トップ > KUMON now! > トピックス > 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(5)

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/03/23更新

Vol.396

特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(5)  

学習のではなく に関心を持ち
対話を大切にすることが
子どもの自立への大きな一歩

お話:上智大学教授 奈須正裕先生

子どもを育てる親の願いであり、公文式学習が目指すところのひとつが、子どもの「自立」。このシリーズでは、さまざまな現場で今、ご活躍されている識者の方にお話を伺い、子どもの「自立」を考えながら、今日から取り組める具体的なヒントを探ります。
今回お話を伺うのは、中央教育審議会の一員として新学習指導要領の策定にも関わられた上智大学教授の奈須正裕先生。新学習指導要領が目指す学びのあり方について、さまざまなキーワードを交えていただきながら、お話を伺うことができました。

奈須 正裕(なす まさひろ)

上智大学総合人間科学部教育学科教授。神奈川大学助教授、国立教育研究所教育方法研究室長、立教大学教授などを経て2005年より現職。中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会をはじめ数々の部会の委員を務め、新学習指導要領の策定にも関わるなど、教育界のキーマンとして知られる。著書に『「資質・能力」と学びのメカニズム』(東洋館出版社)、『子どもと創る授業 ―学びを見とる目、深める技―』(ぎょうせい)ほか。

「すべての子どもは生まれながらにして有能な学び手である」

私は上智大学で教育方法学を教えています。若い頃は、小学校の先生になるつもりでした。いい授業をするためには、子どもがどう学ぶかを知る必要があります。そこで学習心理学を専攻するとともに、上手な先生の授業を見学しては、それを支える原理・原則を探ることが面白くなって、研究の方に来てしまいました。子どもの学びや成長には様々なポイントがありますが、中でも学習意欲、言い換えれば「やる気」が発揮できれば人生はなんとかなる。その意味で、知識と同様かそれ以上に大切だと思うのですが、案外と大事にされていないのを、いつも残念に思ってきました。新しい学習指導要領では、この点が大きく改善されました。今は、年間約80日ほど学校を訪問して、「やる気」の問題も含め、現場で困っている先生方の相談に乗ったり、一緒に指導案を作ったりしています。

中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会等の委員としては、2020年度から小学校で施行されている新しい学習指導要領の作成にも携わりました。こちらは、「すべての子どもは生まれながらにして有能な学び手である」、「自分の力で学び進めていくことができる存在である」という認識に立っています。これは、子どもは「やる気」を持っているし、発揮できる力を秘めているということです。学習指導要領の中での「資質・能力」に対応する学術用語は「コンピテンシー」ですが、「コンピテンシー」とはもともと「有能さ」という意味。そんな子どもの有能さをさらに学校教育を通してどう高めていくか、より良い未来社会の創り手となっていけるようどう育むか、という方向性です。

強制したり、競争させたりする必要はありません。子どもの内側から育ってくるもの、「自立」を手助けすることが学校の任務だと思っています。新学習指導要領では、「何ができるようになるか」を上位に置き、「何を学ぶか」「どのように学ぶか」は、それを実現するための手段として位置づけています。

日本の学校では、明治時代からより良い授業をするための「授業研究」を行い、切磋琢磨してきました。私は日本の小学校の質は世界一だと思っています。欧米に先駆けて、民間教育研究団体や教職員組合などが、草の根で優れた学習指導法を数多く開発し、膨大な実践に関するノウハウを蓄積してきているのです。

現実社会の問題解決に使える、活用の効く知識、「転移可能」な学力が大切

学校教育の現場では、実は子どもたちは昔から変わっていません。意味を実感できる授業をすれば、どんな子でもよく学びます。子どもはすでにいろんなことを知っていたり、経験したりしている。だから、大人は真っ白な紙に価値あることを書き込もうという構えでいてはよくないと思います。子どもがすでに持っている知識や経験を活かしたり、彼らが慣れ親しんでいる文脈や状況を取り入れたりしながら、子どもたちが主体性を発揮できるようにし、また多様な対話を交えて学び深めていくことが、新学習指導要領が目指す学びのあり方です。

例えば、十進位取り記数法も、お金のことに置き換えると、みんな知っていること。10円玉が10個で100円、100円玉が10個で1000円ということは、低学年の子どもでもよく知っていますし、上手に活用することもできますよね。それが、同じ10の構造でも他のことになると分からない。このように、ある知識や技能は、それを体得した文脈とセットで身についています。すでに知っていることが何なのかを自覚させて、そこを拠点に、見慣れない、よく知らない、初めて見る文脈に対しても同様に適用できるようにすることが大切なのです。ゼロから知識を教えるのではなく、すでに知っていること、できることを、新たな場面や文脈でも使えるようにする。教えることのかなりの部分は、こういったことでうまくいきます。

