KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/12/21更新

Vol.123 ブランドの専門家、KUMONの原点を訪問  

片平秀貴氏公文公記念館
訪問されました

9月29日、ブランドの専門家、片平秀貴(かたひらほたか)氏(丸の内ブランドフォーラム代表・元東京大学教授)が、大阪府豊中市にある「公文公(くもんとおる)記念館」を訪問されました。KUMONの原点に触れた様子をご紹介します。

ひとりの父親の“わが子への愛情”から
はじまった公文式教育法

公文公記念館は、公文式の心を伝え、教育のあり方を見つめるため、1998年より公開されています。公文式は、高校教師だった公文公がわが子に行った算数・数学教育の実践から生まれた教育法です。ここには、公文公の生い立ちから、公文式の誕生、そしてこれまでのあゆみに関する資料が展示されています。

片平秀貴氏は以前、KUMON now!のインタビューでブランドについてこのようにお話しされていました。

「実はブランドとは『組織の存在理由そのもの』であり、消費者にかけがえのない感動や喜びを与えてくれるもの。私は欧米企業を中心に、ブランド力があると評価されている企業の経営者にインタビューした結果、そのことに気がつきました。それらの企業に共通しているのは、自分たちの夢をものすごく大切にしているということ。ビジョンや哲学と言ってもいいでしょう」
※片平秀貴氏のインタビューは記事末尾の関連リンクからご覧ください。


公文公が長男・毅のために手作りした原典教材
(公文式教材の原型)

今回、片平氏は「公文式を知るには、創始者の公文公さんを知ることが大事」であると考え、この記念館を訪問しました。片平氏が特に時間をかけて見られたのは、一番初めに作られた原典教材(公文式教材の原型)が置いてある部屋。この部屋には、公文公が長男・毅(たけし)のために一枚一枚手作りした教材のレプリカが展示されています。 公文公は、長男・毅が小学2年生の時、自学自習で算数・数学を学んでいけるよう、計算問題をルーズリーフに手書きで作り始めました。毎日30分、毅はそれに取り組み、公は毅の解いた問題を確認し、時にはヒントやコメントを添えて採点することをくり返しました。その結果、毅は小学6年の頃には、微分・積分を学習できるまでにいたったのです。記念館では、一人の父親のわが子への愛情が詰まったやりとりを、原典教材を通じて感じることができます。

記念館を訪問した片平氏の感想は? 

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!