トップ > KUMONメディアルーム > 事業の広がり > 勝田中等教育学校との協定を締結

プレスリリース

勝田中等教育学校との協定を締結

2021年2月5日 (金)

事業の広がり

KUMONと茨城県立勝田中等教育学校はグローバル教育に関する協定を締結
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®が公立中高一貫教育をサポート~


2020年8月8日開催の学校説明会

公文教育研究会(代表取締役社長・池上秀徳)の事業部門の1つであるグローバル・コミュニケーション&テスティング(以下GC&T)と茨城県立勝田中等教育学校(校長・下山田芳子)は2021年1月、勝田中等教育学校が取り組むグローバル教育推進、及び世界で活躍できるリーダーシップや異文化適応能力育成のため、グローバル教育に関する協定を締結しました。

1.概要
世界中の英語検定テストの中で、最も幅広い国々で受け入れられているTOEFL®。今般締結した協定では、GC&Tが運用する TOEFL®の小中高生向けテストであるTOEFL Primary®、TOEFL Junior®を活用し、 子どもたちがグローバルに活躍する人材となるための英語力向上を目指す「グローバル人材育成プログラム」を通して茨城県立勝田中等教育学校が取り組むグローバル教育推進、及び世界で活躍できるリーダーシップや異文化適応能力育成を目指すこととなりました。

茨城県立勝田中等教育学校は、2021年4月に中高一貫校として茨城県ひたちなか市に新規開設します。
同校では、グローバルな視野と起業家精神を兼ね備え、自ら人生を切り拓くとともに、「地域」と「世界」をつないで地域創生に貢献するグローカルリーダーを育成する学校を目指しています。このため、教育方針として、6年間の中高一貫教育の強みを生かし、グローバル教育と英語教育に重点をおいて、世界で通用する資格試験であるTOEFL®を軸とした実践的な英語教育を図ることとしています。

2.グローバル教育に関する協定とは
今回締結した協定の内容は以下のとおりです。

【目的】
相互の資源を活用してグローバル教育を推進し、世界で活躍できるリーダーシップや異文化適応能力の育成を進める
【主な連携の内容】

(1)TOEFL Primary®, TOEFL Junior®を活用した英語力の測定
世界基準のテスト活用で日頃の学習成果を測定し手応え、モチベーションの促進につなげる。さらに受験結果のTOEFL®スコア分析により、指導法の振り返りからよりよい指導法の追求を実現。

(2)グローバル教員研修
TOEFL®公認トレーナーによる「英語で英語を指導するための指導力・英語力向上研修」
(一例)新しい小中学校英語教育に向けて求められる指導と評価クラスルーム・イングリッシュ、効果的なティーム・ティーチング

(3)海外中学・高校入試活用事例の紹介
留学に関するセミナー実施など情報提供を通じて、TOEFL®スコアを活用した最適な留学準備をサポート
(セミナーコンテンツ例)
北米圏の私立中高で求められる英語力
中高留学を実現するためのTOEFL Junior®のターゲットスコア
英語力向上、スコアアップのための効果的な取り組み事例紹介

(4)外国人との交流事業促進
(活動案)アジア諸国で英語を学び、TOEFL®テストにチャレンジしている同世代の生徒たちとの交流
世界の英語学習者の共同作品制作活動である“GO ENGLISH”への参加サポート

(5)その他、各種課外教育
留学経験者、海外勤務経験者による体験談
「世界基準の英語力はどのような武器となり得るか」「職業世界における英語実践の醍醐味」

リリースPDF「0205_勝田中等教育学校との協定を締結」

■リリースに関するお問い合わせ
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030