KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/08/24更新

Vol.271 英語もKUMON―北浦三育中学校  

「やる気のスイッチ」をオンにする
「丁寧さ」「楽しさ」
「自学自習」の力を身に付ける一助にも

「三育」という名が示している通り「知育・徳育・体育」の円満な発達を教育理念とする学校法人三育学院北浦三育中学校。「人間が持っている可能性を最大限に伸ばし、その能力を生かして人に奉仕することのできる人材づくり」をモットーとしています。そんな同校では1991年から公文式学習を導入。現在は1年生が全員、週3日、放課後の学習時間に公文式英語の教材学習に取り組んでいます。今回はその学習効果について、お話をうかがいました。

「勉強って楽しいんだ!」に気付けた公文式
理解してから次に進むから「わかる」「できる」


左からAさん、Kさん、Sくん

次に、生徒の皆さんに中学校に入学してから約3か月間、公文式を学習してみての感想をうかがいました。

―― 公文式学習をやってみて、いかがですか?

Aさん(取材時は高校1年生相当の公文式英語JⅠ教材を学習中):  私は小学校の授業でも公文式英語が取り入れられていたので、小学1年生から学習をしています。公文のいいところは、単語や発音を覚える力がついて、英検を受けるにもとても大きな助けになっているなと思います。昨年、小学6年生で英検3級に合格したので、次は準2級に挑戦したいと思っています。

Kさん(取材時は中学1年生相当の公文式英語GⅠ教材を学習中): 私は中学校に入って初めて公文式をやったのですが、公文のプリントはいきなり難しい問題ではなく、少しずつ難しくなっていって、1枚ごとにレベルが上がっていくので、それがとてもいいなと思います。

Sくん(取材時は中学2年生相当の公文式英語HⅠ教材を学習中): 僕は中学校入学に向けて、小学5年生から公文式をやっています。僕は「E-Pencil(イー・ペンシル)」で学ぶのがいいなと思っています。「E-Pencil」で英語を聴いていると、わからない単語もあるけれど、場面が思い浮かぶような感じで音楽や会話が進むので、楽しく取り組めています。

―― ほかの教材とは違う、公文式ならではの特徴を教えてください。

Aさん: ふだんの授業での教科書は、みんなで同じところをやるけれど、公文式では自分自身に合ったところから始めることができて、理解してから次に進めるので楽しいです。それに頑張ればちょっと上のレベルにも挑戦できるので、そういうところが良いなと思います。

Kさん: 公文式のプリントは、一人ですいすい進めることができるので嬉しいです。私はすぐに飽きてしまう性格で、小学生の時は勉強もあまり好きではありませんでした。でも、公文は楽しく進められるので、「あ、勉強って楽しいんだな。もっと勉強したいな」って思えるようになりました。

Sくん: 僕も自分に合ったレベルから始められるところと、やっぱり「E-Pencil」で英語を聴くことができるというところがほかの教材とは違うなと感じています。

「やらなければ」から「自分のためにやろう」へ
やる気アップで膨らむ将来の夢


女子寮での学習の様子

―― 公文式学習を始めてから、自分自身に変化を感じていることはありますか?

Sくん: 苦手だった「be動詞」「一般動詞」が理解できるようになって、ちゃんと言えたり書けたりできるようになりました。

Kさん: 授業で「Do」を習った時、最初どういうふうに使うのかよくわからなかったのですが、公文式でそこまで追いついたら自然とわかるようになりました。公文式のプリントには「Do」を使った例文がたくさん書かれてあって、すごく理解しやすかったです。

Aさん: 自主的に勉強するようになったと思います。正直、始めたばかりの小学1、2年生の頃は嫌で仕方なかったんです。宿題も泣きながらやっていた記憶があります。でも、4年生くらいの頃から楽しいなと感じるようになってきて、最初は「やらなければいけない」だったのが、今は「自分のためになるからやろう」と思えるようになりました。

―― これからの目標を教えてください。

Sくん: まだ「5W1H」の使い方が覚えられていないので、それをできるようにしたいです。あとは単語ももっと覚えたいです。

Aさん: これから受験のことも考えると、英検は大事だと思うので、それに向けて公文を頑張りたいのと、将来海外旅行に行った時に人に頼らずに自分で英語で会話できるようにしたいなと思っています。

Kさん: 2年後の2020年東京オリンピックの時には、家族で観に行こうと言っているので、その時に海外から来た人たちに道を聞かれたりしたら、英語で答えてあげられたらいいなと思っています。あとは将来的にはキャビンアテンダントや通訳など、英語を使った仕事に就きたいと思っているので、頑張りたいです。

 

関連リンク
北浦三育中学校
「学校での公文式」

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!