トップ > KUMONメディアルーム > 子育て > 【アンケート調査結果】“家庭における子どもと楽しむ英語”アンケート85.6%が「英語絵本の読み聞かせは子どもの英語習得に役立つ」と回答

プレスリリース

【アンケート調査結果】“家庭における子どもと楽しむ英語”アンケート85.6%が「英語絵本の読み聞かせは子どもの英語習得に役立つ」と回答

2011年7月21日 (木)

子育て 調査・研究

~絵本・子育てがテーマのコミュニティサイト「ミーテ」~
【アンケート調査結果】“家庭における子どもと楽しむ英語”アンケート
85.6%が「英語絵本の読み聞かせは子どもの英語習得に役立つ」と回答

 日本公文教育研究会(代表取締役社長:児玉皓二)が運営する子育て・絵本をテーマにしたコミュニティサイト「ミーテ」(https://mi-te.kumon.ne.jp/)では、「家庭における子どもと楽しむ英語」に関するアンケート調査を会員対象に実施しました。その結果、主に就学前の子を持つ親の子どもへの英語のはたらきかけの意識やその具体的な方法が明らかになりました。

<調査概要>
●テーマ:「教えて!子どもと楽しむ英語」アンケート
●調査項目:英語をはじめる年齢、英語を通じて子どもに対する期待、家庭で英語を楽しむ具体的な方法、英語絵本の読み聞かせについて、英語が苦手でも楽しめる英語絵本等について
●調査対象:全国にお住まいのミーテ会員
●調査方法:WEBアンケート
●時期:2011年2月8日~2月21日
●回答件数:611件
●子どもの年齢:0歳代(17.0%) 1歳代(22.9%) 2歳代(18.1%) 3歳代(14.7%) 4歳代(7.4%) 5歳代(6.5%) 6歳以上(11.3%) その他(2.1%)
●子どもの性別:男の子282人(45.6%) 女の子319人(51.5%)

【調査結果の概要】
1) 英語に触れ始めたらよいと思う年齢「0~3歳」が80%、「小学生」は10%
Q. いつ頃から英語に触れるといいと思いますか?

0歳: 324人(52.3%)
1歳: 59人(9.5%)
2歳: 47人(7.6%)
3歳: 66人(10.7%)
4歳: 20人(3.2%)
5歳: 14人(2.3%)
小学生: 67人(10.8%)
中学生: 14人(2.3%)
未回答: 8人(1.3%)

【上記の年齢と回答した理由】
●「0歳から」と回答した方
・耳を慣らすために早いうちから英語を聞かせることが大切だと思うから。
・途中から突然入ってくるものではなく自然に馴染めるものがよいと思う。日本語には、ひらがな・カタカナ・漢字があるが、その仲間に英語もあるくらいにとらえてもらった方が自然でよいと思う。
●「3歳から」と回答した方
・まずは日本語を理解し、話せるようになってから英語に触れるといいと思うから。
●「小学生から」と回答した方
・最初は日本語でコミュニケーションを取れるようになってほしい。小学生になって本人がやりたいと言えば英語の勉強をさせたい。

2) 英語を通じて、こんな子どもに育ってほしい!親の期待とは?

・世界の様々な国や文化を知ってほしいと思う ・・・「はい」99.0%
・世界の国の人々と英語でコミュニケーションができるようになってほしい ・・・「はい」97.4%
・お子様には英語が使えるようになってほしいと思う ・・・「はい」95.5%
・留学などで海外経験をさせたい ・・・「はい」77.1%
・海外で活躍する国際人になってほしい ・・・「はい」59.5%

小さい頃から英語に慣れ親しむ理由として、「世界の様々な国や文化を知ってほしい」「世界の国々の人と英語でコミュニケーションをとれるようになってほしい」「英語が使えるように」という親の期待がうかがえました。

3) 子どもが家庭で英語を楽しむ方法、1位は「英語DVD(CD)」、2位は「歌」、3位は「読み聞かせ」
Q. お子様は、どのような方法で英語に触れていますか?(複数回答可)

1位: 英語のDVDを見せたりCDを聴かせる …410人
2位: 英語の歌をうたう …322人
3位: 英語絵本の読み聞かせをする …209人

Q. 生活に英語を取り入れるための工夫について教えてください。

・動物が好きなので動物の名前をその動物のマネをしながら英語名で教えています。
・幼稚園の送り迎えに片道15分かかるので車でCDを聞きながら歌ったり真似したりしている。
・ご飯を食べている時や楽しく遊んでいる時に何気なく英語で話しかけている。
・お風呂やトイレに英語ポスターを貼る。
・英語の歌や手遊びはいつも喜んでいます。読み聞かせもよくします。
・ただ聞かせるのではなく、一緒に聞いて、一緒にリピートしたり、歌ったりしている。

それぞれのご家庭で、子どもが興味があるものから英語に触れるように導いたり、日常生活の中での会話や読み聞かせ、歌などを通じて英語を取り入れているという回答が数多く得られました。

4) 85.6%の方が、英語絵本の読み聞かせは英語習得に役立つと考えていると回答
Q. 家庭で英語絵本を読み聞かせされますか?

はい: 260人(42.0%)
いいえ: 359人(58.0%)

※「いいえ」と回答された方のうち76.3%の方が、“機会があれば英語絵本の読み聞かせをしてみたい”と回答。

Q. 英語絵本の読み聞かせは英語習得に役立つと思いますか?

大変そう思う …232人(37.5%)
ややそう思う …298人(48.1%)
あまりそう思わない …75人(12.1%)
そう思わない …14人(2.3%)

●「そう思う」と回答された方の理由
・可愛らしい色彩豊かな絵本だと、子どもにとって慣れ親しみやすく、想像力もかき立てられ、英語に順応しやすいと思う。(2歳女の子)
・絵本だと絵と一緒にストーリーを覚えていくので文字として認識するのではなく音として英語に触れることができると思う。(2歳女の子)

5) ミーテ会員が選んだ「英語が苦手なママ・パパでも楽しめる英語の絵本」TOP10

1位:Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (邦題『くまさん くまさん なにみてるの?』) [20人]
2位:The Very Hungry Caterpillar (邦題『はらぺこあおむし』) [11人]
3位:CTP絵本(Creative Teacing Press) [5人]

▼「教えて!子どもと楽しむ英語」アンケート結果詳細はこちら
https://mi-te.kumon.ne.jp/contents/article/8-867/

«「ミーテ( https://mi-te.kumon.ne.jp/ )」について»
「ミーテ」は2006年12月にKUMONの子育て応援活動の一環としてリリースされた子育て・絵本の読み聞かせをテーマにしたコミュニティサイトです。会員数は11万人を超え、会員が読み聞かせをした総数は450万回を超えるまでになり、全国で読み聞かせの輪が広がっています。わが子が読んだ絵本を記録する「絵本コレクション」ほか、読み聞かせをしたときの反応等を「読み聞かせ日記」に綴ることができ、自宅のプリンターで印刷し、わが子の成長記録として残すことができます。また、読み聞かせ日記は「ミーテ」内で公開できるので、利用者同士で日記にコメントを寄せ合い、工夫事例を交換することもできます。「ミーテ」を通じて子育て仲間のきずなが、各家庭の子育てを応援していきます。
◆ミーテWEBサイト: https://mi-te.kumon.ne.jp/
 

 プレスリリースに関するお問い合わせ先
 公文教育研究会 TEL 03-3234-4401

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。