KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/11/24更新

Vol.116 認知症高齢者に「人としての尊厳」を  

学習療法で、認知症高齢者
「人としての尊厳」取り戻す

~「学習療法 実践研究シンポジウムin幕張」開催~

11月1日(日)、「学習療法 実践研究シンポジウム」が幕張メッセ国際会議場で開催されました。学習療法を導入している高齢者介護施設の関係者約800名と一般の方を含め合計約1,000名の来場者があり、高齢者介護施設からの実践発表や、経済産業省から委託を受けている調査事業の報告が行われました。

本当に大切なことは「すべての人の幸せ」

午後の全体会では、今注目されているソーシャル・インパクト・ボンド(以下、「SIB」)調査事業*の中間発表がありました。学習療法は、介護予防分野としては初めて、経済産業省が行う調査事業に採択されています。
*SIB調査事業の詳細につきましては、記事末尾の関連リンクよりKUMON now!バックナンバーをご参照ください。
 
まず、経済産業省の方から、次のようなコメントがありました。

このSIB事業の目的として、「新ビジネスの創生」、「国民一人ひとりの健康の向上」、「医療費・介護費の適正化」と述べた後、「私見ですが……」と前置きのうえ、「一番大切なことは『介護施設利用者と介護スタッフの幸せ』です」と言われました。
 
あとからお聞きしたのですが、実は午前中に上映した映画『僕がジョンと呼ばれるまで』をご覧になり、急遽発表内容も差し替えたとのことでした。「国として達成すべき目標は大事ですが、血の通った人間として目指すべきはすべての人の幸せである」と力強く語られました。
 
また、SIB調査事業の評価者のお一人である大学の先生は、「今日は(シンポジウムに)来てよかった。なぜなら、分科会の発表を聞いてすべての方々から温かさ・やさしさ・共感・人としての尊厳を大事にする、ということを感じ、改めてこの事業を広げるお手伝いをしていきたいと思いました」とコメント。また、もう一人の先生からも、「人としての尊厳を取り戻すことができる価値ある仕事、そこに関われることは誇らしい」と言っていただきました。そして、SIB調査事業の進捗についてそれぞれのご発表に加え、「SIBの仕組みにより、学習療法に関わるすべての人がWIN-WINになることへの期待」を述べられました。

 

アメリカでの実践者たち

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』で紹介された高齢者介護施設、エライザ・ジェニングス(以下、EJ)から始まったアメリカでの学習療法は、2015年10月現在、10州22の介護施設に導入が広がっています。当日は、EJのクリスさんから「学習療法がアメリカで広がった経緯と今後の目標」についてご発表いただきました。映画でも描かれていますが、もともとEJは“パーソン・センタード・ケア(人を真ん中に据えた介護)”という考え方を大切にしており、その考えは公文式から生まれた学習療法の考え方と完全に一致していました。その一致があったからこそ、言葉も文化も違うアメリカという地で学習療法を根づかせることができたのだと思います。クリスさんは今後の目標として、「将来日本とアメリカの介護施設の実践者たちが交流し、学習療法や介護ケアについて語り合うことができることを夢見ている」と抱負を述べられました。

ライバルの介護施設同士が学びあうネットワークとは?

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2014/02/18更新

Vol.024 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』

ドキュメンタリー映画 『僕がジョンと呼ばれるまで』 メイキングストーリー 海を渡った「学習療法」

KUMONグループの活動  2018/11/27更新

Vol.283 学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま

「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために

バックナンバー

学習者・OBOG  2019/05/21更新

Vol.307 英語を使ってコミュニケーションに挑戦

グローバルな視野を持って、 未来へ羽ばたこう ~「第1回 Global Network Initiatives」開催~

KUMONグループの活動  2019/05/14更新

Vol.306 KUMONの新入社員

学び続け、 自己成長し続ける社員でありたい ~共に成長できる環境づくりを大切に~

KUMONグループの活動  2019/05/07更新

Vol.305 47都道府県「ご当地くろくま」コンテストのグランプリ授賞式

受賞者の将来の夢は 「絵を描く仕事がしたい!」

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019

国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場

KUMONグループの活動  2019/04/16更新

Vol.303 公文式の学校導入―村上学園高等学校<全日制スタイルの通学型・通信制高校>

「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 後編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.054 前編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.053
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。