KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/07/26更新

Vol.165 児童養護施設でのKUMON-青雲寮  

子どもたちに
選択できる人生”を歩んでほしい

施設の子どもたちの「社会的自立」を
サポートするのがわれわれ職員の大切な役割です!

今回ご紹介する児童養護施設・青雲寮(沖縄県糸満市)は、子どもたちの“学習”に特に力を入れています。青雲寮が大切にしている“学習”のねらいは「基礎学力の定着と向上」であり、「毎日学習する習慣づけ」であり、「もっと学びたいという意欲を育てること」です。この“学習”を通して、子どもたちの将来の自立を大きく支えたい。青雲寮では、施設長をはじめ、職員のみなさん全員が同じ「志」で子どもたちに向きあっています。

厚生労働省の資料によれば、児童養護施設の役割は「保護者のない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童(特に必要な場合は乳児を含む)を社会的に養護する」とあります。現在、全国に600か所ほどあり約3万人の子どもたちが生活し、近隣の学校に通っています。また、児童養護施設へ入所する子どもたちのおおよそ6割が虐待を経験しているという調査結果もあります。児童養護施設を含め、社会的養護を必要とする子どもたちが生活している施設の詳細は記事末尾の関連リンク「厚生労働省資料」からご覧ください。

“基礎学力”と“もっと学びたい”という気持ちが人生を拓く

那覇市より車で30分ほど南下した糸満市に児童養護施設・青雲寮(運営母体は社会福祉法人・袋中園<たいちゅうえん>)はあります。袋中園が運営する児童養護施設には「青雲寮」、地域小規模施設の「ともいき」と「つきかげ」があり(以後、総称して「青雲寮」と表記)、幼児から高校生までのあわせて36人の子どもたちが暮らしています。どの子も、沖縄の自然に溶け込んだように、たくましく育っています。

まず、青雲寮の施設長である山本先生に、施設の状況や子どもたちの将来についてうかがってみました。


山本牧生園長
子どもたちの「社会的自立」を目指し
“学習”に注力していらっしゃいます

「全国学力テストの結果などでもわかるように、沖縄県は全国的に見ると学力が低い地域ということになります。また、これは全国共通なのでしょうが、児童養護施設の子どもたちの学力は低い傾向にあると思います。しかし、それは施設に入るまで、学習らしい学習をする環境ではなかったためとも考えられます。施設に入ってくる子たちの半数以上は虐待を体験していますし、昼夜逆転で朝昼夕と食べるのさえままならない生活というケースも少なくありません。毎日机に向かうという気力もエネルギーもないような状況だった子が多いのだと思います」。

「ですから、まず“知らないことを学ぶのはオモシロイ”“できなかったことができるようになって楽しい”といった気持ちをもってほしいですし、毎日学習する習慣もつけてほしいのです。この二つがあれば、学力はおのずとアップしていき、基礎学力もつくと思います。基礎学力はとても大切です。自分はだいじょうぶだ、という自信や自己肯定感が育ちますし、進学先や就職先を選ぶとき、学力が不足しているために余儀なく別の道を選ぶということを最小限にできますから」。


青雲寮で大切にしている
子どもたちとの4つの約束

「“知らないことをもっと学びたい”“そのために努力しよう”という気持ちがあれば、ここを巣立ち社会に出てからも、立ち止まることなく、自分で考え、選択した道をしっかり歩んでいける人になってくれると思います。前向きに生きていけるとも思っています。いろいろ考えてみて、基礎学力とともに、そういった気持ちを育てるには公文式がもっとも合っていると感じています。公文式はわたしの前の施設長が導入を決めたのですが、まったく同じ想いで導入(算数・数学と国語)されたと聞いています」。

山本先生の言葉を裏づけるように、青雲寮の高校進学率はもちろん100%で、沖縄県立芸術大学へ進む子、手に職をつけたい、資格をとりたいと専門学校を選ぶ子も増えています。さらに、国立の高知大学に進学した子も。みな、志を持ち、一歩一歩しっかりと前へ進んでいます。

 

全職員で心がけていることとは?

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2016/05/31更新

Vol.153 児童養護施設でのKUMON-窓愛園

どの子にも伸びる可能性がある 「“窓愛園の子どもたちは、 みんな勉強ができますね”と 評判になってくれたらうれしいです」

KUMONグループの活動  2015/12/01更新

Vol.117 児童養護施設でのKUMON-吉敷愛児園

 「基礎学力やみずから学ぶ姿勢は 生きていくうえでの財(たから)ですね」

KUMONグループの活動  2017/06/27更新

Vol.215 児童養護施設でのKUMON-飛鳥学院

将来の自立に向けて、 もっと自分の可能性を 引き出してほしい

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!