スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/04/27更新

Vol.048

書写書道教育研究者
宮澤正明先生  後編

人をおもんばかる気持ちを育む
書写の学習効果

宮澤 正明 (みやざわ まさあき)

1952年静岡県生まれ。二松学舎大学大学院博士課程満期退学。都留文科大学専任講師、同大助教授に就任した後、1991年に山梨大学に移り助教授を経て教授(教育学部)に。現在、山梨大学大学院教育学研究科特任教授。全国大学書写書道教育学会会長、全国大学書道学会会員、全日本書写書道教育研究会副理事長、日本書写技能検定協会評議員・中央審査委員、毎日書道展会員。著書に『美しい毛筆の書きかた』『常用漢字書きかた字典』(以上、二玄社)、『新 字形と筆順』(光村図書)、『楽しめる漢字仮名交じり書』 (日本習字普及協会)ほか。新学習指導要領改訂に関する、中央教育審議会(中教審)国語ワーキンググループ委員を歴任。

書写教育の第一人者で、大学で教鞭を執るほか、小・中学校国語科書写、高等学校芸術科書道の教科書などの編集・執筆もされている宮澤正明先生。ご実家が書道塾だったこともあり、子どもの時から「書」には親しんでいたものの、書写・書道教育の道に進むとは考えていなかったそうです。手書きすることが少なくなってきている今、書写教育には何が求められているのか。書写教育に精力的に取り組まれるようになった背景を含めてうかがいました。

「子どもがチャレンジできる環境作り」をするのが大人のチャレンジ

書写書道教育研究者 宮澤正明先生

そんな私の経験を踏まえて子どもたちに伝えたいのは、そのときどきで夢中になれることを一生懸命やってみようということです。あれこれやるのも必要ですが、1回、とことん夢中になってみることをお勧めします。私は高校時代の書道の先生からきっかけをいただき、書道をがむしゃらにやっていて、そこから書の深い世界に入り込むことができました。勉強でも部活でも趣味でも何でもいいと思います。興味をもったことに深入りしてみると、表層的な部分ではないものが見えてきます。どんな分野でも、ほじらないと見えないものがあると思います。

少子化のなか、保護者はひとり一人を大切に育てていると思いますが、子どもの可能性を広げてあげるには、冒険させてみることも大事だと思います。子どもがチャレンジできるような環境作りをするのは、親のチャレンジといえるでしょう。そして、親は「やらせる」のではなく、一緒にやってみてはどうでしょうか。

書写書道教育研究者 宮澤正明先生
 「愚直」
(68.2×35.0)

私自身の今後については、「新しいもの」を作ってみたいという野望はあります。書道は古典をベースにしていますが、それを超えたものとはどういうものか、それがある種の前衛だと思うので、そういう作品作りをしてみたいですね。命が命をつくっていく、そんな「人間くさい生命観」が感じられるような書が書けたらと思っています。

そして何より、書写教育を充実させるのが私の夢です。いままでやってきた書写教育のあり方をもっと深め、子どもたちが文字を書くことに興味をもつような指導法や、整って書くための方法を究明したいですね。「字は読めればいい」だけではありません。そうした意識改革も、広く推進していきたいと思っています。

※左の書は本記事のために宮澤先生がお書きくださったものです。一つの方向に正直に進む意がこめられています。

 

 

関連リンク
山梨大学教育学部・大学院教育学研究科


 

書写書道教育研究者 宮澤正明先生  

前編のインタビューから

-きれいな字を書くために必要なこととは?
-「とめ・はね・はらい」が重要な理由
-書き文字の効果とは?

  
関連記事

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.432
「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」功労賞に
田仲みすず先生
高齢者がいくつになっても 生きがいを持てる 質の高い生活を支える認知症サポート医 ~学習療法・脳の健康教室を活かした14年間の功績~
Vol.431
公文書写-夫婦で長く続けることが目標
夫婦で楽しく学べる書写は、 二人と町をつなぐ糸 ~ゆっくり丁寧に、 優しい気持ちで続けていきたい~
Vol.430
浮世絵に描かれた江戸時代のくらし
「雪のあした」
お正月の井戸端の様子を描いた 「雪のあした」 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
Vol.429
KUMONの各事業トピックス2021
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2021年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.085 後編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.085 前編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.084
劇団四季 俳優
金子進太郎さん
奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい
Vol.083
映画監督
大川史織さん
「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!