KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/12/17更新

Vol.016 公文書写-毛筆教材  

新年に「新たな決意」を毛筆で!
公文書写教材
「だれでも美文字」のヒミツ
その2 毛筆教材編

毛筆の経験に左右されることなく、「だれでも」「いつからでも」学習できる公文毛筆教材の魅力をお伝えします。
新しい年は、書き初めでスタートしてみませんか。

書き初めは平安時代から続く年中行事

新年を迎えると、今年の目標や新たな決意など、ご自身の一年の過ごし方を考えて、前向きな気持ちになる方が多いと思います。

「書き初め」は、年が明けて初めて毛筆で書や絵をかくことで、通常は一月二日に行います。もともとは平安時代の貴族や武士の儀式でしたが、江戸時代、一月二日が農家や商店の仕事を始める日だったことから、その日に書く習慣が始まりました。その後、寺子屋教育の普及と明治以降に学校で習字が必修とされてから、現在のように一般的に広まっています。

公文書写教室では、「ペン習字」「かきかた」「筆ペン」「毛筆」を展開していますが、今回は子どもから大人まで学習している「毛筆」の教材を紹介します。

毛筆教材の特長

  • (1)なぞり →(2)文字の部分書き →(3)補助線をもとに文字書き →(4)手本を見て清書 というステップを踏む学習法です。
  • すべての教材が半紙サイズの書き込み式教材です。
  • 教材はA~Jまで、全部で10教材(各100枚、合計1,000枚のプリント)があります。
  • 教材は10枚ごとに「はらい」「はね」「折れ」など課題を設定。全部で100の課題を細かなステップで系統的に構成しています。
  • 楷書・行書の基本用筆、字形の整え方、字配りなどを学習します。

<ヒミツその1> 効果的な「なぞり」学習


A教材3

書道の世界ではお手本を横に置いて書き写す練習法を多く用いますが、公文の毛筆教材では、文字の一部分の基本点画を学習する方法や、薄く印刷された手本を筆でなぞる方法を随所に盛り込んでいます。このため、むずかしさを感じることなく毛筆に取り組め、課題文字が正しい字形で書けるようになります。

例 <A教材1~10>「一」 課題:横画

  • 「一」で、横画の筆づかいを学びます。
  • 始筆の角度・送筆の方向・終筆の収め方、筆の穂先の通る位置を、薄墨の手本をなぞりながら習得していきます。
  • 筆圧(筆で書くときにかける力加減)も1から5まで5段階で表し、具体的な目安を示していることも学習者の方から分かりやすいと好評です。

<ヒミツその2>「自学自習」で進める工夫

教材は10枚で1セット。10枚で一つの課題を学習します。この10枚の中で、「はらい」「はね」などの点画のなぞり、始筆部分のみのなぞりと、徐々に自力で書けるように構成され、「自学自習」の力が備わっていきます。

1枚目=手本文字/2~4枚目=基本点画の練習/5~7枚目=基本点画を含む文字の練習/8~10枚目=清書

例 <A教材61~70>「木」 課題:左払い・右払い

まずは左払いの練習をします。一番上の左払いは、始筆の位置・穂先の通る位置が示されています。二番目は点画のなぞり、三番目は始筆の部分のみのなぞり、最後は始筆の位置を示すのみでなぞりはありません。63、64番で右払いを学習します。

文字全体をなぞります。筆順・細かな説明・気脈(次画に向かう筆の流れ=点線)が書かれています。

「木」の始筆部分のみが示され、続きは自力で書きます。このあと68~70番で白紙に清書をします。

<ヒミツその3> いつのまにか応用力がついている

以前に学習した要素が何度もくり返し出てくることも、この教材の大きな特長です。

B教材1では、「日」でまっすぐ下に折れる「折れ」の練習をします。ここで習得した力は、C教材21「自由」で再度学習(復習)することになります。「自」はC教材71の「道」でも部分的に出てきます。くり返して学習しながら定着を図りつつ、一度身につけた力を新しい課題に生かすことで、初めて書く文字であっても美しく書くことができます。

関連リンク
公文エルアイエル「だれでも美文字」のヒミツ その1 筆ペン教材編|KUMON now!「だれでも美文字」のヒミツ その3 かきかた教材編|KUMON now!「だれでも美文字」のヒミツ その4 ペン習字教材編|KUMON now!

書写を通じて、学び続ける楽しさを伝えたい。
書写(ペン習字・かきかた・筆ペン・毛筆)
「心」を伝える手書き文字の良さ、年齢を問わず学ぶことのすばらしさを伝えています。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2014/03/04更新

Vol.026 公文書写-かきかた教材

美しい文字で迎える新学期! 公文かきかた教材 「だれでも美文字」のヒミツ その3 かきかた教材編

KUMONグループの活動  2013/10/22更新

Vol.008 公文書写-筆ペン教材

今年こそは手書きで年賀状! 公文筆ペン教材 「だれでも美文字」のヒミツ その1 筆ペン教材編

KUMONグループの活動  2014/05/07更新

Vol.035 公文書写-ペン習字教材

あこがれの「美しい文字」を自分のものに! 公文ペン習字教材 「だれでも美文字」のヒミツその4 ペン習字教材編

KUMONグループの活動  2014/07/15更新

Vol.045 公文書写-作品展

親と子、学習者同士、教室と地域。 作品展を通して深まった それぞれの絆公文書写 北海道合同成果展

KUMONグループの活動  2016/11/08更新

Vol.181 実用に生かせる公文書写

手書きの年賀状で 「あなたの気持ち」を 伝えてみませんか

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
Vol.054
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!