KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/01/19更新

Vol.131 公文式誕生ストーリー  

ひとりの父親
わが子への愛情から
生まれた公文式

世界50の国と地域に広がるKUMON(2018年3月現在)。皆さんは、公文式がどのように生まれたかご存じでしょうか?公文式はビジネスのために開発されたものではなく、ある一組の親子の間で生まれた教育法です。今回は、公文式の誕生ストーリーをお伝えします。

時はさかのぼること60年以上前。高校の数学教師だった公文公(くもん とおる)は、妻と3人の子どもたちと大阪で暮らしていました。

初夏のある日、妻は小学校2年生の長男、毅(たけし)のポケットから、たまたま点数のよくなかった算数の答案用紙を見つけます。「小学校のうちは健康第一で体力をつけておけばよい」と考えていた公でしたが、妻に頼まれて毅の算数の勉強をみることにしました。しかし、市販のドリルなどをやらせてみるも、これが面白くないので続けることができません。


公文公が長男・毅のために作った手書きの教材

・毎日時間は30分程度。

・目標は小学校の成績向上ではなく、高校で数学に困らない学力をつけること。

・途中でやめると嫌になるので休まずに毎日続ける。

・問題は1日分ずつ作成、夕食前に自習する(夕食後は勉強の話を一切しない)

 

具体的には、毅が夕食前にプリントを解き、それに母親が寄り添う。毅が寝ている間に公が採点し、間違えたところに必要な場合だけ注意を書いて戻し、直しをさせる。100点になったところで先に進める、という方法でプリント学習がスタートしました。


左から公文公と長男・毅

公は、今わが子が「何ができて、何ができないのか」を観察し、毅が無理せず自分自身の力で解き進めることができるように、学力の伸びに合わせた学習プリントを毎日作りました。

親子二人三脚で続けた130分のプリント学習によって、小学6年生の頃には、高校の微分積分ができるようになりました。

こうして、わが子を想う父親の愛情から産声をあげたプリント学習はのちに「公文式」と名付けられ、人から人へ、街から街へ、そして世界へと広がり続けています。

 

 

関連リンク

KUMONの創始者|KUMON now!
KUMONの誕生 公文公物語

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!