KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/03/14更新

Vol.198 日本語もKUMON―
日本コンピューター株式会社  

仕事でも生活でも感じる「日本語の力」
先生とのオンライン音読レッスン

「学びのチャンス」

「保健」「福祉」「介護」などの自治体業務が円滑に行われるためのシステムの企画・開発に取り組み、安心・安全で豊かな生活の基盤を支えている日本コンピューター株式会社。同社では3年前からベトナム人の社員が働いています。日本語力の向上に伸び悩んでいる社員の姿に「何かいい学習方法はないだろうか」と、昨年から導入を始めたのが公文式日本語プログラム(通信)でした。導入から約1年を経た今、公文式の学習効果についてどのように感じているのか、導入担当者と実際に学習されている社員の方々にお話をうかがいました。

先生とのたわいない会話が学習する「楽しさ」に


ブイ・テー・ミン・ルアンさん

次に、自治体の保健システムを担当し、設計開発に携わっているブイ・テー・ミン・ルアンさんにお話をうかがいました。

―― 公文式で日本語を学んでみて、いかがですか?
ルアンさん: 私が一番いいと思うのは、月に2回の「オンライン音読レッスン」です。わからないところを先生に直接聞けるのがいいですね。例えば、日本語の意味はわかっても、どういう時に使うものなのか、どういう時は使わないものなのかということは、先生に教えてもらわないとわからなかったりするので、とても良いです。先生は優しくて、いつも笑顔。日本語の学習以外のことについても、日本の生活や文化のことをたくさん教えてくれて楽しいです。

―― 仕事においては、どんな効果が表れていますか?
ルアンさん: 会話では、まだ困ることもありますが、それでも以前よりは良くなったと思います。システムの説明は複雑なので説明しきれないところもありますが、だいぶ相手にも伝えられるようになってきました。自分の日本語能力がアップしていることを実感しています。

―― 日常生活ではいかがですか?
ルアンさん: 『ワンピース』など日本のマンガを読んだり、テレビアニメを見たりした時に、わかる日本語がどんどん増えてきました。また、スーパーで買い物をする時も、商品に書いてある説明文を読んで、なんとなくどういうふうに使うものなのかということが理解できるようになり、うれしいです。

―― 今後については、いかがですか?
ルアンさん: 自分の日本語能力に自信を持って、相手と話できるようになりたいと思います。

「面倒」「不安」の印象から始まった公文式
今では苦手だった「音読」も大好きに


チン・タン・ロンさん

最後に、タイに在住の日本人女性を対象としたウェブサイトのシステム設計開発を担当しているチン・タン・ロンさんにお話をうかがいました。

―― 公文式学習の印象はいかがですか?
ロンさん: 私は先輩からすすめられて始めたのですが、最初は簡単だったので「本当に力がつくのかな」と思いましたし、「くり返しはちょっと面倒だな」と思ったんです(笑)。それと、月2回の「オンライン音読レッスン」に対しては、日本人の先生に質問をされた時に、ちゃんと答えられるかどうかが不安でした。でも、それらはすべてすぐにクリアになりました。

―― 教材についてはどんなところが良かったですか?
ロンさん: 私は読むことが苦手だったのですが、日本の昔ばなしや、日本の歴史など、自分が興味のある内容もあったので、いつの間にか読むことが好きになりました。そのおかげで、日本語のアクセントに慣れてきて、仕事でもスムーズに会話ができるようになってきました。

―― 毎日、どのくらい勉強していますか?
ロンさん: 平均で1時間くらいしています。

―― 日常生活では、どのように役立っていますか?
ロンさん: 私はテレビを見ることが好きで、よく日本のニュースを見ています。公文式のおかげで理解できる部分が増えてきて、半分くらいはわかるようになりました。それから以前日本語があまり話せなかった時は、行きたい所があってもなかなか行けなかったのですが、最近では遊園地に行ったり、花を見に行ったりして楽しんでいます。

―― 今後の目標について教えてください。
ロンさん: 日本語能力試験1級合格を目指して頑張りたいと思います。

今回お話をお聞きした学習者3名のうち、ダンさんとルアンさんは取材時にはすでに公文式日本語プログラムを修了されていました。ロンさんも修了目前ということで、3名とも短期間で日本語プログラムを修了されるという素晴らしい努力をされています。公文式日本語プログラムで培った日本語力を土台にしたこれからのご活躍が楽しみです。

関連リンク
日本コンピューター株式会社

null 外国人社員や外国人技能実習生の「日本語力」アップに。
企業での公文式
外国人社員のための日本語
一人ひとりの日本語能力に応じた個人別学習を提供する
公文式日本語が注目されています
詳細をみる

関連記事

KUMONグループの活動  2013/10/29更新

Vol.009 日本語もKUMON-富士ゼロックス

公文式日本語学習で、仕事もコミュニケーションも レベルアップ  富士ゼロックス株式会社での公文式日本語学習導入

KUMONグループの活動  2014/08/20更新

Vol.050 日本語もKUMON-山梨学院大学

世界のトップアスリートでもある スポーツ留学生の 日本語力養成にぴったりの学習法 超多忙なトップアスリートたちが学ぶKUMONの日本語教材

KUMONグループの活動  2014/05/13更新

Vol.036 日本語もKUMON-FAIS

大学・大学院の留学生も 日本語はKUMONで! FAIS(公益財団法人北九州産業学術推進機構)での公文式日本語学習導入

KUMONグループの活動  2016/12/13更新

Vol.185 日本語もKUMON-動画レポート

学習者の夢をかなえるための公文式日本語 ~学習者の夢、指導者の想い~

KUMONグループの活動  2016/08/30更新

Vol.171 日本語もKUMON-フジアルテ株式会社

仕事の幅を広げた公文式日本語学習 上達の実感が学習継続のモチベーション

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/04/07更新

Vol.349 公文書写-「百人百筆」続編

つづけてよかった公文書写 ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

KUMONグループの活動  2020/03/17更新

Vol.345 寺子屋で学んだ子どもたち

江戸時代に求められた寺子屋での学び

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.061 後編
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.061 前編
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!