KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366

浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」  

災いから子どもを守りたい
浮世絵から見える母親の愛情

KUMONでは1986年から子ども文化研究のために浮世絵を中心とした文化史料を収集・研究してきました。今回は江戸時代の母親の想いに迫る浮世絵を紹介します。浮世絵から垣間見える江戸時代の人々の暮らしを一緒に想像してみましょう。

“子どもを守る”巾着の中身は?

公文浮世絵:「お守り」『今様女扇』 菊川英山 文化8(1811)年

虫の音が聞こえる季節になりました。
虫の音は夏から秋にかけての日本の風物詩ですが、江戸時代には今頃になるとスズムシ、マツムシ、クツワムシ、ホタルなどとともに虫籠(むしかご)を売り歩く行商人もいたようです。

今回の浮世絵は菊川英山の「今様女扇」という作品を紹介します。
母親が右手に虫籠を持っていますね。手ぬぐいを首にかけていて、暑さを感じさせますが、これから朝の洗顔でもするのでしょうか。弁慶格子模様の着物の腰に赤い巾着をつけた幼子は、母が持っている虫籠を見つけ、虫籠の中の虫を見たくて夢中で背伸びをしてとろうとしているようです。上の「扇」には秋の七草の桔梗(ききょう)が白抜きで描かれており、虫の音とともに秋の足音も聞こえてきそうですね。

公文浮世絵:「お守り」赤い巾着(『今様女扇』部分)

いまだに新型コロナウイルスの感染が続いていますが、江戸時代は衛生面が悪い上に医療水準も低く、特効薬もワクチンもありませんから、天然痘(ほうそう/とうそう)や麻疹(はしか)などの疫病が人々を苦しめました。母親たちは恐ろしい疫病から我が子の命を守りたい一心で、お守りや迷子札を入れる巾着を手作りして子どもに着けさせていました。浮世絵の中に描かれた小さな赤い巾着からも、そんな温かい親の愛情を感じ取ることができるのではないでしょうか。

公文浮世絵:「お守り」背守り(結び文) 公文浮世絵:「お守り」背守り(くくり猿)

当時は巾着の中のお守り以外にも、子どもを守る様々な風習がありました。幼い子どもが着る一つ身の着物には背縫いがなく、災いが背中から入り込むと信じられていました。そこで母親は愛情を込めて背縫いの代わりに「背守り」を一針一針縫い込んだといいます。また、背守りとして背中に「結び文(結び目)」や願いを叶えるために「くくり猿」というお守りをつけることもありました。猿は欲望のままに動き回りますから手足を括り付けることで、欲を押さえて願いを叶える意味が込められているといいます。

子どもを描いた浮世絵を注意深く見ていると当時のお守りを発見できるかもしれませんよ。

関連リンク
くもん子ども浮世絵ミュージアム

関連記事

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/07/07更新

Vol.362 浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」

裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~

KUMONグループの活動  2020/10/06更新

Vol.373 浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」

神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/11/10更新

Vol.378 浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」

子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!