トップ > KUMONメディアルーム > 事業の広がり > 第5回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー開催

プレスリリース

第5回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー開催

2017年7月20日 (木)

事業の広がり イベント

logo

【開催地:東京&大阪/参加費無料】
第5回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー
「次世代型英語教育へのチャレンジ」を開催!
~グローバル化と英語教育改革が進む中、身に付けるべき真の英語力とは~

TOEFL iBT®に直結する英語運用能力測定テスト「TOEFL Junior®」と「TOEFL Primary®」を日本国内で普及・運営するグローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T/所在地:東京都港区、代表取締役社長:梅澤 直臣/KUMONグループ) は、「次世代型英語教育へのチャレンジ」と題したセミナーを開催いたします。

昨年のセミナーの様子
昨年のセミナーの様子

5回目となる今年は、東京と大阪の2カ所で開催。小学・中学・高校・大学の教職員、教育関係者の皆さま向けに、英語教育改革および英語力向上に向けた指導法や英語力測定に関する情報をお伝えいたします。

前・文部科学省初等中等教育局の向後秀明氏による、英語教育改革の目的や実状についてのお話、国内英語教育の現場でICTを活用し「世界に通用する英語力」にチャレンジしておられる中学・高校の先生方からの先進的な実践事例紹介、また、CEFR A1レベルからCEFR B1レベルを想定したミニワークショップも実施いたします。

昨今英語教育改革が進み、授業や指導方法に悩まれている先生方も多い中、本セミナーでは日頃英語指導をされる皆さまはもちろん、これから英語指導を始められる皆さまにも安心してご参加いただける内容となっております。ご参加を心よりお待ちしています。

GC&T公式ホームページよりお早目にお申込みください
⇒URL: http://gc-t.jp/seminar/
*取材をご希望の方はリリース最後の問い合わせ先までご連絡ください

【大阪】
開 催 日:2017年9月3日(日)13:00~17:30
会 場:新大阪 公文教育会館(大阪市淀川区西中島5丁目6−6)

【東京】
開 催 日:2017年9月24日(日)13:00~17:30 会 場: 渋谷 フォーラム8キングススクエア(東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7)

定員:いずれも200名 参加費:無料
対象:小学・中学・高校・大学の教職員、教育関係者の皆さま
各会場定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます
後援:文部科学省、各都道府県教育委員会、アメリカ大使館、Education Testing Service(ETS)

【プログラム】

セミナー 13:00-14:55

●基調講演「日本の英語教育改革への期待と指導者に求められること」
講師:向後 秀明 氏 敬愛大学国際学部国際学科教授/前 文部科学省初等中等教育局教育課程課・国際教育課 教科調査官


●「TOEFL Junior®およびTOEFL®ご活用背景、授業内容」

講師:(大阪・東京)町田 智久 氏 国際教養大学:専門職大学院 准教授
(大阪)吉田 成 氏 清風南海学園中学・高等学校 教師 
(東京)石川 茂 氏 日出学園中学・高等学校 教師

ミニワークショップ 15:10-16:35

●「CEFR A1~B1の指導法」
(大阪・東京)講師 町田 智久 氏 国際教養大学:専門職大学院 准教授

●「TOEFL® で発揮できる英語力をICT教育で」
(大阪・東京)講師 荒牧 国晴 氏 Institution for a Global Society(IGS) 執行役員

パネルディスカッション16:35-17:30

●「めざすべき英語力とその育成を可能にする指導とは?」
※講師全員がご登壇されるパネルディスカッションです。

 

TOEFL Junior®・TOEFL Primary®とは・・・
「読む」「聞く」の2技能における英語運用能力を、”世界基準“で測定するペーパーベースのテストです。世界中の英語テストの中で最も幅広い130の国と地域で受け入れられ、年間約100万人が受験するTOEFL®。その中高生版としてTOEFL Junior®が、小中学生向けとしてTOEFL Primary®が開発されました。テスト結果はスコアのほか、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)や、Lexile®指数が示されます。英問英答のマークシート方式で、解答はコンピュータで自動採点。すべてのテストフォームの難易度が一定に保たれ、評価の公平性を担保しています。海外の学校生活や授業、友達との会話などを題材に「どれだけ英語を使えるか」を測ります。TOEFL iBT®に挑戦される方にはぜひご活用いただきたいテストです。TOEFL Junior®は、中学・高校をはじめ教育委員会の事業での使用や、国内約120の大学で推薦・AOの他、一般入試にも活用されています。世界では約65ヵ国で実施され、北米、オーストラリアなど海外の学校へ留学する際の要件にもなっています。
TOEFL Primary®は、ぞれぞれ、Step1、Step2の2種類があり、習熟度に合わせていずれかを選択していただきます。英語教育を重視している中学校・小学校、民間の英語塾での活用が進んでおり、東京都をはじめ公立の小学校での導入事例も出てきています。

~次回、TOEFL Junior®・TOEFL Primary® 公開テスト概要~
◆試験日・・・・・2017年12月10日(日)
◆申込期間・・・・申込期間2017年9月21日(木)正午~10月26日(木)
◆試験会場・・・・受験会場:東京・名古屋・大阪 (全3会場)
◆申込み方法・・・公式ウェブサイトより直接申込み 
※詳しい内容や申込み方法等はウェブサイトをご覧ください http://gc-t.jp/

  リリースPDF「第5回GC&T主催セミナー」 (93 ダウンロード)

■プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。