トップ > KUMON now! > トピックス > 「学習療法」を共通言語に学び合う高齢者介護施設

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/07/04更新

Vol.216

高齢者介護施設が学び合う場  

介護される側も、する側も
「自信」「意欲」「誇り」を引き出す
「学習療法」の広がり

超高齢化社会を迎えた日本において、認知症高齢者への介護は大きな課題のひとつとなっています。公文教育研究会は、2004年より高齢者介護施設での「学習療法」の展開に取り組み、現在では全国約1500の施設に学習療法が導入されています。最近では、学習療法を利用者のケアにどう活かしていくか事例を交えて学び合う場が全国各地で開催され、学習支援にあたっている施設スタッフ同士の交流の場が広がっています。そのひとつが「関東広域マスター勉強会」。第33回勉強会が、5月23日に千葉県松戸市にある「介護老人保健施設まつど徳洲苑」で行われました。

高齢者の「意欲」をかきたてるさまざまな工夫

学習療法とは、簡単な「読み書き」「計算」と「コミュニケーション」によって認知症高齢者の脳機能の維持・改善を図る「非薬物療法」のこと。2001年から3年間行われた、東北大学の川島隆太教授を中心とする研究グループと高齢者介護施設、公文教育研究会との共同研究によって学習療法が、高齢者の脳機能を活性化させることが明らかとなりました。そして2004年、当会は、全国の介護施設へ学習療法の導入・実践をサポートするため、学習療法センターを設立しました。

導入施設による学習療法の実践が進む中、首都圏で学習療法を導入している施設の学びと交流の場として、2010年に「関東広域マスター勉強会」がスタートしました。各施設でどのような工夫がされているのか、そしてどんな効果が表れているのかを、施設のスタッフ同士が学び合うことで高齢者介護の質向上を図っています。

今回の勉強会は、「医療法人沖縄徳洲会 介護老人保健施設まつど徳洲苑」で開催されました。茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川の14施設から約40名が参加。まつど徳洲苑での学習療法の見学の後、グループに分かれての意見交換というプログラムでした。

同苑では、入所介護サービスの利用者を対象に、週に3回以上、30分程度の学習療法を実施しています。学習療法の時間を「粋々(いきいき)大学」と名づけて、スタッフが「大学の時間ですよ」「今から大学に行きましょう」と声をかけるなど、利用者の意欲をかきたてるためのさまざまな工夫が凝らされています。

また、介護スタッフに限らず、ケアマネージャー、看護師、管理栄養士、事務員まで、全63名のスタッフが所定の研修を受けて「学習療法実践士」の資格をとり、導入当初から「施設全体での取り組み」として、お互いにカバーし合う協力体制がしっかりと整えられています。

「粋々大学」では利用者の方もスタッフも、お互いに笑顔で学習が進められています。同苑のスタッフは、こんな話をしてくれました。 “ある利用者の方は、粋々大学が本当に好きで、「大学に行きましょう」と自分から言ってきてくれるんです。学習療法を始めてから記憶力も改善し、最近ではお孫さんの電話番号まで覚えてしまったんですよ”

参加者が勉強会で得る学びとは?

関連記事

KUMONグループの活動  2017/08/01更新

Vol.220 学習療法-
高齢者が自分らしく暮らしていくサポートを

「変わらないことが変化」 認知症高齢者に毎日喜びを届けたい

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

KUMONグループの活動  2014/02/18更新

Vol.024 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』

ドキュメンタリー映画 『僕がジョンと呼ばれるまで』 メイキングストーリー 海を渡った「学習療法」

KUMONグループの活動  2014/01/21更新

Vol.020 学習療法-脳の健康教室

笑顔づくり、友人づくり、生きがいづくり 「脳の健康教室」 大阪府/大阪狭山市&ボランティア団体・楽らくクラブ 「脳の健康教室」より

KUMONグループの活動  2013/09/03更新

Vol.001 学習療法-石巻市の被災地支援に「脳の健康教室」

「心の復興」を遂げた 他団体との協働 東日本大震災での支援活動 宮城県/石巻市・牡鹿半島侍浜「脳とからだの健康教室」より

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!