションに

2017年に「little」での導入がスタート。「little」には、主に0~3歳を対象に食事や身支度といった身辺自立が目的である午前の部と、主に幼稚園や保育園、小学校低学年を対象に、一人ひとりの課題にあわせてコミュニケーションやソーシャル・スキルを身に付けることが目的である午後の部があります。これらのうち午後の部で公文式が導入されました。その「little」での効果を職員たちが実感したことから、2019年には「モア」でも公文式が導入されました。

住江代表は、無理をさせるのではなく、日々の積み重ねでいつの間にかできるようになり、自然に子どもたちの自信を育んでいくことができるところに、公文式の良さを感じているそうです。

「学習レベルが上がることだけでなく、学習に臨む姿勢にも表れています。たとえば、ふだん子どもたちは今日の出来事などを話しながらワイワイとにぎやかにしているのですが、公文式学習が始まる時間になると、にぎやかだった空気が一変し、子どもたち一人ひとりが集中して問題に取り組むのです。その姿を見るたびに“ここまでできるようになった”と、いつも感動しています」

また、公文式を導入したことによって日々成長した姿を見せているのは、子どもたちだけではありません。住江代表は、職員もステップアップしていると感じているそうです。

「もともとlittleでは、子どもたち一人ひとりの成長、発達、未来を応援していく、という姿勢を大事にしているのですが、公文式を導入して以降は自然と子どもたちをほめる回数が増えていると感じています。子どもたち一人ひとりをさらによく見られるようになり、良いところ、苦手なところを細かく把握しながら、その子に合ったほめ方を考えるようになったのだと思います。これは、スタッフのモチベーション向上にもつながっていると思っています」

住江代表が「べりい・べりいー」を開所した理念でもある「触れ合う者同士がお互いに磨き合える場」が実現。公文式の導入が、施設全体にプラスの効果を生み出していることを実感しているそうです。グループの就労継続支援施設「心愛(ここあん)」でも導入を検討しており、「ゆくゆくはlittle、モア、心愛と縦のラインで公文式を学習し、社会生活に必要な自立した力をつけてもらえたらと考えています」と語っていただきました。

公文式学習導入当初に職員が感じたこととは?

関連記事

KUMONグループの活動  2021/07/27更新

Vol.406 児童発達支援・放課後等デイサービスでの

公文式学習(後編)

子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現

KUMONグループの活動  2018/03/27更新

Vol.251 療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み

障害のある子たちによりそい 一人ひとりが幸せになるサポートをしたい ~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~

KUMONグループの活動  2014/10/21更新

Vol.059 発達支援としてのKUMON-発達支援トレーニングジムしゃ~れ

一人ひとりを大切にした 発達支援が 多様な未来を拓く 放課後等デイサービス事業所、『発達支援トレーニングジム しゃ〜れ』(仙台)での公文式導入

KUMONグループの活動  2019/09/03更新

Vol.321 “つながる”療育支援―児童発達支援、放課後等デイサービス、自立訓練・就労移行支援施設での公文式

子どもから大人まで 障害や発達に課題のある一人ひとりが 真に自立した人生を歩むための支援をめざして

KUMONグループの活動  2017/11/28更新

Vol.237 「高次脳機能障害」支援拠点病院でのKUMON

笑顔で、できることを増やす リハビリテーション その日々の先に職場、学校への復帰が見えてくる ~よりそう医療、伴走しながらのサポートをめざして ~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/10/12更新

Vol.419 TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス

ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!

KUMONグループの活動  2021/10/05更新

Vol.418 SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!

読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン

KUMONグループの活動  2021/09/28更新

Vol.417 アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています

ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました

KUMONグループの活動  2021/09/21更新

Vol.416 学習療法在宅コースとは?

研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~

調査・研究・アンケート  2021/09/14更新

Vol.415 公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート

障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!