KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/07/21更新

Vol.164 未来を創る仕事-国立科学博物館  

博物館は人生を豊かにしてくれる存在
「変化を感じる面白味」こそがサイエンス

独立行政法人 国立科学博物館 久保晃一さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話を伺うのは、国立科学博物館で人気の展示室、「親と子のたんけんひろば コンパス」の立ち上げに関わった公文式OBです。科学をもっと身近に感じるためにできることについて伺いました。

―― 公文式学習の思い出についてきかせてください。

小学1年生のときから中学3年生になるまで通っていました。最初は算数だけでしたが、その後国語もやるようになりました。毎日宿題があったことが印象深かったのですが、どうすればその宿題を効率的に進められるかを考えたり、コツコツと取り組むことの大事さなど、学力以外の力も身についたことが自分にとってはよかったと思っています。仕事柄、「用意周到」「臨機応変」であることを心がけているのですが、そうした考えの土台は公文式学習で培われたのかもしれません。中学生のころ、母に「公文は数学ができるためにやっているんじゃなくて、論理的に考えるための勉強なんだね」と話した記憶があります。

―― これから実現したい夢についてきかせてください。

多くの方にとって、博物館は非日常のものと思われているかもしれませんが、もっと日常に溶け込む存在にしていきたいと常々考えています。それこそ「コンパス」のような展示室もその取り組みの一つ。「コンパス」での発見や感動の思い出を、大人になっても忘れずに世代を超えて訪れて楽しんでもらえるようにしていきたいです。博物館は人生を豊かにしてくれる存在ですので、科学が苦手だと思われている親御さんも、お子さんから離れて待っているのではなく、ぜひ一緒に見て、純粋に驚いたり楽しんだりしてほしいと思います。

当面の仕事では、3年に一度開催される世界中の博物館にかかわる専門家たちが一堂に会する国際博物館会議(ICOM)が、2019年に京都で開催されるのですが、こちらの成功に向けた準備活動に邁進しています。

―― 今学んでいる子どもたちへのメッセージをお願いします。

科学の素養として、「感じる」「知る」「考える」「行動する」という4つの力をバランスよく身につけることが大切です。科学って、白衣を着た専門家だけのものでも、かしこまって特別視するようなものでもありません。日常の中にも、さまざまな変化を見つけることこそが科学の入り口だと思います。たとえば、道端に咲く花の成長に気づいたり、雨の音が日によって違うことに気づいたりといったことなどです。子どもたちにはぜひ、日常の中にある変化を感じ、不思議だと思う力を大切にしてほしいと思います。

公文の学習でも、できないことができるようになって自分の変化や成長に気づくことで、やる気につながると思います。そうした「変化を感じる面白味」こそ、科学への興味そのものなのです。

(画像提供:国立科学博物館)

 

関連リンク
国立科学博物館
国立科学博物館 親と子のたんけんひろば コンパス
(入室整理券による当日予約制。開室時間、入室方法等はHPをご確認ください)

関連記事

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟

小さなことの積み重ねが 大きなことを成し遂げる力になる公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2014/08/05更新

Vol.048 未来を創る仕事-富士通

考え抜いたイメージを 設計図に描いて形にする喜び 富士通株式会社 吉田利雄さん

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL

積み重ねた経験は 自分を助ける道具になる 達成感こそパイロットの醍醐味 日本航空株式会社 櫻井聡史さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!