KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/12/01更新

Vol.117 児童養護施設でのKUMON-吉敷愛児園  

 「基礎学力みずから学ぶ姿勢
生きていくうえで財(たから)ですね」

児童養護施設は全国に600ほどあり(2014年10月、厚生労働省調査)、そこでは幼児から18歳の子どもたち、約3万人が生活しています。子どもたちはどんな生活を送り、どんな人生を歩んでいくのでしょうか。山口県山口市の吉敷愛児園(よしきあいじえん)を訪ねました。

※児童養護施設以外にも、社会的養護を必要とする子どもたちが多数います。詳細は記事末尾の関連リンク(社会的養護の現状について・厚生労働省)をご参照ください。

子どもたちは、いずれ園を巣立ち、社会で生きていかなくてはいけない。
「だからこそ、生きていく力を育むことがもっとも大切だと考えています」

JR新山口駅から車で20分ほど、住宅街からちょっと離れた山あいに吉敷愛児園(同名の社会福祉法人が運営母体)はあります。木々に囲まれ、敷地内を流れる小川のせせらぎの音が心地よく耳に響く閑静な場所。近くには「ぐち聞き地蔵」で知られる龍蔵寺があります。もともと吉敷愛児園(以下「愛児園」)は、第2次世界大戦後、龍蔵寺の住職だった宮原美妙さんが寺の庫裡(くり)で戦災孤児たちをあずかって育てたのがはじまりだったといいます。

ただ、当時は戦後の混乱が大きく、食べるものは極度に少なく、近隣の病院は傷病者であふれ、あずかった子どもたちが健やかに育つのにはほど遠い日々。そうして終戦から3~4年がすぎたころ、少なくない数の子どもたちが相次いで他界するという事態に……。このころは、日本全体が栄養状態がよくなく、薬も医療設備も不足していたため、ちょっとした傷病で命を落とす子どもたちがめずらしくない時代でした。宮原美妙さんは深く心を痛め、子どもたちのせめてもの慰霊にと塔をつくり、「愛児の塔」と名付けました。龍蔵寺の境内の一角に、この塔はあります。


井原園長
多忙な園の仕事のかたわら、地元の短期大学の
保育科の非常勤講師も勤める

それから約70年。時代も社会も大きく変わりました。愛児園に入ってくる子どもたちも変わってきたといいます。そのあたりのことから、愛児園の園長、井原先生にうかがってみました。井原園長は「入園する子どもたちの変化」「児童養護施設の現状と役割」「新しく入園する子どもたちにまずすること」などを一気に語ってくださいました。

「そうですね、これは全国どの児童養護施設でも同じような状況だと聞いていますが、ネグレクトを含めれば、園に入ってくる子どもたちの6割あるいは7割くらいが虐待を受けてきています。とても悲しくて深刻なことだと受けとめています。ただ、親御さんを責めるのは何か違うのかなと思うのです。社会全体、あちこちに何かしらの歪みが生じていて、それがいちばん弱い立場の子どもたちにおおいかぶさっているような気がしています」。

「ここ数年は発達障害のある子たちが入園することも増えてきました。以前から一定の割合でいたのですが、最近増えてきたな…というのが実感です。障害の診断が精緻になったことも影響しているのでしょうが、それ以外の要因もあるような気がします。いずれにしても、被虐待児の心のケア、障害のケアをしながら、子どもたちに社会で生きていく力を育んでいくのが、私たちの大きな役割だと考えています。いずれ、子どもたちはこの園を巣立っていかなくてはなりませんから」。

「生きていく力を育む。この言葉に、重い責任を感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも、いろんな力がいっしょになっての“生きる力”だと思っています。自己肯定感、自分の気持ちをコントロールする、基礎的な学力や学ぶ姿勢。きちんとした生活のリズムも入りますね。ご家庭であれば、お父さんお母さんといっしょに育んでいくのでしょうが、わたしたちは、子どもたちをおあずかりしたその日から巣立ちの日、多くは高校3年の3月までに、そういった力を子どもたちが育んでいけるよう、迷い、悩み、ときには試行錯誤しながら、子どもたちと向き合っています」。

「もっと身近な、生きていく力もあると思います。たとえば、ご飯が炊ける、お風呂が沸かせる、お掃除ができる。子どもたちのなかには、もとのご家庭へもどる子、里親制度で新しいご家庭に入る子もいます。シングルマザー、ご両親共働きということもめずらしくないので、親御さんが仕事から帰ってきたとき、“ご飯炊けてるよ!”“お風呂沸いてるよ!”と子どもたちが笑顔で言えたら、親御さんはうれしいでしょうし、何より家のなかが和みますよね」。

「園に入ってくる子どもたちに、まず心とからだで感じてほしいのは、ここが安心して生活できる場所だということ。園に入る前は、学校に行っていない、昼夜逆転に近い生活、いつも空腹を感じている、といった子も少なくありません。そういう環境では、集中力が極端に低かったり、気分の上下が激しかったりというのは当然だとも思います。ここで、きちんと眠って、朝起きて、朝食をとって、学校に行く。そんな、ふつうの生活を送っていくと、子どもたちの気持ちはしだいに落ち着いてきますし、笑顔がもどってきます。その笑顔が、わたしたちはうれしいですし、癒されます」。

公文式学習の主担当の先生と園長の強い想いとは?

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2016/05/31更新

Vol.153 児童養護施設でのKUMON-窓愛園

どの子にも伸びる可能性がある 「“窓愛園の子どもたちは、 みんな勉強ができますね”と 評判になってくれたらうれしいです」

KUMONグループの活動  2016/07/26更新

Vol.165 児童養護施設でのKUMON-青雲寮

子どもたちに “選択できる人生”を歩んでほしい 施設の子どもたちの「社会的自立」を サポートするのがわれわれ職員の大切な役割です!

KUMONグループの活動  2017/06/27更新

Vol.215 児童養護施設でのKUMON-飛鳥学院

将来の自立に向けて、 もっと自分の可能性を 引き出してほしい

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!