KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/06/15更新

Vol.405

KUMONのインターンシップ   

皆さんの成長」を後押ししたい!
それがKUMONのインターンシップ
~KUMONが目指すチーム力と自己成長

KUMONは、子どもたちの成長と共に、社員一人ひとりの可能性を伸ばすことも大切にしています。
毎年多くの学生が応募するKUMONのインターンシップ。 KUMONが目指すチーム力とは?自ら成長する仕組みとは? 実際に参加した、2021年4月入社の3名へ、KUMONのインターンシップで得られた経験、KUMONならではと感じたことを採用育成チーム担当者が聞いてみました。

プロフィール

松川 菜穂 東京EAST事務局1チーム

松川 菜穂 東京EAST事務局1チーム

法学部政治学科卒
幼少期から国際平和に貢献したいという想いがあり、大学では国際政治を学ぶ。目指したいのは、全ての人が自分の可能性を活かして活躍することができる社会。「努力で何かが変わる経験」を多くの人に提供したい。

伊藤 汰一 東京EAST事務局2チーム

伊藤 汰一 東京EAST事務局2チーム

文学部心理学科卒
児童館でのボランティアの経験から、「自分自身で課題に取り組むこと」の重要性に気付く。目指したいのは、あらゆる地域やあらゆる世代の人々が伸び伸び、いきいきと自分の力を発揮できる社会。夢に向かって自力で歩んでいける「生きる力」を育みたい。

伊藤 汰一 東京EAST事務局2チーム

大場 万里菜 東京WEST事務局3チーム 

現代教養学部人間科学科卒
就職活動では、教育業界の他に金融業界も検討していた。目指したいのは、皆が自分の人生を自ら豊かにして、いきいきと暮らす社会。学力だけでなく「生きる力」を身につけ、自ら前に進み納得した人生を送ってほしい。

興味もきっかけも様々。それぞれが期待したKUMONのインターンシップとは?

KUMONのインターンシップ

採用育成チーム:皆さん、それぞれどんなきっかけでKUMONのインターンシップに参加されたのですか?

松川:以前から格差や貧困に課題意識があり、国際平和に貢献したいと考えていました。その中で、KUMONの理念を知り、さらに深く知りたいと思ったのがきっかけです。

伊藤:私は、教育業界を中心に企業を見ていました。KUMONのインターンシップは「地域データを見ながら新規教室の設置を検討する」という内容。いわゆる教育業界のイメージとは違い、その点にも興味が湧き参加を決めました。

大場:私は皆さんとは少し違って、その時期、業界も絞っておらずやりたいことも決まっていませんでした。そんな時、合同説明会でたまたまお話を聞いたことがきっかけです。「KUMONに入ってほしいというより、皆さんにとって成長できるいい経験になる」という言葉に惹かれました。

目標に向けてチームでコミット

採用育成チーム:インターンシップの内容で印象的だったのはどんな点ですか?

KUMONのインターンシップ

大場:目標を立てること、また目標を立てるだけでなく、それを共有しチーム全員でお互いの目標達成のために行動するという点が印象的でした。自分が立てた目標に対して全然できなかったと感じても、周りからできていたとフィードバックをもらったり、相手の目標を知ることでそれをサポートしようと自身の行動が変わったり。

伊藤:確かに「目標設定と振り返り」の時間が、KUMONならではですよね。「インターンシップを通して自分は何を知りたいのか、どう行動できるようになりたいか」を明らかにすることで、より意識的に活動に参加できました。メンバーからのフィードバックやアドバイスにより、自身の目標や振り返りをブラッシュアップしながらPDCAサイクルを回せました。

松川:目標や振り返りだけでなく、より大きなスケールでお互いのビジョンや考えを共有する機会や、長所をフィードバックする機会も多く設けられていますよね。その中で自分を客観視することができたと思います。メンバーからフィードバックを受けて、自分が短所だと思っていたことが実は長所だと知れたり。KUMONのインターンシップは「自分と向き合う時間」とも言えると思います。

ミクロ視点だけでなくマクロ視点からも。KUMONで求められる力とは?

KUMONのインターンシップ

採用育成チーム:KUMONについて、新しい発見などはありましたか?

大場:KUMONについてはまったく知らず、すべてが新しかったです。テーマによっては何も話せない時間もありましたが、休憩時間に社員に何でも質問しました。KUMONの社員は、どんな質問もはぐらかさず、答えてくれたのが印象的です。

松川:公文式学習法が、人の可能性を伸ばすということに対して真剣に考え抜かれた学習法だと改めて知ることができました。それと同時に、KUMONは歴史ある会社ですが、社員やインターンシップ生の考えは古くなく、ハイスピードで最先端のことについて考えていることを感じました。

伊藤:教室見学で「個人別」「自学自習」を肌で感じた他、教室設置を担うリクルート業務の体験では、様々な観点から教室設置が検討されていることを知りました。個々の生徒を見るということだけでなく、「どんな地域にしたい」というようなマクロな視点が求められるということを実感しました。

インターンシップを通して感じた変化と成長とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2015/10/13更新

Vol.107 KUMONのインターンシップ

インターンシップに参加した 学生が感じたKUMON 〜成長を体感するKUMONのインターンシップ〜

KUMONグループの活動  2017/08/08更新

Vol.221 浮世絵に見る江戸時代の子どもたち

五感を駆使して身体に滲み込むまでくり返す 「遊び」も「学び」も『生きる力』に通じる

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/07/20更新

Vol.410 公文書写~5姉妹で学習~

書くことが楽しい! ~公文エルアイエル

KUMONグループの活動  2021/07/13更新

Vol.409 じっくり取り組める夏休みにオススメ

長い夏休み、 くもん出版この夏オススメの3冊

KUMONグループの活動  2021/07/06更新

Vol.408 浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「七夕」

浮世絵に見る「七夕」 ~書道や裁縫の上達を願って~

KUMONグループの活動  2021/06/29更新

Vol.407 福岡県大川市×永寿園の脳の健康教室

「介護予防」「認知症の重度化予防」として 自治体が学習療法導入施設に委託 ~大川市の脳の健康教室~

KUMONグループの活動  2021/07/27更新

Vol.406 児童発達支援・放課後等デイサービスでの

公文式学習(後編)

子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.079 後編
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.079 前編
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.077
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!