トップ > KUMON now! > トピックス > 「こどもえんぴつ もちかたサポーター」ってどんな商品?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/05/30更新

Vol.211

「こどもえんぴつ もちかたサポーター」ってどんな商品?  

大好評!
「こどもえんぴつ もちかたサポーター」
教室現場
の声から生まれたアイディア商品

「えんぴつは持てるけど、なかなか正しく握れない」。「これからえんぴつを使い始めるのに、初めから正しい持ち方で使わせたい」。このような声に応える形で2017年3月に発売した「こどもえんぴつ もちかたサポーター」。かわいい外見に加え、簡単に正しく持てると好評で、発売後すぐに追加生産となりました。今回は、この商品について詳しくご紹介します。

「こどもえんぴつ もちかたサポーター」って、どんな商品なの?

「くもんのこどもえんぴつ」は、軸が少し太めの三角形なので、3本の指で3つの面を押さえれば、正しく持ちやすい仕組みになっています。しかし、正しくない持ち方で慣れてしまったお子さまの場合は、こどもえんぴつを使っても正しく持つことがむずかしいケースもあるようです。そんな時のお役立ちアイテムが、「こどもえんぴつ もちかたサポーター」です。

使い方は簡単。サポーターをこどもえんぴつに差し込みます。そして、「うさぎさんの耳(もしくは車)の間に指を置いてみようね」などと声を掛けながら、人差し指をサポーターの間において、親指と中指で軽くにぎるだけ。なかなか正しく持てなかったお子さまも、これがあれば無理なく自然と正しく持つことができるようになります。


サポーター本体の間に人差し指を入れたら、「うさぎ」と
「くるま」の面に書いてある星マークに親指と中指をそえます。

公文式教室の先生のアイディアから生まれました

この『こどもえんぴつ もちかたサポーター』、実は教室の先生からご提案いただいたことがきっかけで生まれました。なかなか正しく鉛筆を持ってくれなかった生徒に、市販のクリップをサポーター代わりにしてみたところ、効果が見られたそうです。その形状を生かしつつ、かわいらしく、やわらかい素材で作ることはできないか、とお声がけをいただきました。教室での効果もあったものの、改めてサポーターの試作品でモニターをしてみると…。

わしづかみのような持ち方や、くせがついてしまっている場合でも、このサポーターを使って持つと、きれいに正しく握れるようになっていました。複数のお子さまに使ってもらったモニターでの効果は抜群。これを商品化することで、えんぴつの持ち方に悩んでいた保護者や、これからえんぴつを持つ小さなお子さまにも役立てると確信しました。

発売後は、教室はもちろん、書店店頭で行っている「くもんの幼児ドリル体験会」でも、その効果を実感していただいています。ゴールデンウィークに開催された「上野の森親子フェスタ2017」では、初日で完売してしまうほどの人気でした。

正しい持ち方でえんぴつを持つと、力がしっかり加わるので、線を引くこと、文字を書くことの上達が早いようです。この効果を少しでも多くの方々に実感していただきたいと思っています。

「くもんのこどもえんぴつ」シリーズとは?

太くて握りやすいので、正しい持ち方が身につく、くもんオリジナルのえんぴつのシリーズです。芯の濃さが6B、4B、2Bとあり、年齢に応じて使い分けることができます。初めてえんぴつを持つ小さなお子さまは、筆圧がなくても濃く書ける短めの6Bからお使いいただき、手が大きく、筆圧も強くなるにしたがって、4B、2Bとステップアップすることができます。このほか、えんぴつの芯を保護する「キャップ」や、短くなったえんぴつに差して使う「ホルダー」、専用の「えんぴつけずり」2種(青・赤)など、ラインナップも充実しています。

 

 

関連リンク
くもんのこどもえんぴつ開発ストーリー|KUMON now!トピックス

関連記事

子育て・家庭学習  2015/08/11更新

Vol.099 くもんのこどもえんぴつ

「くもんの こどもえんぴつ」 開発ストーリー 年間9万箱以上を出荷する鉛筆の秘密

KUMONグループの活動  2017/04/28更新

Vol.206 くもん出版が子どもから学ぶ場

お客さまとの接点から新たな価値を生み出す ~くもん出版の各種体験会、上野の森親子フェスタ~

KUMONグループの活動  2018/04/24更新

Vol.254 「読み・書き・計算」トレーニングで
脳を活性化!

「川島隆太教授の 脳を鍛える大人のドリル」 発売15周年!

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!