KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/01/19更新

Vol.131 公文式誕生ストーリー  

ひとりの父親
わが子への愛情から
生まれた公文式

世界50の国と地域に広がるKUMON(2018年3月現在)。皆さんは、公文式がどのように生まれたかご存じでしょうか?公文式はビジネスのために開発されたものではなく、ある一組の親子の間で生まれた教育法です。今回は、公文式の誕生ストーリーをお伝えします。

時はさかのぼること60年以上前。高校の数学教師だった公文公(くもん とおる)は、妻と3人の子どもたちと大阪で暮らしていました。

初夏のある日、妻は小学校2年生の長男、毅(たけし)のポケットから、たまたま点数のよくなかった算数の答案用紙を見つけます。「小学校のうちは健康第一で体力をつけておけばよい」と考えていた公でしたが、妻に頼まれて毅の算数の勉強をみることにしました。しかし、市販のドリルなどをやらせてみるも、これが面白くないので続けることができません。


公文公が長男・毅のために作った手書きの教材

・毎日時間は30分程度。

・目標は小学校の成績向上ではなく、高校で数学に困らない学力をつけること。

・途中でやめると嫌になるので休まずに毎日続ける。

・問題は1日分ずつ作成、夕食前に自習する(夕食後は勉強の話を一切しない)

 

具体的には、毅が夕食前にプリントを解き、それに母親が寄り添う。毅が寝ている間に公が採点し、間違えたところに必要な場合だけ注意を書いて戻し、直しをさせる。100点になったところで先に進める、という方法でプリント学習がスタートしました。


左から公文公と長男・毅

公は、今わが子が「何ができて、何ができないのか」を観察し、毅が無理せず自分自身の力で解き進めることができるように、学力の伸びに合わせた学習プリントを毎日作りました。

親子二人三脚で続けた130分のプリント学習によって、小学6年生の頃には、高校の微分積分ができるようになりました。

こうして、わが子を想う父親の愛情から産声をあげたプリント学習はのちに「公文式」と名付けられ、人から人へ、街から街へ、そして世界へと広がり続けています。

 

 

関連リンク

KUMONの創始者|KUMON now!
KUMONの誕生 公文公物語

タグ

関連記事

子育て・家庭学習  2015/08/11更新

Vol.099 くもんのこどもえんぴつ

「くもんの こどもえんぴつ」 開発ストーリー 年間9万箱以上を出荷する鉛筆の秘密

バックナンバー

2020/11/24更新

Vol.380 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑧            <低い出発点>

KUMONグループの活動  2020/11/17更新

Vol.379 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)

子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生

KUMONグループの活動  2020/11/10更新

Vol.378 浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」

子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

KUMONグループの活動  2020/10/27更新

Vol.376 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑦            <学習習慣>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!