KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/01/12更新

Vol.129 東京中華学校での公文式日本語導入  

もう日本語はこわくない
これなら「わかる」、
これなら「できる」学ぶ自信に!

東京・四谷にある東京中華学校では、週に2回、放課後に中国や台湾からの転入生のための日本語補習授業が行われています。このクラスに、昨年1月から公文式日本語が導入されました。今回は、日本語補習クラス担当の高橋先生と国語担当の伊藤先生のお二人に、クラスの様子をうかがいました。

日本語のレベルがばらばらでもOK
だから取り入れた公文式

東京中華学校の日本語補習授業は、週に2回、放課後に1時間行われています。しかし、生徒は小学生から高校生までと年齢層も幅広く、日本語レベルもばらばら。クラスを受け持つ高橋先生は、まさに「てんてこまい」。レベルの異なる生徒に教える難しさを感じていたそうです。昨年の1月から公文式日本語を導入した結果、子どもたちの表情も意欲も、それまでとは見違えるほど変わったそうです。

―― これまでの日本語補習クラスの様子を教えてください。


日本語補習クラス担当 高橋先生

伊藤: 私がこの学校に赴任したのが13年前です。その頃、転入生は中学生と高校生を合わせて20人弱でしたが、全員、午後の授業は日本語教師が行う日本語のクラスに出ていたんですね。しかも専門の日本語教師が数人いましたので、クラスを初級と中級に分けることができて、かなり手厚い日本語教育ができていたんです。当時は、市販の日本語学習書を使って授業をしていました。
 
高橋: 私がクラスを受け持つようになった6、7年前からは7時限目の取り出し(補習が必要な生徒だけを選んで、別の教室で日本語を教えること)と放課後の2時間、週2回の補習授業という形になりました。そのころ、転入生は減ってきていて、しかも親御さんの転勤などの一時滞在がほとんどでした。ですから、不十分ながらも私一人で対応していたのですが、その後、クラス授業を重視するという学校の方針で取り出しは無しになり、週2回放課後1時間のみに減りました。ここ3、4年は中学・高校の転入生が増えてきて、さすがに一人では見きれなくなってきました。他の先生の応援を得て、初級と中級に分けて対応した年もありました。しかし、2年前に20人ほどの転入生を一度に任されたときは本当に困りました。その頃、学校の中高部では日本語での授業が増えてきていましたし、レベルも進むスピードも全く異なる生徒に対して週2時間の補習では正直対応しきれず悩んでおりました。

―― そのころ、教材はどうされていたのでしょうか?


国語担当 伊藤先生

高橋: 私は、長く日本語教師をやってきていましたので、それまで日本語学校の授業で使用してきた教材を活用して、自分でも作ったりしていたんです。ところが、小学生から高校生までどの子に合わせても、簡単になりすぎたり、難しくなりすぎたりして、週2時間のクラスとしてうまくいきませんでした。

―― 公文式日本語を取り入れようと思った理由は何だったのでしょうか?

高橋: 私自身が最も悩んでいたのは、それぞれの子どもたちに合わせた授業ができないということでした。その点、公文式は、その子のレベルに合わせて、しかも進み具合もそれぞれの子どもの能力に合わせて学習することができます。そうした公文式のやり方は知っていましたし、公文式には中国語で学べる日本語の教材もあるということも知っていました。そこで、公文式を取り入れてみようと思ったんです。

 

公文式を導入して起こった変化とは?

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/12/10更新

Vol.334 公文書写-「令和」を綺麗に書く

新元号「令和」を 綺麗に書くポイントを学び、 手書き文字の魅力を体感しよう ~公文エルアイエル~

2019/12/03更新

Vol.333 教室で学ぶフランス語・ドイツ語

フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる

KUMONグループの活動  2019/11/26更新

Vol.332 子どもたちが「できた」を体感

「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします

KUMONグループの活動  2019/11/22更新

Vol.331 単位制高校(通信制)ミニフォーラム

学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~

学習者・OBOG  2019/11/19更新

Vol.330 English Immersion Day

学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.065 後編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.065 前編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!