トップ > KUMONメディアルーム > イベント > 『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2011』 開催

プレスリリース

『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2011』 開催

2011年7月15日 (金)

イベント

<取材・見学のご案内>

    公文教育研究会(代表取締役社長 角田秋生〔つのだ あきお〕)は、8月に、今年で11年目となる「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ(EIC)」を開催します。

全国各地から集まる小学生が、多国籍のスタッフと英語のみで7日間を過ごす
『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2011』 開催

下記3つの日程にて約200名の子どもたちが参加します!
日程: 2011年 (1) 8月 2日(火)~ 8月 8日(月)
(2) 8月11日(木)~ 8月17日(水)
(3) 8月21日(日)~ 8月27日(土)

場所: ホテル琵琶湖プラザ (滋賀県守山市)

■参加者概要
小4~小6の英語学習者で、英検4級以上あるいは公文式英語I1(中3相当)以上を学習している児童
(北海道・東北9名、関東63名、東海・北陸40名、近畿73名、中国・四国19名、九州・沖縄18名)

「何のための英語?」そして「小さな世界平和」をぜひ体感しにきてください!
    全国から集まった子どもたちが、インドネシアやフィリピンなど海外14カ国出身のキャンプ・リーダー(立命館アジア太平洋大学の留学生)やスタッフと、英語を道具とした生活、コミュニケーションに挑戦します。多くの子どもたちは、キャンプ参加前に「普段学習している英語がどれくらい使えるのか、話せるのか自信がない。でも、挑戦してみたい!」 という気持ちを持っています。それが7日間キャンプに参加する中で劇的に変化します。
    また、キャンプでは、世界に目を向けてもらうためのプログラムを用意。単に英語を使って生活するだけでなく、世界の現実を知り、世の中のために自分たちには何ができるのかを考えるきっかけとなるようなプログラムを組んでいます。EICの過去の参加者たちの中には、キャンプをきっかけに世界平和のためにできることを身近なところから始めた子どもたちもいます。
    キャンプを通じて成長する子どもたちの姿は、「何のために英語を学ぶのか」を教えてくれます。ぜひ、現地に取材・見学にお越しください。

EICウェブサイト  http://www.immersioncamp.com
* これまでの参加者の声、ビデオなどをご覧いただけます。

取材・見学概要
◆場 所:ホテル琵琶湖プラザ (滋賀県守山市)  URL:http://www.biwakoplaza.co.jp/WordPress/
JR東海道線・守山駅から車で20分/JR湖西線・堅田駅から車で10分
◆取材・見学者定員:20名/日
◆取材・見学時の参加費:無料(食事付)

【取材・見学パターン】

コース 時間帯 食事(無料)
Aコース:AMスタート 10:00 – 19:30 (Day5,Day6の終了は20:30頃) 昼・夕食
Bコース:PMスタート 14:00 – 19:30 (Day5,Day6の終了は20:30頃) 夕食
Cコース:2日間 14:00 – 翌日13:30 夕食、翌日の昼食

※一日のクライマックスとなる夕方の「発表」をご覧いただきたいため、上記のようなコースを設定しておりますが、取材・見学の時間帯等については、ご相談に応じます。

【取材・見学可能日程】

  第1日程 第2日程 第3日程     Aコース Bコース Cコース
Day1 8/2 8/11 8/21 PM 入学式
Day2 8/3 8/12 8/22 AM グループ旗作り
PM English Festival
Day3 8/4 8/13 8/23 AM 世界の国めぐり
PM 世界の現実を学ぶ
Day4 8/5 8/14 8/24 AM World Food Market
PM EIC Adventure Hunt
Day5 8/6 8/15 8/25 AM クラブ活動
PM Dream Poster
Day6 8/7 8/16 8/26 AM Love Chain(助け合いを学ぶ)
PM Party/Performance Show
Day7 8/8 8/17 8/27 AM 卒業式

◆担当のガイドがご案内します。オリエンテーションの後、取材・見学となります。
◆上記コースでの調整が難しい場合、Day1(入学式)、Day7(卒業式)のみの取材もお受けいたします。
◆活動中の子どもたち、キャンプ・リーダーたちに直接話しかけることはご遠慮いただいております。また、子どもたちの近くでの日本語は厳禁です。インタビューをご希望の方は、事前にお知らせください。
◆交通・宿泊等は各自で手配願います。

【お問い合わせ・申込方法】※下記1)、2)のどちらかにお問い合わせください。
1)公文教育研究会 グループ広報室 担当: 鈴木麻里子
〒102-0076 東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル TEL 03-3234-4401 FAX 03-5210-7876
2)メールでグローバルネットワークチーム:english.camp@kumon.co.jp へ下記内容をお知らせください。
(1)お名前 (2)ご所属 (3)ご希望の日程・コース (4)ご要望(取材・見学に関する時間帯のご希望など) (5)携帯番号・メール(緊急時の連絡用)

【当日の連絡先】
菊田:090-6060-8154  または EIC本部:090-9117-5076

English Immersion Camp 2011の見どころ
◆Day3 世界の国めぐり

キャンプリーダーたちの出身国の言葉、有名な場所、歌、ダンス、食べ物など…子どもたちは新しいことを知ったり、体験したりします。
◆Day6 パフォーマンスショー
様々な活動を通して絆を深めた子どもたちやキャンプリーダーが歌ったり、踊ったり、国の違い、文化の違いなど関係なく、1つの家族のようになって盛り上がります。
◆Day7 卒業式
7日間一緒に過ごした仲間とのお別れ。最後は皆、涙。卒業式では子どもたちが自分の夢を英語で語ります。

★Ambassadors of World Peace(世界平和の大使)としての“ TAKE ACTION ”★
EICの大きな特徴は、キャンプでの活動が「誰かの役に立つ」「世の中をよくしていくことにつながる」ことです。
EIC以下のプログラムは、これまでキャンプに参加した子どもたちから学んだ結果として生まれました。
1)ペットボトルのキャップを集めて、子ども用のポリオ・ワクチンに換えて提供します。
2)キャンプの期間中、ホテルの掃除や不必要なアメニティを使わないこと等により「ポイント」を集めます。キャンプの最後にポイントが換金され、それを東北地方の被災地に届けたいと考えています。
3)環境問題がメインテーマのDay3では、英語で世界の現状を学んだ後、ディスカッションをし、裏紙を利用したノートやエコバッグを作り、感じたことをはがきに書いて大切な人とシェアします。

昨年の参加者の声
*子どもたち

・EICに参加して「やればできる」という自信がつきました。間違えてもいいから、英語を使い、世界に大きくはばたけるようになりたいです。
・キャンプで学んだ「Don’t be afraid of making mistakes. Let’s try communicating in English.」の気持ちを忘れず、いろいろなことにチャレンジしていきたいです。キャンプリーダーやキャンプで出会った仲間は僕の宝物になりました。
*保護者
・7日間という長期にわたって英語で自分の意思を伝える生活。子どもにとっては勇気ある大変な挑戦だったと思います。これらの挑戦が一生の財産にもなり、また、他国の方と触れ合う事により、各国の様々な現実にも目を向ける事ができたように感じます。
*キャンプリーダー
・EICは単なるイングリッシュ・イマージョン・キャンプではありません。人を育てるキャンプであり、異なる文化への理解を深めるキャンプです。そのようなキャンプのキャンプリーダーになれたことを誇りに、そして、とても幸運に思っています。

プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030