トップ > KUMON now! > トピックス > 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/08/06更新

Vol.317 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行  

過去に学び、未来を描く
次世代へ手渡される
バトン

2019年5月に広島平和記念資料館が全面リニューアルオープンし、来年は広島と長崎に原爆が投下されてから75年目を迎えます。そういう中で、くもん出版は6月に、児童向けノンフィクション『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行しました。

高校生による証言者からの平和を受け継ぐプロジェクト

この本は、広島県広島市立基町高校の「次世代と描く原爆の絵」プロジェクトを追ったものです。「次世代と描く原爆の絵」プロジェクトとは、本のサブタイトルに“広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶”とあるとおり、被爆体験証言者の声を、そして見た光景を、広島市立基町高校で美術を学ぶ生徒が絵にして記録するという取り組みです。

この取り組みは、広島平和記念資料館の依頼によって2007年に始まりました。40名の証言者の記憶を111名の高校生が記録として一枚の絵に描き、2018年夏までに、合計134点を同資料館に寄贈してきました。

原爆が投下されてから長い年月が過ぎ、やがて被爆者がこの世からいなくなれば、記憶は失われていきます。「このままでは、原爆のことが忘れられてしまう」と、勇気を振りしぼって立ちあがった証言者と高校生が何度も会い、一年をかけて一枚の絵にしていきます。

戦争も原爆も、高校生には全く想像ができない状況です。証言者は、絵にしてもらうことの難しさに、一方、高校生たちは証言を正確に描くことの難しさに何度も直面します。

例えば、「ゲートル」といわれても、今の高校生にはなんのことだか、どんな形や色をしていたかさっぱりわかりません。これはズボンのすそを押さえて足を守るために、戦時中多くの男性が足首からひざまで巻きつけていた長い布のことですが、高校生たちは、図書館や資料館へ何度も足を運び、ひとつひとつ学習しながら、デッサンを進めていったといいます。

作家でジャーナリストの弓狩匡純さんは、証言者と密に接することで、平和な広島で今を生きる高校生たちが戦争や原爆を見つめなおしていくさまを綿密に取材し、この本を執筆しました。弓狩さんは本書のあとがきで、こう述べられています。

「わたしたちは、幸運なことに平和な世界に住んでいます。とはいえ、そのほんとうの尊さを知るためには、過去の歴史を自分のものとして受けとめ、そこから生きる意味を学んでいかなければなりません。」

読者の子どもたちは、彼らの祖父母さえ、もはや戦争を知らない世代かもしれません。だからこそ平和な時を長く積みかさねてこられたことの意味を考え、次の世代に平和のバトンをつなぐことが大切です。KUMONはそのことにこの本を通して多くの方が気づいてくれることを願ってやみません。

~著者の弓狩匡純氏の講演会が下記日程で行われます~
日時:2019年8月9日(金)18:00~19:30
会場:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目5−1 教文館ビル6階 ナルニア国 店内
参加費:1,000円
★申込方法など、詳しい情報はこちら 教文館ホームページ『平和のバトン』刊行記念 弓狩匡純氏講演会

関連リンク
くもん出版商品詳細ページ
プレスリリース『平和のバトン』刊行

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/08/06更新

Vol.317 『平和のバトン ─ 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』を刊行

過去に学び、未来を描く 次世代へ手渡されるバトン

調査・研究・アンケート  2019/07/30更新

Vol.316 Facebookアンケート調査

令和時代に挑戦したいことは?

2019/07/16更新

Vol.315 アメリカで学習療法シンポジウム開催

アメリカで 学習療法導入施設によるシンポジウム (SAIDO Symposium 2019)開催!

KUMONグループの活動  2019/07/09更新

Vol.314 「くもんのすいせん図書一覧表」への想い

「子どもたちに より多くの本と出合ってほしい」 ~公文式国語と「くもんのすいせん図書一覧表」との関係~

KUMONグループの活動  2019/07/02更新

Vol.313 ウルグアイ東方共和国に公文式教室開設

ウルグアイ東方共和国に公文式教室開設 ~南米7か国に展開~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.063 後編
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.063 前編
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
Vol.061
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.056 後編
声楽家
安田祥子さん 
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.056 前編
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
Vol.054
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。