トップ > KUMONメディアルーム > イベント > 中学・高校生による「模擬国連」開催

プレスリリース

中学・高校生による「模擬国連」開催

2013年2月1日 (金)

イベント

初の全英語版も開催!
中学・高校生による「模擬国連」開催
2月10日(日)11日(月)公文国際学園にて

【昨年の模擬国連(MUNK)の様子】

公文国際学園(神奈川県)は、今年8回目となる模擬国連<通称「MUNK(ムンク)」(Model United Nations of Kumon)>を校内で開催します。この取り組みは、世界200校以上の高校生が参加する世界最大規模の国際会議「模擬国連」(オランダ・ハーグ)に参加した生徒が得た、自らの体験をもっと多くの生徒に体感してほしいという思いから始まった校内行事です。 
さらに今年はすべて英語のみで実施される「EMUNK(イームンク)」(English Model United Nations of Kumon)が新設されました。本場の模擬国連のように「もっと英語を使いたい!」そんな生徒たちの声から今回の実施に至りました。初の取り組みに向けて生徒たちは意欲的に準備を進めています。

※取材ご希望の方は03-3234-4401(担当 降矢)までお問い合わせください。短時間の取材も可能です。

模擬国連(MUNK・EMUNK)実施概要

【開催日時】 2013年2月10日(日) MUNK
2013年2月11日(日) EMUNK
※両日とも8:30~16:30

【会 場】 公文国際学園(神奈川県横浜市戸塚区小雀町777番地)
【アクセス】 http://www.kumon.ac.jp/k-gakuen/kokusai/access.html
【主催】 公文国際学園(生徒による実行委員会で運営)
【参加者】 他校の生徒も含め、MUNK 110人 ・ EMUNK 40人(中1~高2対象)
【実施目的】 模擬国連を意識したものとして、国際問題への関心・理解を深め、討議していく。

【当日スケジュール】(両日共通)
 開会式 8:30~8:50 Session1 12:00~13:10
 Speaker’s List(立場表明演説) 8:50~9:20 Session2 13:20~14:30
 Lobbying(決議案を作成) 9:20~11:05 Session3 14:40~15:50
 昼休み 11:05~11:50 閉会式 16:05~16:30

【使用言語】
MUNK 議論は日本語、専門用語や議事の進行には英語が用いられます。
EMUNK 議論、進行などすべての場面において英語が用いられます。
【会議の流れ】
・参加者は割り当てられた担当国の課題について事前に調査・研究し、自国の政策を考えます。
・会議では他国との交渉を通じて、決議案を作成します。
・最終的には、担当する国の国益を追求しつつも、国際社会にとっても有益かつ実効的な解決・対策を盛り込んだ決議案を投票にかけ、決議として採択します。 

■今年のテーマ: 「Abolition of human trafficking」(人身売買の廃絶)
これまで「MUNK」で取り扱った議題には、水、代替エネルギー、地雷問題などがあり、今年のテーマは「Abolition of human trafficking」になります。現代においても、世界中に人身売買による被害者がいます。各国政府は深刻に受け止め、この問題に取り組んでいます。
人身売買は世界の一員として、向き合っていかなければならない問題の一つとなっています。 テーマ設定は、ハーグ模擬国連などのテーマを参考に、実行委員会の生徒たちが話し合い、決定しました。1つの国の立場に立ちながらも、テーマに対して多角的な視点で生徒自身が考え、討議していきます。企画・運営、資料作りから当日の進行などすべて、実行委員である生徒が主体的に実施しています。

■「模擬国連」について
毎年1月下旬~2月上旬ごろにオランダのハーグで行われる、主に16~25歳の学生を対象とした、THIMUN (The Hague International Model United Nations)や、11月中旬ごろにシンガポールで実施される、THIMUN Singaporeなどが、世界各地で行われています。ハーグ模擬国連に参加している日本の学校は、スイス公文学園高等部(※)とこの公文国際学園の2校のみとなっています。
日本では、1980年代より現在の「日本模擬国連」(Japan Model United Nations: JMUNS)を母体として大学生を中心に活動が行われてきました。より若い世代のグローバルな視点を育てようと、2007年からは高校模擬国連もスタートしました。グローバル・クラスルーム日本委員会が中心となって、「全日本高校模擬国連大会」の開催や「模擬国連会議全米大会」への日本代表団派遣事業を行っています。
<参考>模擬国連ホームページ:http://jmun.org/ 
高校生のための模擬国連活動:http://jmun.org/gc/gc/HOME.html

※スイス公文学園高等部: スイス・レザンにある公文国際学園の関連校で、授業は英語で行われています。 「グローバルな視点に立って思考し行動できる能力を持つ人を育成する。そのために、思考力・言語能力・表現力・行動力を育成する。」という教育理念のもと、1990年創立。
【公式ホームページ】http://kumon.ac.jp/klas/

【公文国際学園 正門時計台】

■公文国際学園(中等部・高等部): 株式会社 公文教育研究会の創始者・公文公 (くもん とおる)が設立した学校法人公文学園の中等部、高等部の学校です。「21世紀の国際社会で活躍し、真の国際平和に貢献できる人材を育てたい」という考えのもと、1993年に設立。 【公式ホームページ】 
http://www.kumon.ac.jp/k-gakuen/kokusai/
【過去の模擬国連への参加の様子(ビデオ視聴可)】
http://www.kumon.ac.jp/k-gakuen/kokusai/moGiKokuRen.html
プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-3234-4401

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。