トップ > KUMON now! > トピックス > 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/08/06更新

Vol.317 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行  

過去に学び、未来を描く
次世代へ手渡される
バトン

2019年5月に広島平和記念資料館が全面リニューアルオープンし、来年は広島と長崎に原爆が投下されてから75年目を迎えます。そういう中で、くもん出版は6月に、児童向けノンフィクション『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行しました。
本著は、2020年7月、日本子どもの本研究会の第4回作品賞を受賞しました。

高校生による証言者からの平和を受け継ぐプロジェクト

この本は、広島県広島市立基町高校の「次世代と描く原爆の絵」プロジェクトを追ったものです。「次世代と描く原爆の絵」プロジェクトとは、本のサブタイトルに“広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶”とあるとおり、被爆体験証言者の声を、そして見た光景を、広島市立基町高校で美術を学ぶ生徒が絵にして記録するという取り組みです。

この取り組みは、広島平和記念資料館の依頼によって2007年に始まりました。40名の証言者の記憶を111名の高校生が記録として一枚の絵に描き、2018年夏までに、合計134点を同資料館に寄贈してきました。

原爆が投下されてから長い年月が過ぎ、やがて被爆者がこの世からいなくなれば、記憶は失われていきます。「このままでは、原爆のことが忘れられてしまう」と、勇気を振りしぼって立ちあがった証言者と高校生が何度も会い、一年をかけて一枚の絵にしていきます。

戦争も原爆も、高校生には全く想像ができない状況です。証言者は、絵にしてもらうことの難しさに、一方、高校生たちは証言を正確に描くことの難しさに何度も直面します。

例えば、「ゲートル」といわれても、今の高校生にはなんのことだか、どんな形や色をしていたかさっぱりわかりません。これはズボンのすそを押さえて足を守るために、戦時中多くの男性が足首からひざまで巻きつけていた長い布のことですが、高校生たちは、図書館や資料館へ何度も足を運び、ひとつひとつ学習しながら、デッサンを進めていったといいます。

作家でジャーナリストの弓狩匡純さんは、証言者と密に接することで、平和な広島で今を生きる高校生たちが戦争や原爆を見つめなおしていくさまを綿密に取材し、この本を執筆しました。弓狩さんは本書のあとがきで、こう述べられています。

「わたしたちは、幸運なことに平和な世界に住んでいます。とはいえ、そのほんとうの尊さを知るためには、過去の歴史を自分のものとして受けとめ、そこから生きる意味を学んでいかなければなりません。」

読者の子どもたちは、彼らの祖父母さえ、もはや戦争を知らない世代かもしれません。だからこそ平和な時を長く積みかさねてこられたことの意味を考え、次の世代に平和のバトンをつなぐことが大切です。KUMONはそのことにこの本を通して多くの方が気づいてくれることを願ってやみません。

~著者の弓狩匡純氏の講演会が下記日程で行われます~
日時:2019年8月9日(金)18:00~19:30
会場:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目5−1 教文館ビル6階 ナルニア国 店内
参加費:1,000円
★申込方法など、詳しい情報はこちら 教文館ホームページ『平和のバトン』刊行記念 弓狩匡純氏講演会

関連リンク
くもん出版商品詳細ページ
プレスリリース『平和のバトン』刊行

関連記事

KUMONグループの活動  2020/07/22更新

Vol.364 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/10/13更新

Vol.375 受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!

日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!

KUMONグループの活動  2020/10/09更新

Vol.374 感染対策の中での学習療法

こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~

KUMONグループの活動  2020/10/06更新

Vol.373 浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」

神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~

KUMONグループの活動  2020/09/29更新

Vol.372 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371 公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?

フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.064 前編
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!