トップ > KUMONメディアルーム > 事業の広がり > 大学向け教育サービスの事業化に着手

プレスリリース

大学向け教育サービスの事業化に着手

2010年8月5日 (木)

事業の広がり

公文教育研究会(代表取締役社長:角田 秋生<つのだ あきお>)は、このたび「大学向け教育サービス」の事業化に踏み切りました。
今回の新たな取り組みをご紹介する一環として、第6回日本リメディアル教育学会(2010年8月30、31日 於:湘南工科大学)「体験型シンポジウム」において、大学での公文式学習の効果について合同発表いたします。

●事業展開の経緯
KUMONは、50年以上にわたり、公文式教室での実践を通じて、幼児から高校・大学レベルの教材及び指導法を研究して参りましたが、大学においても学ぶために必要な基礎学力養成のニーズが高まっている背景から、いくつかの大学より、公文式学習法活用の要望をいただくようになりました。現在、大学における公文式学習の実験的な導入が始まっており、導入現場からは、学生の学力の再構築はもちろんのこと、学習姿勢・態度の改善および学習意欲向上の事例も多く報告されています。
以上のような経緯から、今後もより多くの学生の皆様に高い学習効果を提供できるよう、まずは各高等教育機関と連携し、公文式学習法を活かした大学向け教育サービス事業を開発、推進してまいります。

●リメディアル教育学会での発表
KUMONは、大学で公文式学習法を活用いただいている事例をご紹介する一環として、第6回日本リメディアル教育学会第2日目の下記シンポジウムに協力させていただきます。

■リメディアル教育学会 開催概要
【日 程】 2010年8月30日(月)~31日(火)
【会 場】 湘南工科大学(神奈川県藤沢市)
【大会テーマ】 『学士力・質保証につながるリメディアル教育の展開』

<体験型シンポジウム>
◆タイトル “補習重視のリメディアル教育を含む初年次教育が学習への動機づけと自立学習支援に及ぼす効果と課題”
◆開催日時  8月31日(火)12時30分~14時30分
◆プログラム
1.基調報告 四国大学短期大学部 谷川 裕稔 先生
2.事例報告 大手前大学現代社会学部 石毛 弓 先生
3.ワークショップ・事例報告 新潟産業大学経済学部 江口 潜 先生、(株)公文教育研究会 調査企画室 片山 壮平
◆取材 可能です。 下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

■関連ウェブサイト
日本リメディアル教育学会
※リメディアル教育とは、特に大学教育において、本来は入学前に習得しているはずの学習内容を補習することを指します。

プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-3234-4401

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。