これを「学習の転移」と呼びますが、学習の転移は簡単には生じないものです。理解が浅かったり、単なる暗記では、問題状況を変えられると手も足も出ません。もっと深い理解、具体的には、どんな場合にどんな知識がどういう理由で使えるかを分かっていることが大切なのです。そのためには、最初に学ぶときに「なぜ?」と思うことが必要です。最近の入試問題では、そこを問われます。初めて見る状況で、どう考えているのか。最終的には現実世界の問題解決に使える、活用の効く知識が「転移可能」な学力と言えるのです。AO入試や推薦入試でも、それを試されることになります。

自分で計画を立て、実行し、評価し、十分にやれた場合には、何をどうがんばれたかを確認し、自分で自分を褒める。逆に、不十分だった場合には、なぜそうなったのか、どうすればよかったのかを考え、次に活かそうとする。このような、自らの学習を調整しようという態度や、実際に適切に調整できるスキルを、学習の「自己調整力」と呼びます。新しい学習指導要領では、この自己調整力も、学習評価の対象にしています。学んだ結果としての学力だけでなく、学ぶことができる力も学力であり、評価の対象にしようということです。

自己調整力は、心理学でいう「メタ認知」とも関わっています。中央教育審議会の報告書には、「自己の感情や行動を統制する能力、自らの思考の過程等を客観的に捉える力」と書かれています。自分の様子を客観的に見て、判断して、自己調整する……これこそ、目指すべき「自立」の姿ではないでしょうか。

ですから、子どもの自立を促すために、子どもに自分が主人公になって、自分で考える取り組み方をしてもらいたいのです。毎日5枚プリントをするとして、ある日子どもが4枚しかやらなかったとする。そのとき、早計に「いつもは5枚なのに、どうして4枚なの?」という言葉がけはは避けたいですね。プリント1枚から得られる学習量は、子どもによって違うんです。まずは子どもの話を聞きましょう。そして、「今日は今まで難しいと思っていたところに挑戦して、それが分かるようになった」と子どもが言うなら、プリントは1枚だってとても意味があるんです。

一生懸命考えて脳が汗をかく量を一定にする、その量を自分で判断できることが自立です。自分の内側の基準で学習し、心の満足度を自分で測れる子が、自己調整できる子ですね。一人ひとりが学びを自己調整していけるようになるには、個別的で自己決定的に学び進められる機会を数多く提供することが不可欠になってきますが、文部科学省は「個別最適な学び」という言葉で、これを推進しようとしています。そこで活躍するのが、ICT機器です。これからは、ICT環境の普及などにより、学校教育の場でも、こうした個別最適、自立重視の学びが重要視されていくでしょう。

学びの質がどう変わっていくかが、成長の証

自分の学びを自分ごととしてとらえ、納得するために、時には孤独を味わいながら一人で学ぶことも大事です。自分に向き合う訓練ですね。そうすれば、宿題や家庭学習に自分で意味づけができるのです。

親御さんも、子どもの学習を量で考えるのではなく、質で考えてあげてください。学びの質がどう変わっていくかが、成長の証です。そして、子どもが自分のやり方、自分のペースで学習を終えたら、その中身に関心を持ち、対話を大切にしてください。子どもが求めていない助言や外側からの批評よりも、「ここ難しいよね」と共感したり、面白がったりしてあげてください。それが、自立への大きな一歩になるのです。

新型コロナウイルスが世界に暗い影を落として1年が経ちました。今でもオンライン授業が主体の大学は別にして、幼稚園・保育園から小中高まで、ようやく通常に近い形で動いています。教育というのは、結局はヒューマンケアの現場です。学校の先生方も、意識して、子どもたちの心を優しく認める対応をしていると感じています。

一方、子どもは親の鏡、地域社会の鏡ですから、家庭や地域コミュニティに起因する不安や問題を引きずってしまうことはあります。不安や心配事があれば、学校の先生に相談して、家庭と学校でよく意思疎通を図ることが大切です。大人がしっかり構えて連携し、ぶれない方針を見せることが、子どもにも良い作用をもたらすと思います。

まとめ ~「自立」のためにできること~

・子どもには、自分が主人公になって、自分で考える取り組み方をするように促そう。
・自分の学びを自分ごととしてとらえ、納得するために、時には孤独を味わいながら一人で学ぶことも大事。
・子どもが自分のやり方、自分のペースで学習を終えたら、その中身に関心を持ち、対話を大切にしよう。

関連リンク
上智大学

関連記事

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2020/07/08更新

Vol.363 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)

親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/11/17更新

Vol.379 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)

子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/10/26更新

Vol.420 英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続ける大切さ

好きなことを探求する先に出合う無限の可能性

KUMONグループの活動  2021/10/12更新

Vol.419 TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス

ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!

KUMONグループの活動  2021/10/05更新

Vol.418 SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!

読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン

KUMONグループの活動  2021/09/28更新

Vol.417 アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています

ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました

KUMONグループの活動  2021/09/21更新

Vol.416 学習療法在宅コースとは?

研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 後編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!