トップ > KUMONメディアルーム > 海外の取り組み > ポルトガル共和国にもKUMON

プレスリリース

ポルトガル共和国にもKUMON

2019年11月6日 (水)

海外の取り組み

ポルトガル共和国にもKUMON

株式会社 公文教育研究会(以下、KUMON)〔代表取締役社長:池上秀徳〕は、2019年9月、ポルトガル共和国に公文式教室を2教室開設しました。一人でも多くの子どもたちに公文式学習の場を提供できるよう、今後数年間にさらに20教室の開設を計画しています。

今回開設した2教室について

ポルトガル

2019年9月、ポルトガル共和国(以下、ポルトガル)のポルト大都市圏に開設した公文式教室と指導者は以下のとおりです。

教室名 指導者名
マトジーニョス・セントロ教室 タイス・マルチンス・バレンテ先生
ブラガ・サン・ラザロ教室 タチアーナ・スタンクナビシウス先生

※ 指導教科: 算数・数学、EFL(外国語としての英語)
※ 管轄法人: スペイン公文(本社 スペイン・マドリード)

ブラジルの公文式教材修了生がポルトガルの公文式教室指導者へ

ポルトガル
タイス先生

ブラジルで公文式数学とポルトガル語教材の2教科をすべて修了したタイス先生は、ポルトガルで公文式教室を開設した動機について以下のように語ります。
「母はブラジルで25年間公文式教室の指導者をしていました。私は公文の学習経験があるだけでなく、多くの子どもたちの成功を目の当たりにしてきました。ポルトガルに移住し、ここに公文の教室がないことを知ったとき、すぐに教室を開きたいと思いました。公文式学習法の可能性を信じていましたし、自分の子どもたちにも公文を学習させたいと思っていました。母親として公文は子どもの成長にとても大切な要素だと確信しています」
また、タチアーナ先生も公文式学習法に信頼を寄せています。
「公文式学習は、子どもたちに将来壁にぶち当たっても自信をもって取り組める準備をさせてくれます」

■今後のポルトガルでの教室展開について
KUMONは今後、さらに20教室を開設していく予定です。

><ご参考:ポルトガル共和国> 面積は91,985平方キロメートル(日本の4分の1)。 人口は約1,027万人(2018年,ポルトガル国立統計院)。首都はリスボン。

     

※データは、外務省ホームページを参照

リリースPDF「1106_ポルトガル共和国にもKUMON」

■リリースに関するお問い合わせ
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030