KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2014/08/05更新

Vol.048 未来を創る仕事-富士通  

vol048_lg_main.jpg
考え抜いたイメージ
設計図に描いてにする喜び
富士通株式会社 吉田利雄さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体において日々ご活躍されています。そんな方々の「今」とそこにつながるルーツを探り、学びを積み重ねた先の「未来」について、レポートします。今回はスーパーコンピュータ「京(けい)」開発者の一員である、富士通の吉田利雄さんにお話を伺いました。


富士通株式会社
次世代テクニカルコンピューティング開発本部
LSI開発統括部 第一技術部 部長
吉田利雄 さん

―― 今のお仕事についてきかせてください。

現在は、富士通の次世代コンピュータ開発の部署で、おもにスーパーコンピュータのCPU(中央演算処理装置)の回路設計をしています。

―― 今のお仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか。

じつは入社した当時は、コンピュータの知識はほとんどありませんでした。入社してから1年ほどはコンピュータの基本について猛勉強をして、その後社内でCPU開発のための新しいプロジェクトが動き出すことになり、それに手を挙げて関わることになりました。

―― スーパーコンピュータとはどのようなものなのでしょうか?

私は2000年からスーパーコンピュータ向けのCPU開発に関わっていますが、2007年にはスーパーコンピュータ「京」のCPU開発に関わりました。「京」は、2011年6月に世界のスーパーコンピュータランキングで第一位を獲得しました。

スーパーコンピュータの役割は、膨大な費用と莫大な時間が必要な実験などを、シミュレーションによって解決する上で大変重要なもので、さまざまな分野における最先端研究での貢献が期待されています。

―― 仕事を通じての喜びやこれからの夢についてきかせてください。

何よりモノを作り出す実感が大きいこと、そして自分が考え抜いたイメージを設計図に描いて、まだ形のなかったものを形にしていく過程に喜びを感じます。

今は自分が関わるスーパーコンピュータを通して、これまで人間が解けなかった生命科学や医療の課題、気象、または地震や津波などによる防災・減災などを、一分一秒でも早く解き明かすことで、社会に貢献していきたいですね。

―― 子どものころや公文式の学習の思い出は?

公文式教室に通い始めた時はどの課題もばらばらなことをやっている感覚でしたが、続けることであるときコツをつかんで、急に解けるようになったときにとても楽しくなった経験があります。今思うと、子どもがまるで自転車に初めて乗ることができるようになった瞬間のように、見える世界が変わるような感覚だったかもしれませんね。

―― 公文で学んだことが今に通じていることはありますか?

苦労しながら少しずつ積み重ねてきたことが、その後どこかで必ず役に立つという経験をたくさんしたことですかね。今仕事で苦労していることもそのうちパッと晴れるような瞬間がきっと来て、それが自分にとっての糧になるだろうと信じてやっています。公文での経験が今につながっているような気がします。

―― 今学んでいる子どもたちへのメッセージをお願いします。

自分で考えて、その結果できたという達成感を得て、それを積み重ねていく。まさに、こうした「自学自習」が大切です。その習慣は大人になってからも重要なので、早くから身につけたほうがいいと思います。

私は現在、すでにスーパーコンピュータ「京」の後継の開発を終え、さらにその次のものに着手をしています。資源の少ない日本ですが、自分たちの技術力によって「世界一」を目指すことで、子どもたちが憧れをもってその道を目指すきっかけになったらとても嬉しいです。



提供:理化学研究所

関連リンク

※インタビューにご登場いただいた吉田さんがマンガの主人公の一人として描かれていますので、ぜひご覧ください。
独立行政法人理化学研究所

関連記事

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2016/06/21更新

Vol.157 未来を創る仕事-グンゼ

楽しみながら根気よく くり返しやることで新たな力が生まれる グンゼ株式会社 西堀公人さん

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

学習者・OBOG  2016/07/21更新

Vol.164 未来を創る仕事-国立科学博物館

博物館は人生を豊かにしてくれる存在 「変化を感じる面白味」こそがサイエンス 独立行政法人 国立科学博物館 久保晃一さん

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL

積み重ねた経験は 自分を助ける道具になる 達成感こそパイロットの醍醐味 日本航空株式会社 櫻井聡史さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!