KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/01/12更新

Vol.129 東京中華学校での公文式日本語導入  

もう日本語はこわくない
これなら「わかる」、
これなら「できる」学ぶ自信に!

東京・四谷にある東京中華学校では、週に2回、放課後に中国や台湾からの転入生のための日本語補習授業が行われています。このクラスに、昨年1月から公文式日本語が導入されました。今回は、日本語補習クラス担当の高橋先生と国語担当の伊藤先生のお二人に、クラスの様子をうかがいました。

日本語を話す勇気と自信がついた子どもたち
クラスも明るく、楽しい雰囲気に

―― 実際、公文式を取り入れてみて、いかがでしょうか?

高橋: 一番よかったことは、どの子どもたちも自分に合ったレベルの学習をすることができるようになり、「これならわかる」「これならできる」というふうに取り組めるようになったことです。やはり、子どもたちにとって「わかる」「できる」というのはうれしいことなんですね。それまでは「日本語なんてわからないし、できないよ」と拒否してしまう子もいたのですが、今では自分がやれるところからやっていけば、ちゃんと進んでいけるということがわかっているので、みんな安心して意欲的に学習するようになりました。

伊藤: 私が以前、補習クラスを受け持っていた時には、私が何か言う前から、顔を見ただけで「聴不憧(チンプトン)」って言う子もいたんです。「聴不憧」とは、中国語で「わからない」という意味で、「先生が何を言っても、自分はわからないから」と、厚い壁を作ってしまうんですね。「大丈夫、わかるところからやろう」と言おうとしても、私が口を開こうとしただけで「聴不憧、聴不憧」と……。以前は、そういう生徒がいて大変だったのですが、公文式を取り入れたことで変化が起こりました。

 自分のできるものが目の前にある。「とりあえずやってみようか」という気持ちになってきた。生徒の気持ちの壁がなくなったんですね。日本語へのハードルが下がったことで「聴不憧、わからない」という言葉が出なくなりました。そんな、生徒たちの変化が、クラスの雰囲気も変えたんです。とても明るくなったと感じています。決していい加減にやっているわけではなくて、いい意味でリラックスしているなと。みんなの表情がすごく明るいんです。私が授業を受け持っていない生徒の中には、廊下で私の顔を見ただけで逃げていた子もいたのですが、公文式を取り入れてからは、自信と勇気がわいてきたんでしょうね、廊下で会うと、「あ、先生!」と呼びかけて、知っている日本語を一生懸命使って話してくれるようになったんです。

高橋: ほかの先生方からも「みんな楽しそうに、喜んで日本語を勉強していますね」と言われるようになりました。私自身、公文式を取り入れてから、子どもたちをほめることが多くなってきたなと感じています。それまでは「もっと頑張らなくちゃダメよ」と注意することも少なくなかったのですが、今は「おぉ、すごい。できたねぇ。よかったね」というような言葉が増えてきました。注意するよりも、ほめる方が、教える側としてもやっぱりうれしいですよね。公文式の指導を通じて、以前よりほめることが増えたと感じています。

―― 公文式の効果についてはいかがでしょうか?

高橋: 公文式のシステムというのは、子どもたちがそれぞれの目標をきちんととらえて、着実に進んでいくことができます。また、子どもたちにとっては目に見えて、自分が進んでいることがわかるので、楽しく感じているようです。

伊藤: 子どもは力がついてきていることがわかると、もっとやりたくなるものです。ですから、「このやり方で大丈夫なんだ」という確信、自信が出てきて、さらに意欲がわいてきているのだと思います。

―― 今後についてはいかがでしょうか?

高橋: 転入生をめぐる状況の変化も激しいと感じています。今いる転入生の多くが“ゆくゆくは日本で大学受験をする”という状況で、高い日本語能力が必要とされ始めてきています。転入生は、まずは学校の教科の日本語の授業をできるだけ早く理解できるようになることが第一義です。公文式を使った補習クラスは日本語の入り口ですから、この後も継続して日本語を学べるようなことも考えていかなければいけないと思っています。子どもたちが大学受験や、その先の将来、日本の社会で生きていくための日本語力を身につけていくために、よりよい方法を考えていけたらと思っています。

<東京中華学校>
1929年「東京華僑學校」として開校。「東京華僑小學校」に校名を変更した36年、日中戦争により閉鎖となる。46年「東京中華学校」として復校。現在は小学部、中学部、高等部からなり、2008年には学校法人としての認可を受ける。

 

関連リンク

東京中華学校

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/04/07更新

Vol.349 公文書写-「百人百筆」続編

つづけてよかった公文書写 ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

KUMONグループの活動  2020/03/17更新

Vol.345 寺子屋で学んだ子どもたち

江戸時代に求められた寺子屋での学び

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.061 後編
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.061 前編
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!