KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/08/08更新

Vol.221

浮世絵に見る江戸時代の子どもたち  

五感を駆使して
身体に滲み込むまでくり返す
「遊び」「学び」『生きる力』に通じる

時代とともに子どもの「遊び」は様相を変えていきますが、江戸時代の子どもにとって「遊び」はどんな意味を持っていたのでしょうか。おそらく当時は自然に囲まれ、子どもたちは木登りや川遊び、魚釣りや虫取りなど自然を相手にさまざまな経験を積みながら、友だちとの遊びを通して人との付き合い方や思いやりの心を育み、時には喧嘩をして仲直りや仲裁の仕方などを体験的に学んでいたものと思われます。また、子どもたちは遊びを伝承し、遊びを通して創造力を発揮し、新しい遊びを生み出していきました。当時の遊びを描いた浮世絵をみるとその豊富さに驚かされます。

「子供遊び尽くし 春 夏 秋」の不思議

この浮世絵は公文教育研究会が所蔵している歌川芳虎が描いた「尽くし絵」という種類の浮世絵です。画題は「子供遊び尽くし 春 夏 秋」。四季折々のさまざまな遊びを右から順に「春」、「夏」、「秋から冬」と図鑑のように絵の描写によって紹介しています。この浮世絵を通して、当時の様子を見てみましょう。

浮世絵
子供遊び尽くし 春 夏 秋 歌川 芳虎 嘉永頃(1848-1854)

この作品には「縄跳び」、「コマ回し」、「鬼ごっこ」、「蛍狩り」などの私たちにとっても馴染み深い遊びや、あまり見たことのない「ちんちんもがもが」、「小弓」、「どうどう巡り」、「子をとろ子とろ」、「ぼんぼん」、「神楽遊び」、「お馬」などの数多くの外遊びが所狭しと描かれています。おや?なぜか右上に寺子屋で学ぶ4人の寺子(生徒)が描かれています。「遊び尽くし」なのに・・・不思議に思いませんか。当時の寺子屋の「学び」が子どもたちにとってどんな意味があったのかが分かれば、その理由が見えてくるかもしれませんね。

寺子屋の学び


番匠往来(大工の教科書)天保2年

江戸時代の寺子屋は、手習(てならい)塾または手習所とも呼ばれ、庶民の子どもたちの「学びの場」として全国的に広がりました。入門の年齢に決まりはありませんが、7歳前後になると地元の寺子屋に入門し、10~11歳頃まで通っていたようです。寺子屋の師匠(先生)は寺子一人ひとりの将来の職業を見据え、能力に応じて個人別に直筆の手本を書いて与え、稽古(指導)をつけていました。

学び方の基本は、師匠の手本通りに「真似る」こと。「学び」という言葉は、「真似び(まねび)」から生まれたとも言われます。特に「書き」の練習においては師匠の手本をしっかり見ながら、手習草子(練習帳)が真っ黒になるまで何度も書いて文字や言葉、そして文章を覚えていきました。右に将来「大工」になるための教科書である「番匠往来」をあげましたが、左のページだけでも同じように書くためには、くり返して書く必然性を感じるのではないでしょうか。


4人の寺子たち

「子供遊び尽くし」の右上に描かれていた4人の寺子たちのうち、手前の寺子は往来物を一人で音読しているようです。これは素読(そどく)という学習法で、師匠に教えられた読み方を何度も真似て読むことで、暗誦(あんしょう)できるまで練習しました。その左には、江戸後期に寺子屋で広がった算盤で計算練習をしている姿も描かれています。

当時の子どもたちは12~13歳頃には、親と同じ仕事に就いたり、奉公に出されたりしますから、子どもたちにとっては寺子屋の数年間の学びすべてが一生涯の『生きる力』そのものだったのでしょう。それだけに、その学びは五感を駆使して身体に滲み込むまでくり返し行われたのではないでしょうか。当時の子どもたちにとって、「遊び」や「学び」はどちらも『生きる力』を身につけるために欠くことのできないものだったのですね。楽しい「遊び」ばかりに偏ることなく、「学び」も忘れてはならないという意味を込めて、「遊び尽くし」でありながらも寺子屋の「学び」が描かれたのかもしれません。

時代とともに子どもの生活も取り巻く環境も変化していきますが、江戸時代の子どもの遊びを描いた浮世絵の中に、今の子どもたちの育て方のヒントがあったのではなでしょうか。

 

関連リンク
KUMONレポート-子ども文化史料編|KUMON now!トピックス
くもん子ども浮世絵ミュージアム
※WEBサイト「くもん子ども浮世絵ミュージアム」では、KUMONが所蔵する子ども浮世絵約1,800作品の画像を公開しています。日常生活や季節の行事の中で遊ぶ子どもの姿や、子どもをめぐる愛情豊かな場面、甲斐甲斐しく子どもの世話をする母親の姿など、子どもたちが家族や地域の大人たちに大切に育てられ、成長していった様子が生き生きと描かれた作品を自由に閲覧することができます。上記関連リンクからぜひご覧ください。

関連記事

KUMONグループの活動  2020/06/09更新

Vol.358 KUMONの子ども文化研究

浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

KUMONグループの活動  2018/01/09更新

Vol.241 時代を超えて学び方のヒントを探る

「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」

KUMONグループの活動  2015/01/06更新

Vol.069 KUMONの子ども文化活動-お正月の子ども浮世絵

子ども浮世絵のなかに描かれたお正月百聞は一見に如かず.江戸時代の羽根つきや双六などの遊び、そして学びの場

KUMONグループの活動  2013/10/01更新

Vol.005 くもん子ども浮世絵ミュージアム

浮世絵という貴重な文化史料から子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

KUMONグループの活動  2014/05/27更新

Vol.038 KUMONの子ども文化活動-江戸時代子ども遊び大辞典

浮世絵で ”子どもの遊び文化”を継承する

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!