スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生  前編

違う意見に耳を傾け、
体験積み重ねることで
「学び」が獲得される

松本 茂 (まつもと しげる)
立教大学経営学部国際経営学科教授。マサチューセッツ大学ディベート・コーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年4月より現職。2014年4月からは立教大学グローバル教育センター長を兼務。学外では、日本ディベート協会(JDA)専務理事、全国高校英語ディベート連盟 (HEnDA)副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟(NADE)理事、文部科学省の各種委員会の委員などを務めている。専門はコミュニケーション 教育学。おもな著書は『大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法』、『英語ディベート 理論と実践』(ともに玉川大学出版部)、『速読速聴・英単語』シリーズ(Z会)など。

NHK Eテレの「おとなの基礎英語」をはじめ、テレビやラジオの英語番組でおなじみの松本茂先生。コミュニケーション教育の専門家として、日本語および英語でのディベート教育の普及活動に注力され、大学のゼミや授業はもちろん、中学・高校に赴いて、英語教育の改善や施策立案にも精力的に携わられています。英語教育の第一人者である松本先生ですが、高校時代まではじつは英語が苦手だったとか。英語を勉強するようになったきっかけやディベートの魅力などについてうかがいました。

「英語でディベートができる大学」をめざし猛勉強

立教大学グローバル教育センター長 松本茂先生

そんな私が英語に興味をもつようになったのは、高校3年の夏休みのことでした。たまたま訪ねた英語学校のイベントで、大学生が英語でディベートしているのを見たんです。テーマは日米安保条約に関して。内容はよくわからなかったものの、「これならやってみたい!」と思ったのです。アカデミックな雰囲気にひかれたというか、同年代の学生が日本語でも言えないようなことを英語で意見していることに、かっこよさを感じたというか。それまで私にとって、英語というのは「暗記するもの」でしたが、「意見を交換するために使えるものなんだ」と気づきました。

そこからです。「この大学生のように大学でESSに入り、英語のディベートで日本一になる!」と、突き進んだのは。人生で初めて目標を立てて努力する、ということをしました。このとき、現実の自分と目指す状態とのギャップに気づき、その日から猛勉強を始めたのです。とはいえ「大学に受かるため」という意識はまったくなく、「英語がうまくなりたい」一心でしたので、英語以外の教科はほとんど勉強しませんでした。入試の数日前も映画館へ行き、洋画を観ていたほどですから。

どのように勉強したかというと、ラジオ講座を聴いて何度も音読したり、イソップ物語などやさしい英文をたくさん読んで英語で感想を書いたり、英字新聞を読んで社説を英語で要約したり。英語を聞いて書き留める「ディクテーション」という演習もしましたね。そのうち、日本語に訳さなくてもわかる、という感覚が掴めてきました。

18歳の時点で、「訳さずに理解することができる」のを実感できたことは、とても良かったと思います。今、文部科学省は英語を英語で教えたり、英語でスピーチやディベートをさせたりすることを奨めていますが、私には実体験があるので、今の高校生もできないことはないと思っています。

関連リンク

立教大学 グローバル教育センター
立教大学 経営学部


 

立教大学グローバル教育センター長 松本茂先生  

後編のインタビューから

-自分の意見を言いやすい「ディベート」という指導法
-コミュニケーション教育に進むことになったきっかけとは?
-松本先生から子どもたちへのメッセージ

 

関連記事

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/04/24更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる学びをめざそう

2015/04/17更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる 学びをめざそう

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!