KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388

~創始者公文公の言葉より~  

    公文式の原点⑩
           <標準完成時間>

公文式の創始者である故・公文公が遺した言葉をご紹介しながら、公文式が目指す教育について、あらためて考えていくシリーズ。第10回目のテーマは「標準完成時間」です。

標準完成時間が定まる以前は、子どもの能力差をはかりにくいため「うちに来る子はどんなにできる子でも3回は復習させます」というような先生もいました。過去の指導であったとはいうものの、このような指導では能力の高い子どもを十分に伸ばしているとは言えません。・・・・・・公文 公

前回、公文式では日々100点を積み重ねながら学習を進めていくと述べました。
自分自身の力で100点に仕上げていくことで、さらに上の内容に挑戦しようとする意欲が育まれるからです。

ところで、「なぜ公文式では100点を取ってもまた同じところを学習(復習)させるのですか」という質問を受けることがあります。一口に100点といっても、必死にがんばって時間をかけて取った100点もあれば、余裕をもって短時間でサッサッとできた100点もあります。その段階だけに限れば同じ100点に見えるかもしれませんが、学習はさらに高いところへ高いところへと進むことを考えて、必要な力をつけることが大切です。

では、どういう状態なら先へ進めて、どういう状態の場合に復習すればいいのでしょうか。一般に、家庭や学校ではそれを見極める適切な基準がありません。そのために、子どもに無理をさせたり、あるいは必要のない、くり返し学習をさせて無駄足を踏ませていることも少なくないのです。公文式では、そのような無理や無駄をしないように、学力の程度と定着度をチェックする基準を設けています。それが「標準完成時間」です。

公文式の原点

ある段階の教材を仕上げる時間を、たとえば2分~4分と設定しています。この場合、その段階の問題の内容と量から見て、その時間内で教材1枚の問題を解き終えることが、次の教材に安心して進める力がついたと言える目安にしているのです。
同じ100点でも、くり返し練習するうちに時間は必ず短縮してきます。学習のスピードが速まるということは、その段階までの学力としての知的技術を自分のものとして身につけてきたということを意味します。その技術をすばやく正確に駆使することによって、ラクにできるようになるので、ていねいに解いていても、結果として時間が短くてすむようになるのです。

標準完成時間はx分~y分と幅を持たせてあり、「x分以下なら先へ進める」、「y分以上なら復習する」、「その間の場合は、その子どもの状態を総合的に判断して指導者が決定する」ことにしています。ただし、この完成時間はあくまで大原則としての「標準」で、完成時間そのものを守ることが目的ではありません。ですから、場合によってはx分以下でも復習することも、y分以上であっても進ませることもあります。それは、目標に向かっていかにスムーズに進んでいけるか、その道をいかに意欲を持って進ませていくかということを大切にしているからです。この点においても、公文式は個人別指導を徹底しています。

*このコラムは、1999年の広報誌『文』に掲載した記事の引用です。

 

関連リンク
誕生ストーリー 公文 公(くもん とおる)物語

関連記事

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2020/04/28更新

Vol.352 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点①           <個人別・能力別>

KUMONグループの活動  2020/05/26更新

Vol.356 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点②            <自学自習>

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!