KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019  

国連大使になって英語で議論!
生徒主体で作り上げる模擬国連は
グローバルな成長の場

公文国際学園中等部・高等部では、2019年2月11日、14回目となる模擬国連・日本語版を開催しました。3月17日には、すべてのプログラムを英語で行う“Model United Nations of Kumon International”(模擬国連・英語版)を開催。他校からの参加者も含め中1~高3まで、日本語版では約200名、英語版では約120名が、「テロ問題」をテーマに活発な議論を行いました。今回は模擬国連・英語版の様子をお伝えします。

英語を使えるようになりたい!
初めて参加する“模擬国連”


左:水野吉晴さん、右:中原涼之介さん

模擬国連・英語版の参加者のうち約半数が中学生で、初参加の生徒も20名を超えました。カザフスタン大使を担当した、中原涼之介さん(新中2)、水野吉晴さん(新中2)も初参加メンバーです。お二人にお話をうかがいました。

― なぜ模擬国連・英語版に参加しようと思ったのですか?

中原: まだ海外に行ったことがなく、これからの時代、英語が話せるようになった方が絶対にいいと思いました。そのための経験が、模擬国連・英語版ならできると思い、参加しました。

水野吉: 僕も海外に行ったことがないのですが、是非行きたいと思っています。英語にすごく興味があって、「やってみよう」と思い、参加しました。

― 初めて参加していかがでしたか?

中原: いろいろ調べて英語で解決策を作ることは大変でした。でも、多角的な視点で物事を見ることや、他の人のことも考えながら解決策を作るということを学びました。どっぷり英語に浸かった体験ができ、次回も是非参加したいと思っています。

水野吉: 知らないことも多く、準備はとても大変でした。会議当日も一日中英語で過ごしたのでずっと緊張しましたが、貴重な体験ができました。これからは、さまざまな国際問題に対して、他人事ではなく日本の代表という意識を持って考えることも大切だと感じました。

運営の大変さを実感
この経験を生かし、夢は国際舞台!

企画・運営、資料作成や当日の進行まで、すべて生徒たちが主体的に行う模擬国連。実行委員のメンバーを中心に、入念に準備を進めてきました。今回から日本語版と英語版でそれぞれ実行委員長を任命し、2つの模擬国連をつなげる統括役を設けました。英語版実行委員長の後藤杏さん(新高3)、日本語版実行委員長の渡邉佑貴さん(新高3)、そして統括役の水野可奈子さん(新高3)にお話をうかがいました。

― 今回の模擬国連をやり遂げての感想を教えてください。

後藤: 英語で下級生の育成や準備のサポートをしていくのは大変でしたが、学ぶことも多かったです。今回の「テロ問題」は毎年候補に挙がっていたテーマですが、幅が広く多くの視点から考えられる国際問題なので難しかったです。生徒のアイディアでいい解決策の糸口が見つかればいいと思います。

渡邉: 今回中学生が多く参加してくれました。下級生たちが意欲的に模擬国連に参加できるよう、しっかりと彼らのサポートをすることを意識しました。初めて参加する生徒や悩んでいる生徒に、わかりやすくアドバイスができるようになったと感じます。

水野可: 今回の「テロ問題」は、前回の「難民問題」から続いているテーマで、みんなの取り組み意識も非常に高かったと思います。日本語版でも英語版でもとても活発に議論ができたと感じました。

― 模擬国連を通じて、自分自身どのような成長を感じますか?

後藤: プレゼンテーションの場においても、人前で自分の考えを英語で論理的に話せる力がついたと感じます。また、英語版実行委員長を務めて、みんなの意見をうまくまとめるという意識が強くなりました。模擬国連は私の学校生活のすべてと言ってもいいくらいです。将来はグローバルに貢献できる国際機関で働きたいです。


左から水野可奈子さん、後藤杏さん、
渡邉佑貴さん

渡邉: 参加した5回のうち、実行委員2回、そして今回日本語版実行委員長として模擬国連に参加しましたが、年々その質が上がっているように感じます。自分自身も、人前で英語でも日本語でも堂々と話をするという力を伸ばすことができたように思います。模擬国連は青春そのものです。アフリカの支援活動に興味があるので、大学ではいろいろと見聞を広めたいと考えています。

水野可: 事前準備は、日本語版、英語版それぞれ同時進行で進めましたが、日本語版の準備が先に進み、英語版が遅れるということがありました。統括役として、すれ違いが起きないように意識し、他の学年もうまく巻き込むことを常に考えて動きました。それぞれに指示を伝え、バランスよく進められるよう努めましたが、思ったように伝わらず、とても難しかったです。模擬国連は他者の違う意見を聞くいい機会となりました。将来はやはり海外で活躍したいと思っています。

関連リンク
公文国際学園公式サイト
学校での導入事例:公文国際学園
<公文国際学園>中高生による「模擬国連」 プレスリリース


 

関連記事

KUMONグループの活動  2017/04/11更新

Vol.203 公文国際学園-英語で行われる模擬国連

中高生が世界各国の国連大使に!? -スーパーグローバルハイスクールとしての取り組み-

KUMONグループの活動  2015/11/10更新

Vol.112 公文国際学園-日本文化体験

イマドキの修学旅行 マグロを探求する日本文化体験

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/05/26更新

Vol.356 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点②            <自学自習>

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる 社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

KUMONグループの活動  2020/05/12更新

Vol.354 浮世絵から見える江戸時代の人々

“百物がたりのまなび”とは? ~人々の暮らしと「お化け」の関係~

子育て・家庭学習  2020/05/01更新

Vol.353 家庭学習調査2019(3)
保護者の子どもへの関わり方

家族の誰と過ごす時間が 長くなっているのか?

KUMONグループの活動  2020/04/28更新

Vol.352 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点①           <個人別・能力別>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.069 後編
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.069 前編
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!