KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/08/08更新

Vol.221 浮世絵に見る江戸時代の子どもたち  

五感を駆使して
身体に滲み込むまでくり返す
「遊び」「学び」『生きる力』に通じる

時代とともに子どもの「遊び」は様相を変えていきますが、江戸時代の子どもにとって「遊び」はどんな意味を持っていたのでしょうか。おそらく当時は自然に囲まれ、子どもたちは木登りや川遊び、魚釣りや虫取りなど自然を相手にさまざまな経験を積みながら、友だちとの遊びを通して人との付き合い方や思いやりの心を育み、時には喧嘩をして仲直りや仲裁の仕方などを体験的に学んでいたものと思われます。また、子どもたちは遊びを伝承し、遊びを通して創造力を発揮し、新しい遊びを生み出していきました。当時の遊びを描いた浮世絵をみるとその豊富さに驚かされます。

「子供遊び尽くし 春 夏 秋」の不思議

この浮世絵は公文教育研究会が所蔵している歌川芳虎が描いた「尽くし絵」という種類の浮世絵です。画題は「子供遊び尽くし 春 夏 秋」。四季折々のさまざまな遊びを右から順に「春」、「夏」、「秋から冬」と図鑑のように絵の描写によって紹介しています。この浮世絵を通して、当時の様子を見てみましょう。

浮世絵
子供遊び尽くし 春 夏 秋 歌川 芳虎 嘉永頃(1848-1854)

この作品には「縄跳び」、「コマ回し」、「鬼ごっこ」、「蛍狩り」などの私たちにとっても馴染み深い遊びや、あまり見たことのない「ちんちんもがもが」、「小弓」、「どうどう巡り」、「子をとろ子とろ」、「ぼんぼん」、「神楽遊び」、「お馬」などの数多くの外遊びが所狭しと描かれています。おや?なぜか右上に寺子屋で学ぶ4人の寺子(生徒)が描かれています。「遊び尽くし」なのに・・・不思議に思いませんか。当時の寺子屋の「学び」が子どもたちにとってどんな意味があったのかが分かれば、その理由が見えてくるかもしれませんね。

寺子屋の学び


番匠往来(大工の教科書)天保2年

江戸時代の寺子屋は、手習(てならい)塾または手習所とも呼ばれ、庶民の子どもたちの「学びの場」として全国的に広がりました。入門の年齢に決まりはありませんが、7歳前後になると地元の寺子屋に入門し、10~11歳頃まで通っていたようです。寺子屋の師匠(先生)は寺子一人ひとりの将来の職業を見据え、能力に応じて個人別に直筆の手本を書いて与え、稽古(指導)をつけていました。

学び方の基本は、師匠の手本通りに「真似る」こと。「学び」という言葉は、「真似び(まねび)」から生まれたとも言われます。特に「書き」の練習においては師匠の手本をしっかり見ながら、手習草子(練習帳)が真っ黒になるまで何度も書いて文字や言葉、そして文章を覚えていきました。右に将来「大工」になるための教科書である「番匠往来」をあげましたが、左のページだけでも同じように書くためには、くり返して書く必然性を感じるのではないでしょうか。


4人の寺子たち

「子供遊び尽くし」の右上に描かれていた4人の寺子たちのうち、手前の寺子は往来物を一人で音読しているようです。これは素読(そどく)という学習法で、師匠に教えられた読み方を何度も真似て読むことで、暗誦(あんしょう)できるまで練習しました。その左には、江戸後期に寺子屋で広がった算盤で計算練習をしている姿も描かれています。

当時の子どもたちは12~13歳頃には、親と同じ仕事に就いたり、奉公に出されたりしますから、子どもたちにとっては寺子屋の数年間の学びすべてが一生涯の『生きる力』そのものだったのでしょう。それだけに、その学びは五感を駆使して身体に滲み込むまでくり返し行われたのではないでしょうか。当時の子どもたちにとって、「遊び」や「学び」はどちらも『生きる力』を身につけるために欠くことのできないものだったのですね。楽しい「遊び」ばかりに偏ることなく、「学び」も忘れてはならないという意味を込めて、「遊び尽くし」でありながらも寺子屋の「学び」が描かれたのかもしれません。

時代とともに子どもの生活も取り巻く環境も変化していきますが、江戸時代の子どもの遊びを描いた浮世絵の中に、今の子どもたちの育て方のヒントがあったのではなでしょうか。

 

関連リンク
KUMONレポート-子ども文化史料編|KUMON now!トピックス
くもん子ども浮世絵ミュージアム
※WEBサイト「くもん子ども浮世絵ミュージアム」では、KUMONが所蔵する子ども浮世絵約1,800作品の画像を公開しています。日常生活や季節の行事の中で遊ぶ子どもの姿や、子どもをめぐる愛情豊かな場面、甲斐甲斐しく子どもの世話をする母親の姿など、子どもたちが家族や地域の大人たちに大切に育てられ、成長していった様子が生き生きと描かれた作品を自由に閲覧することができます。上記関連リンクからぜひご覧ください。

関連記事

KUMONグループの活動  2018/01/09更新

Vol.241 時代を超えて学び方のヒントを探る

「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」

KUMONグループの活動  2017/05/02更新

Vol.207 KUMONレポート-子ども文化史料編

江戸時代の子ども文化を疑似体験 ~江戸庶民の子どもの「遊び」と「学び」~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!