KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/07/21更新

Vol.164

未来を創る仕事-国立科学博物館  

博物館は人生を豊かにしてくれる存在
「変化を感じる面白味」こそがサイエンス

独立行政法人 国立科学博物館 久保晃一さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話を伺うのは、国立科学博物館で人気の展示室、「親と子のたんけんひろば コンパス」の立ち上げに関わった公文式OBです。科学をもっと身近に感じるためにできることについて伺いました。

―― どのようなお仕事をされているのですか。

独立行政法人 国立科学博物館
博物館等連携推進センター
博物館連携室 主任
久保 晃一さん

国立科学博物館で、未就学のお子さんとその保護者を主な対象とした展示室である「コンパス」の立ち上げに関わっていました。現在「コンパス」がある場所には、以前「発見の森」という展示室があったのですが、対象年齢を下げて未就学世代とその保護者を新たなターゲットとし、博物館での体験をより楽しく身近に感じてもらう新たな手法で大きくリニューアルをし、2015年7月にオープンしました。

「コンパス」は、運営面・展示内容ともにさまざまな試行錯誤を経て誕生しました。展示の特徴としては、子どもがリードできる展示空間を意識して作りました。また子どもの目線で発見できるものを親子で共有したり、一緒に手を動かして作業をしたり、親が子どもを抱っこして持ち上げることで初めて見られるものがあるなど、親子のコミュニケーションを促すしかけをたくさん用意しています。

「コンパス」を立ち上げた後の現在は、国内外の博物館連携の仕事に関わっており、全国の博物館のための情報発信や成果の共有、また各地域の博物館を通じて科学リテラシーをより多くの人たちに身につけてもらうための活動をしています。

―― どのような経緯で現在の道に進んでこられたのですか?

小さい頃から、両親に地元の科学館によく連れて行ってもらった思い出があります。実際に博物館で働きたいと思ったのは、大学に入る前の浪人生の頃でした。勉強以外にも博物館や美術館などたくさんの場所へ足を運んだことが、自分の将来について考えるきっかけになりました。学生時代に国立科学博物館のアルバイトでワークショップのプログラム開発や運営のサポートで関わるようになり、大学院を卒業した後、試験を経て、こちらの職員として勤務することになりました。

―― 博物館の職員になるために必要な力はありますか?

自然科学など、自分が得意な専門分野を持つことも必要ですが、自分の好き嫌いに関わらず、さまざまなことに興味をもち、好奇心や探究心とともに面白味を見つけられることの方が大切かもしれません。また、博物館はさまざまな素材を組み合わせて展示するところですので、論理的に物事を考えたり仮説を立てる力も求められるでしょう。

公文式学習で身についた力とは?

関連記事

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟

小さなことの積み重ねが 大きなことを成し遂げる力になる公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2014/08/05更新

Vol.048 未来を創る仕事-富士通

考え抜いたイメージを 設計図に描いて形にする喜び 富士通株式会社 吉田利雄さん

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL

積み重ねた経験は 自分を助ける道具になる 達成感こそパイロットの醍醐味 日本航空株式会社 櫻井聡史さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!