トップ > KUMONメディアルーム > イベント > おはなしエンジェル子ども創作コンクール2008授賞式

プレスリリース

おはなしエンジェル子ども創作コンクール2008授賞式

2008年11月12日 (水)

イベント 協賛・社会貢献活動

日本児童文芸家協会と日本児童文学者協会では、子どもたちに創作を通して物語の楽しさを体験してもらおうと2000年子ども読書年に、幼児から中学生までを対象とした「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」を創設。友達や家族や動物など、身近なことを素材にしたお話、夢や空想、未来や過去に旅するお話、周囲の人へのメッセージを託したお話など、子どもたちの豊かな感性から生み出された、オリジナリティあふれる作品が毎年集まります。

今年度も474編の応募作品から、厳正な審査の上、各賞の受賞者を決定しました。下記のとおり授賞式を開催いたします。入賞者には記念の盾や、自分が創作した物語をもとにプロの絵本画家が描き下ろした、世界に1枚だけの絵をプレゼント。作家の先生方と表彰される子どもたちが交流する場もご覧いただけます。
           授賞式1.jpg

昨年の授賞式の様子

 

「2008おはなしエンジェル子ども創作コンクール」授賞式
日 時 : 11月22日(土) 14:00~16:00
会 場 : 日本出版クラブ会館(新宿区袋町6番地 03-3267-6111)
主 催 : (社)日本児童文芸家協会・(社)日本児童文学者協会・日本公文教育研究会
協 賛 : くもん出版
受賞者 :

  • 日本児童文芸家協会賞  『霧笛と君』      岡崎 佑哉   (北海道・中1)
  • 日本児童文学者協会賞  『ゆうびんやぎさん』 杉元 美沙希 (滋賀県・小5)
  • 日本公文教育研究会賞  『ドグギノゴ』   藤井 杏     (大阪府・年長)
  • 金のエンジェル賞      9作品
  • 銀のエンジェル賞     18作品

 

くもん出版より絵本化された作品

たらフェイスl.jpg

ぶん:北島 光茂 え:大橋 重信  1,260円(税込)
たて23.2cm×よこ21.4cm  A4変型 32ページ

 受賞作の中から、特に独創性のある、すぐれた8作品をこれまでくもん出版より絵本化しています。2007年に「日本児童文学者協会賞」を受賞した小学生(作品執筆当時4年生)・北島光茂くんの作品『タラがだいはっせいしたら』が、今注目の絵本作家・大橋重信さんとのコラボレーションで、2008年9月絵本になりました。リズミカルな文体のなかに、周りの人やおとなに向けたメッセージが込められたユニークな作品です。

 

 『タラがだいはっせいしたら』 (作者のことばより)
『いい子になっタラ、買ってあげる』『もっとおべんきょうしタラ、100点がとれたのに』 『女の子だっタラ、かわいい服がえらべたわ』・・・小さいころから、“ぼく”の母さんはいつも『タラ』ばかり。 10歳の誕生日、”ぼく”のおなかにたまったタラたちが、ついに飛び出してしまいます。 絶体絶命の”ぼく”を救った、母さんの一言とは?

 

 ニュースリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-3234-4401