スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生  前編

違う意見に耳を傾け、
体験積み重ねることで
「学び」が獲得される

松本 茂 (まつもと しげる)
立教大学経営学部国際経営学科教授。マサチューセッツ大学ディベート・コーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年4月より現職。2014年4月からは立教大学グローバル教育センター長を兼務。学外では、日本ディベート協会(JDA)専務理事、全国高校英語ディベート連盟 (HEnDA)副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟(NADE)理事、文部科学省の各種委員会の委員などを務めている。専門はコミュニケーション 教育学。おもな著書は『大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法』、『英語ディベート 理論と実践』(ともに玉川大学出版部)、『速読速聴・英単語』シリーズ(Z会)など。

NHK Eテレの「おとなの基礎英語」をはじめ、テレビやラジオの英語番組でおなじみの松本茂先生。コミュニケーション教育の専門家として、日本語および英語でのディベート教育の普及活動に注力され、大学のゼミや授業はもちろん、中学・高校に赴いて、英語教育の改善や施策立案にも精力的に携わられています。英語教育の第一人者である松本先生ですが、高校時代まではじつは英語が苦手だったとか。英語を勉強するようになったきっかけやディベートの魅力などについてうかがいました。

「英語でディベートができる大学」をめざし猛勉強

そんな私が英語に興味をもつようになったのは、高校3年の夏休みのことでした。たまたま訪ねた英語学校のイベントで、大学生が英語でディベートしているのを見たんです。テーマは日米安保条約に関して。内容はよくわからなかったものの、「これならやってみたい!」と思ったのです。アカデミックな雰囲気にひかれたというか、同年代の学生が日本語でも言えないようなことを英語で意見していることに、かっこよさを感じたというか。それまで私にとって、英語というのは「暗記するもの」でしたが、「意見を交換するために使えるものなんだ」と気づきました。

そこからです。「この大学生のように大学でESSに入り、英語のディベートで日本一になる!」と、突き進んだのは。人生で初めて目標を立てて努力する、ということをしました。このとき、現実の自分と目指す状態とのギャップに気づき、その日から猛勉強を始めたのです。とはいえ「大学に受かるため」という意識はまったくなく、「英語がうまくなりたい」一心でしたので、英語以外の教科はほとんど勉強しませんでした。入試の数日前も映画館へ行き、洋画を観ていたほどですから。

どのように勉強したかというと、ラジオ講座を聴いて何度も音読したり、イソップ物語などやさしい英文をたくさん読んで英語で感想を書いたり、英字新聞を読んで社説を英語で要約したり。英語を聞いて書き留める「ディクテーション」という演習もしましたね。そのうち、日本語に訳さなくてもわかる、という感覚が掴めてきました。

18歳の時点で、「訳さずに理解することができる」のを実感できたことは、とても良かったと思います。今、文部科学省は英語を英語で教えたり、英語でスピーチやディベートをさせたりすることを奨めていますが、私には実体験があるので、今の高校生もできないことはないと思っています。

関連リンク

立教大学 グローバル教育センター
立教大学 経営学部


 

 

後編のインタビューから

-自分の意見を言いやすい「ディベート」という指導法
-コミュニケーション教育に進むことになったきっかけとは?
-松本先生から子どもたちへのメッセージ

 

関連記事

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

バックナンバー

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.295
茅ケ崎市 脳の健康教室
95歳でいきいき暮らす秘訣とは?
Vol.294
公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校
学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」
Vol.293
持続可能な教育支援と国際貢献
バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!
Vol.292
公文書写―公文書写教室編
あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。