トップ > KUMONメディアルーム > 事業の広がり > 地方自治体におけるTOEFL® Junior™の活用が広がっています

プレスリリース

地方自治体におけるTOEFL® Junior™の活用が広がっています

2013年9月27日 (金)

事業の広がり

~ 茨城県教委主催のセミナーに採用が決定 ~

この度、茨城県教育委員会が主催する「平成25年茨城県高校生国連グローバルセミナー」(2013年10月スタート)の参加者の英語力測定に、TOEFL® Junior™テストが採用されることになりました。その他にも、TOEFL® Junior™が地方自治体主催の国際的に活躍できる人材育成の取り組みに、活用される動きが広がっています。

※TOEFL® Junior™とはGC&T(代表取締役社長 中江 信一郎/KUMONグループ)が普及しているTOEFL®の中高生版です。

◆国際社会で活躍できる人材育成事業にTOEFL® Junior™ 「茨城県高校生国連グローバルセミナー」とは、国際連合大学(東京)において、国際問題に関する講義の受講や留学生との懇談を実施する取り組み。生徒の国際問題への関心を高めるとともに、国際社会へ向けての進路選択の意欲を向上させることを目的としています。事前研修を含め、10月から来年2月にかけ計8日間の日程で行われ、参加者は、茨城県の県立高等学校の生徒の中から30名を選出。その選定テストとして、また英語力測定テストとしてTOEFL® Junior™が採用されることとなりました。
※茨城県教育委員会「国際社会で活躍できる人材育成事業」

◆地方自治体におけるTOEFL® Junior™の活用が広がっています 社会のグローバル化とグローバル人材育成の議論、そして外国語教育の充実が謳われた新学習指導要領などを受け、各地方自治体では国際社会で活躍できる人材の育成を目指した英語力の向上や人材育成事業が多く計画されています。その中で、国際的に通用する基準で学生の英語力を測定できるTOEFL® Junior™にも注目が集まり始めています。

【岐阜県】・・・「グローバル・コミュニケーション能力育成支援事業」において、実施される外部検定試験にTOEFL® Junior™が採用されています。

【北海道】・・・道教育委員会主催のイングリッシュ・キャンプの最上級クラスとして開催する「スーパー・イングリッシュ・キャンプ」は北海道のグローバル化を支えるリーダー的役割を果たす人材育成を目指し夏と冬に開催。その間の英語学習の成果測定にTOEFL® Junior™テストが活用されています。

【大阪府】・・・大阪府国際化戦略実行委員会(大阪府、財団法人大阪府国際交流財団共同設置)が、平成24年4月より海外留学をめざす高校生等(3年間で1000人対象)を対象に開催している「おおさかグローバル塾」の出願資格確認試験として採用されています。

 ~ 2013年第2回公開テスト 申込み受付中 ~
試験日 : 2013年11月17日(日)
申込期間 : 2013年8月23日(金)~10月8日(火)
申込み・詳細は、TOEFL® Junior™日本公式ホームページ http://gc-t.jp/toefljunior/にて
メディアの方々にTOEFL® Junior™を体験していただけます。お申込みはGC&Tまで。

■ TOEFL® Junior™の内容や導入に関するお問合せ先

会社名 : グローバル・コミュニケーション&テスティング
(Global Communication & Testing :略称GC&T)
所在地 : 東京都港区高輪4-10-18京急第1ビル13階
担当者 : 鳥居・小椋 連絡先 :TEL:03-6836-0125 FAX:03-6836-0275
公式ホームページ http://gc-t.jp/toefljunior/

 

プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030