KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL  

vol103_lg_main

積み重ねた経験
自分を助ける道具になる
達成感こそパイロット醍醐味
日本航空株式会社 櫻井聡史さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話をうかがうのは、日本航空で最新鋭機ボーイング787型機の国際線パイロットとして活躍する公文式OBです。

日本航空株式会社
運航本部 787運航乗員部 副操縦士
櫻井聡史さん

―― パイロットというお仕事についてきかせてください。

私は今、ボーイング787型機の副操縦士として国際線乗務に携わっています。パイロットの仕事は飛行機の操縦だけでなく、安全で質の高い運航のために他にもさまざまな業務があります。

まず飛行機が出発する前には、飛行ルートや高度、そして機体に搭載する燃料の量などの「フライトプラン」を作成する運航管理者とともに、その日の気象条件などを確認しながら、フライトについての打ち合わせを行います。

そして飛行機に移動した後は、乗務する機体の整備状況の確認を整備士と行い、機内では客室乗務員と、搭乗されるお客様の情報や飛行航路における揺れの予測状況などについて共有します。

この後ようやく操縦室での業務が始まります。コックピットでは機長と副操縦士の二人体制で操縦にあたります。一人のパイロットが一連の操縦を主に担当し、もう一人はその操縦が正しいかをモニターする役割と、航空管制官との無線でのやりとり、また機器へのデータ入力やルート入力などを行います。

飛行機の操縦は、地上滑走→離陸→上昇→巡航→降下→着陸という流れになりますが、巡航中であっても快適で効率のよいフライトになるように、最新の気象情報をもとに最適な高度を考え続けています。

着陸したあとは、地上スタッフとフライトについての振り返りを行い、ようやく任務完了となります。パイロットの業務は、実際の操縦はもちろんですが、じつは「8割が準備で決まる」と言われています。

 JALボーイング787型機

―― どのようにしてパイロットになられたのでしょうか?

パイロットというと工学系の出身だとイメージされやすいのですが、私の場合、大学と大学院では発展途上国の農業開発に関する研究をしていました。日本航空の自社養成パイロットは理系文系を問わず受検することができます。私は就職活動のときにこの制度を知り、幼いころに漠然と憧れていたこの仕事を目指すことにしました。

とはいえ素人がパイロットになるのですから、それまでには長い道のりがあります。

私の場合は2005年に入社して、まず1年間、新千歳空港で地上業務の研修を行いました。その後、約半年間勉強漬けとなり、操縦士の国家試験を取るための座学を行いました。

学科試験に合格したら、今度はアメリカに研修の場所を移して、小型機に乗務しての操縦訓練が始まります。まずは単発プロペラ機1年。次に双発プロペラ機、さらに計器飛行の訓練をして、ようやく日本に帰国します。

このあといよいよ大型機での訓練が始まります。まずはシミュレーター訓練と実際の飛行機の操縦を繰り返し、飛行機の型式限定での運航免許が取得できます。その後は実際にお客さまが搭乗された飛行機での乗務訓練を重ねてようやく副操縦士になれます。私の場合はここまでに5年かかりました。

―― パイロットになるまでにはたくさんの積み重ねが必要なのですね。

訓練に入ってからは毎週の小テストに加えて、節目には「チェック」と言われる試験が行われるのですが、もしそのチェックに二度不合格になると、パイロットへの道は閉ざされる、というとても厳しい面があります。

パイロットになるための訓練やテストは厳しいものですが、同じ目標をもって過ごしてきた同僚たちとの連帯感には支えられました。当社のパイロット養成制度は、一つひとつの訓練をクリアすることができれば必ず資格がとれる絶対評価です。入学試験のように、誰かが受かれば誰かが落ちる相対評価ではないので、仲間同士で助け合いながら頑張れる。お互いが切磋琢磨できることは大きな原動力になりましたね。

―― パイロットの仕事のやりがいや魅力はどのようなところですか?

航空機のパイロットの資格は、毎年更新試験を受けなければなりません。シミュレーターと実機での技能審査や航空身体検査が義務づけられているのです。国際線に乗務するためには航空英語能力証明の取得も必要ですし、パイロットでありつづけるためには、学びと体力の維持向上に日々努めなければいけません。

ただそうした厳しい中でも、大きな喜びがあります。国際線を飛んでいると、180度以上視界が開けたコックピットの窓からは、「地球の表情」の素晴らしさを目のあたりにできます。たとえば、アラスカ上空では壮大な自然や景色が広がります。シベリア上空では夜間のオーロラに遭遇することがあります。こうした経験ができるのは、パイロットならではですね。

飛行機が飛んでいるのは自然の中ですから、たとえ同じ運航ルートだとしても、気象条件などで一つとして同じフライトはありません。ですから、それをやり遂げたときには大きな達成感があります。飛行機を降りたお客さまが、ボーディングブリッジからコックピットに向かって手を振っていただけることがあるのですが、そういう姿を見られると「いい仕事をしたな」と思えます。一つひとつの乗務ごとに達成感があるというのは、パイロットの仕事の醍醐味だと思います。

―― パイロットに憧れる子どもたちへのメッセージをお願いします。

パイロットになるためには、学力や体力はもちろん、人とのコミュニケーション能力など、バランスよくいろいろな力を身につける必要があります。旅客機というのは、運航管理者や整備士など、たくさんの人たちが関わることで初めて飛ばせるので、パイロットはさまざまな人に耳を傾けて情報を集めて、ときには決断する力も必要となります。

私はサッカー部でしたが、サッカーを通じたチームプレー、また最後まであきらめないガッツはとても大切な素養になりました。パイロットは命を預かっている仕事ですし、どんなに困難な状況に追い込まれても、必ず安全に目的地まで送り届ける使命がありますから。

また、私は公文式で年長から小学校高学年まで学びましたが、そのときの経験はパイロットになるまでの過程に通じるものがあるかもしれません。目の前の課題をこつこつと真剣にやっていくと、次のステップへ進め、知らぬ間に実力と自信がついています。それは、将来必ず自分を助ける道具になります。子どもたちには、そうした道具をたくさん持ってほしいと思います。

 

関連リンク
日本航空株式会社

 

関連記事

学習者・OBOG  2016/06/21更新

Vol.157 未来を創る仕事-グンゼ

楽しみながら根気よく くり返しやることで新たな力が生まれる グンゼ株式会社 西堀公人さん

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2016/02/08更新

Vol.135 未来を創る仕事-オムロン

自分の可能性に自信を持つことで さらなる成長にチャレンジできる オムロン株式会社 井垣勉さん

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟

小さなことの積み重ねが 大きなことを成し遂げる力になる公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

学習者・OBOG  2014/08/05更新

Vol.048 未来を創る仕事-富士通

考え抜いたイメージを 設計図に描いて形にする喜び 富士通株式会社 吉田利雄さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!