KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/08/26更新

Vol.051 海外のKUMON-海外展開スタートから40年  

「社会に貢献」から
「地球社会に貢献」へと
進化したKUMONの理念
海外展開スタートから今年で40年

1955年、大阪府守口市に初めて公文式教室が誕生(創業は1958年)。それから19年後の1974年、ニューヨークに海外第1号の教室ができました。これを皮切りに、現在では48の国と地域に学びの場が広がっています。

「大阪の公文」から「全国の公文」へ、そしてアメリカへ

1962年(昭和37年)の社内資料に、こんな一文があります。「東京初となる公文式教室を新宿区戸塚町(現在の西早稲田)に開設」。当時、東京での公文式の知名度はほぼゼロだったということも、同じ資料に記されていました。それまでは、公文式教室は大阪府内を中心に数十教室、学習者数も数千という時代。しかし、大阪の教室に通う子どもたちの成長をつぶさに見て、創始者の故・公文公(くもんとおる)は「ぜひ、東京の子どもたちにも公文式を。そして全国の子どもたちに…」と考えていたのでした。

東京進出を契機に、教室も、そこで学ぶ子どもたちも少しずつですが、着実に増えていきました。そして、1969年に国内の学習者数が1万を超え、やがて10万を超えてしばらくしたころ、ニューヨークに海外初の公文式教室(算数・数学)が開かれることになります。1974年のことです。

このときのニューヨークの教室の学習者は、大半が日本人駐在員の子女でした。教室の先生も日本人です。このことは、海外展開の初期にできた公文式教室のほとんどが同じでした。というのも、親の海外勤務に伴い移住した生徒さんたちの「公文はぜひ続けたい」というご要望に応え、海外で教室を開設することが当時は多かったからです。

ニューヨークに続き、1970年代には台湾、ブラジル、ドイツに公文式教室が開設されていきます。こうした海外への広がりにともない、その学習法と効果が地域で評判となり、現地の子どもたちが少しずつ増え、さらに評判を呼ぶ。こうしたくり返しでKUMONは地域に受け入れられ、現地の先生が指導し、現地の子どもたちが学ぶという、現在のスタイルができたのです。

南アフリカにも200以上の教室が

それから40年たった今、48の国と地域で427万の子どもたちがKUMONを学んでいます(2014年3月末現在)。教室もいろいろな場所にできています。ある国の大使館が多い地区の教室は、生徒さんの1/3ほどが大使館員の子女で、十数か国の子どもたちが学んでいます。ブラジル・サンパウロ郊外にある教室は、日本人の感覚からすると「原野のなかの教室」で、「よく通ってくるなぁ」と感嘆してしまうといいます。同じ南半球の南アフリカ共和国には239の教室があり、日本人観光客の方が驚かれることもあるそうです。

48の国と地域には、それぞれ時差があります。たとえば、ブラジルと日本との時差は12時間、ドイツとの時差は7時間。ということは、今、この瞬間も地球のどこかでKUMONを学習している子どもたちがいるのです。40年前とは隔世の感があります。

もちろん、国は違っても、地域が違っても、一歩教室のなかに入ると、そこはKUMONの教室。集中して教材に向かう子どもたちの真剣さが感じられる空気、そして元気に学ぶエネルギーが満ちています。ご紹介している写真で、その一部でも感じていただけたら幸いです。

「社会」から「地球社会」へ

海外展開が進んでいくと、公文をよく知る識者の方たちから、「公文の理念の一部を変えてはどうか」というご提案をいただくようになりました。理念の最後の一節の「社会に貢献」を「地球社会に貢献」へという変更です。「社会」の前に「地球」を加える。2文字加えるだけですが、その重みの変わりようは計り知れません。

そして、社内でも同じように考える社員が増えていたこと、また「それに挑みたい」という意味でも、変えようという結論に至り、2001年に変更しています。私たちはこの理念を一日でも早く実現できるよう、これからも真摯に活動していきたいと考えています。

公文の理念

われわれは
個々の人間に与えられている可能性を発見し
その能力を最大限に伸ばすことにより
健全にして有能な人材の育成をはかり
地球社会に貢献する

関連リンク

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2014/01/07更新

Vol.018 海外のKUMON-ブラジル

KUMONでブラジルの発展に貢献

KUMONグループの活動  2013/11/12更新

Vol.011 海外のKUMON-インドネシア

伸び続けるインドネシア公文の理由 「わが子によりよい教育を」に支えられ、現地法人設立から20年

KUMONグループの活動  2014/10/14更新

Vol.058 街角のKUMON-KUMONロゴ

世界各地の街角に 溶け込むKUMONブルー KUMONロゴのなかの”顔”の意味、ブルーに込められた願い

KUMONグループの活動  2014/07/29更新

Vol.047 国境を越えた学び合い

一人ひとりの子どもの 成長を支えるために

KUMONグループの活動  2014/03/25更新

Vol.029 KUMONの創始者

よりよい指導のために、 自分の先入観を捨て 「子どもから学ぶ」 創始者・公文 公の生誕から100年を迎えて

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!