KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132

日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表  

母子間コミュニケーションツール
としてのBaby Kumon

2015年11月、KUMONは「日本子育て学会 第7回大会」で、0~2歳の親子向け教育サービスである「Baby Kumonプログラムの効果測定縦断調査」についての研究結果を発表しました。今回は、その研究結果の一部をご紹介します。

歌いかけ・読み聞かせが習慣化する

乳幼児期からの「歌いかけ・読み聞かせ」

Baby Kumonプログラムの経験のある母親とない母親の比較において、Baby Kumonプログラムの経験のある母親は、「読み聞かせ」活動に対しての意欲や時間が増加し、習慣化していることが示唆される結果が出ました。

一般的には、乳幼児に対する「歌いかけ・読み聞かせ」は、子どもが顕著に反応するようになる時期(1歳後半以降)になると、多くの母親が積極的に取り組むようになります。しかし、Baby Kumonプログラム経験のある母親は、0歳児や1歳前半児に対しても積極的なはたらきかけをしていることがわかりました。このことから、Baby Kumonプログラムのサポートによって、子どもの反応がそれほど顕著ではない0歳~1歳前半の時期の子どもに対しても、母親が楽しく「歌いかけ・読み聞かせ」に取り組め、習慣化していくことができるようになると考えられます。

Baby Kumonセットは母子間の「変化のあるやりとり」を促し 母親の子育て意識にも好影響を及ぼす

これまでの発達心理学の研究から、母子相互関係において、母親が子どもと向かい合い、その行動を受容して、子どもの行動の意味や感情をとらえて言語化する(ほめる、発展的な応答をする)といった「変化のあるやりとり」は子どもの全般的な発達には必須であると考えられています。

Baby Kumonセットには、「えほん」「うたぶっく&CD」「やりとりぶっく/カード」といった親子でやりとりを楽しむためのアイテムが入っています。これらは「変化のあるやりとり」ができるように配慮して制作されています。今回の調査では、Baby Kumonの経験のある母親の方が、経験のない母親に比べて「親子遊びの量」が多く、歌いかけ・読み聞かせに限定されない、その親子オリジナルの発展的なやりとりが行われていることが示唆されました。

乳幼児期からの「歌いかけ・読み聞かせ」

それに加えて、Baby Kumonタイムで月に一度話をする「公文式教室の指導者の存在」と親子のやりとりの記録や子どもの様子を記入する「れんらく帳」とガイドブック(「やりとりレシピ」と「ベーシックブック」)も、母子間の「変化のあるやりとり」を成立させるうえで重要な要素であることも明らかになりました。Baby Kumonタイムで、指導者がわが子の成長を一緒に喜んで、自分の子育てについてほめてくれることは、家庭での子どもとのやりとりの意欲を高め、指導者やガイドブックから親子遊びの提案など「変化のあるやりとり」を展開させるヒントを得ることができます。

今回の研究を通じて、「歌いかけ・読み聞かせ」を中核としたBaby Kumonプログラムの経験が、母子関係にどのような影響を及ぼすかが明らかとなりました。KUMONでは、今後もより多くの親子に、Baby Kumonでご家庭での「歌いかけ・読み聞かせ」を楽しく行っていただけるよう、サポートしていきます。

 

関連リンク

開発者に聞く!Baby Kumonのヒミツ!| KUMON now!“歌と読み聞かせ”を科学する | KUMON now!

関連記事

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

子育て・家庭学習  2013/11/19更新

Vol.012 Baby Kumon

開発者に聞く! Baby Kumonのヒミツ

KUMONグループの活動  2016/07/05更新

Vol.160 Baby Kumonに新ラインアップが登場

2歳児の発達に寄り添って 「親子で一緒に」から 「自分一人で」に少しずつ挑戦! ~Baby Kumon Advanced 7~12号リリース~

KUMONグループの活動  2018/12/18更新

Vol.287 Baby Kumonが目指すもの

親子にちょうどよい 豊かな子育てを目指して

KUMONグループの活動  2017/06/13更新

Vol.213 Baby Kumon 5周年

毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!

バックナンバー

KUMONグループの活動  2022/11/29更新

Vol.463 『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年

皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/01更新

Vol.460 公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語

国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~

KUMONグループの活動  2022/10/28更新

Vol.459 英語で社会の課題解決策を考えよう

地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!