KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/01/12更新

Vol.129

東京中華学校での公文式日本語導入  

もう日本語はこわくない
これなら「わかる」、
これなら「できる」学ぶ自信に!

東京・四谷にある東京中華学校では、週に2回、放課後に中国や台湾からの転入生のための日本語補習授業が行われています。このクラスに、昨年1月から公文式日本語が導入されました。今回は、日本語補習クラス担当の高橋先生と国語担当の伊藤先生のお二人に、クラスの様子をうかがいました。

日本語のレベルがばらばらでもOK
だから取り入れた公文式

東京中華学校の日本語補習授業は、週に2回、放課後に1時間行われています。しかし、生徒は小学生から高校生までと年齢層も幅広く、日本語レベルもばらばら。クラスを受け持つ高橋先生は、まさに「てんてこまい」。レベルの異なる生徒に教える難しさを感じていたそうです。昨年の1月から公文式日本語を導入した結果、子どもたちの表情も意欲も、それまでとは見違えるほど変わったそうです。

―― これまでの日本語補習クラスの様子を教えてください。


日本語補習クラス担当 高橋先生

伊藤: 私がこの学校に赴任したのが13年前です。その頃、転入生は中学生と高校生を合わせて20人弱でしたが、全員、午後の授業は日本語教師が行う日本語のクラスに出ていたんですね。しかも専門の日本語教師が数人いましたので、クラスを初級と中級に分けることができて、かなり手厚い日本語教育ができていたんです。当時は、市販の日本語学習書を使って授業をしていました。
 
高橋: 私がクラスを受け持つようになった6、7年前からは7時限目の取り出し(補習が必要な生徒だけを選んで、別の教室で日本語を教えること)と放課後の2時間、週2回の補習授業という形になりました。そのころ、転入生は減ってきていて、しかも親御さんの転勤などの一時滞在がほとんどでした。ですから、不十分ながらも私一人で対応していたのですが、その後、クラス授業を重視するという学校の方針で取り出しは無しになり、週2回放課後1時間のみに減りました。ここ3、4年は中学・高校の転入生が増えてきて、さすがに一人では見きれなくなってきました。他の先生の応援を得て、初級と中級に分けて対応した年もありました。しかし、2年前に20人ほどの転入生を一度に任されたときは本当に困りました。その頃、学校の中高部では日本語での授業が増えてきていましたし、レベルも進むスピードも全く異なる生徒に対して週2時間の補習では正直対応しきれず悩んでおりました。

―― そのころ、教材はどうされていたのでしょうか?


国語担当 伊藤先生

高橋: 私は、長く日本語教師をやってきていましたので、それまで日本語学校の授業で使用してきた教材を活用して、自分でも作ったりしていたんです。ところが、小学生から高校生までどの子に合わせても、簡単になりすぎたり、難しくなりすぎたりして、週2時間のクラスとしてうまくいきませんでした。

―― 公文式日本語を取り入れようと思った理由は何だったのでしょうか?

高橋: 私自身が最も悩んでいたのは、それぞれの子どもたちに合わせた授業ができないということでした。その点、公文式は、その子のレベルに合わせて、しかも進み具合もそれぞれの子どもの能力に合わせて学習することができます。そうした公文式のやり方は知っていましたし、公文式には中国語で学べる日本語の教材もあるということも知っていました。そこで、公文式を取り入れてみようと思ったんです。

 

公文式を導入して起こった変化とは?

タグ
関連記事

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!