KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/08/30更新

Vol.320 「くもんの日本地図パズル」  

現場の声から生まれたパズル
いま子どもの意欲を引き出す玩具に

パズル感覚で、楽しく遊びながら日本地図が覚えられる「くもんの日本地図パズル」。発売以来、「県名をあっという間に覚えた」「夢中で遊んでいる」など、多くのお客さまからご好評をいただいています。1997年に発売開始された「くもんの日本地図パズル」の発売のきっかけやこめられた思いをお伝えします。

「できた!」という達成感が、子どもの意欲を育む

小学校では、3、4年生から学習する日本地図。白地図に47都道府県や県庁所在地の名前を書き入れた経験はありませんか? ただ、地図は見慣れていても、細かい位置関係があやふやな場合もあるかもしれません。

「くもんの日本地図パズル」は、都道府県が立体的なピースになった日本地図のパズルです。県ごとになっているピースを一つひとつはめていくことで、各都道府県の形や大きさ、位置関係が覚えられるようになっています。

こだわりは、持ちやすく適度な厚みのあるピースと、「できた!」という達成感が得られるような、カチッとしたはまり具合。しかし、そのはまり具合には、幼児の手ではめやすいよう、適度な“あそび”も必要です。非常に基本的なことですが、これは発売当初から大事にしているポイントです。

また、スモールステップで長く遊んでいただけることも特徴の一つです。

  • ①まずは、地方ごとに色分けされた“基本ピース”で完成
  • ②次に、すべて同じ色の“発展ピース”で完成
  • ③さらに、「目かくしシール」で県名を隠し、形のみでパズルを完成

 

というように難易度をあげながら遊ぶことができます。なかには、完成までの時間を計ったり、お子さまは基本ピース、お父さま・お母さまは発展ピースで対戦したり、と様々な遊び方をしていただいているようです。

ここで大切にしたいのは、日本地図を覚えることが先にあるのではなく、まずはパズルとして夢中になって遊べるということ。楽しい遊びとして、くり返し取り組むからこそ、幼児期のやわらかな頭は、大人が驚くほどあっという間に、様々なことを吸収していきます。そして、「できた!」という達成感をしっかり味わってもらうことも重要です。まずは1ピース、次に同じ色のピース、そしてすべてのピースを…。「できた!」という喜びが、「次もやってみよう!」というお子さまの自主的に取り組む意欲を引き出すのです。

現場の声が生んだ「より魅力的な商品づくり」とは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

KUMONグループの活動  2020/03/17更新

Vol.345 寺子屋で学んだ子どもたち

江戸時代に求められた寺子屋での学び

KUMONグループの活動  2020/03/03更新

Vol.344 江戸時代のひな祭り―浮世絵から見える江戸時代の人々

女の子の健やかな成長と幸せを祈って

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!