KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/07/19更新

Vol.163 くもんの小学生向けドリル  

家庭学習だからこそ育みたい
“自学自習”の芽
くもんの小学生向けドリル
~夏休みにオススメのドリルを紹介!~

「どんな子どもにも、家庭学習で“できる!”自信をつけてほしい」――そんな願いから出版された「くもんの小学ドリルシリーズ」は四半世紀を超えるロングセラーとなっています。今回は、くもん出版編集部長の泉田義則に、ドリルに込めた思いや、くもんのドリルならではの特徴について聞きました。

Q.途中でつまずかないように、どんな工夫がされているのですか?

くもんのドリルは、公文式教室で使用している教材と同じように“スモールステップ”で構成されています。次のページを開いたら、教科書のように全く新しい内容のものが出てくるのではなく、少しずつステップアップしていきます。また反復練習も取り入れているので、知らず知らずのうちに、少しずつ力が高まっていくことを目指しています。この“少しずつスラスラと”が、真の力を育んでいきます。

ご使用いただいた保護者からのアンケートでも「1枚1枚進むごとに、たし算が楽しく思えているように見えました」「最初はすごく簡単でしたが、少しずつ難しくなり、ちょうどいい加減だったので、最後まで楽しく学習できました」といった感想をいただいています。公文式が目指す「子どもたちが意欲的に学習習慣を身につけること」が、ドリルでも実現されているというのは、本当にうれしいことです。

Q.子どもに苦手分野が出てきた場合はどうしたらいいでしょう?


「にがてたいじドリルシリーズ」
各540 円(税抜)

くもんの小学生向けドリルは、15種類のシリーズがあります。「にがてたいじドリルシリーズ」は、「うちの子は、計算はできるけれど、時計が苦手です」という声が多く聞かれたことがきっかけで生まれました。その単元だけを学習したいという声にこたえた訳です。例えば、小学1年生から3年生でならう算数の「時こくと時間」の単元をピックアップし、一冊にまとめています。

実は子どもが何かの単元でつまずいた場合、その原因が前の学年やその前の学年にひそんでいることが多分にあります。「にがてたいじドリルシリーズ」が2、3学年前の内容から始まる理由はここにあります。また、子どもが嫌になって途中で投げ出さないように問題量やレイアウトにもこだわりました。子どもにとって、1冊をやり終えるというのは人生が変わるくらいの大きなできごとです。達成感によって生まれる自信こそが、後に学習意欲へとつながっていきます。
*記事末尾にお子さまの課題・目標別にオススメのドリルを示した一覧表がありますので、ご参照ください。

夏休みにオススメのシリーズは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!